Readyfor? は実行者を支援する日本初のクラウドファンディングです。

Readyforに刻まれた一年分のあしあと - クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)

おかげさまで一周年
409985
人もの人の輪の中で育ちました
Statics
from 2011.03
to 2012.03
走り出した1年間の軌跡
2011年3月29日、東日本大震災から2週間足らずの中、私たちは走り始めました。こんな時期にリリースをしていいのだろうか、何度も不安にかられましたが、「まずは、自分たちのできることを始めないといけない」と感じ、リリースを決定したことを思い出します。この一年間で、50以上のプロジェクトがスタートをし、約4000人もの方から支援を受けることができています。今まで、出会うことの出来なかった人達がひとつのプロジェクトで繋がり、そして協力をしていく姿を私たちは、このサービスを通して見ることが出来ました。1年間の軌跡をまとめました。たくさんの人の愛がここにあります。
支援金額の合計
27,495,532
一人当たりの平均支援額
7,433

ご支援頂いた人の数
3,699
Facebookのいいねの数
17,000

以上
寄せられたコメント数
4,103

tweetされた回数
38,000

以上
掲載したプロジェクト数
54

プロジェクト申請数
300

以上
Projects
from 2011.03
to 2012.03
Over 30 Projects
実行者たちの足跡
目標金額を達成したものも、残念ながらできなかったものも、すべてのプロジェクトが複数人の支援者の皆様に支えられることが出来ました。2012年に入ってからは、数百人を超える支援者を抱えるプロジェクトが増えてきました。ただお金を集めるだけでなく、プロジェクトの進捗状況を見ることができたり、支援者の皆様からの感動コメントを見ることができることも、多くの人の共感を呼ぶところだと考えています。今回は、沢山の感動を誘ったプロジェクトを特集しています。
More project
Media
from 2011.03
to 2012.03
Over 30 times
メディアとReadyfor
Readyforは1年間で30以上のメディアに掲載をされてきました。ブログメディア、各プロジェクトが個別に特集されたメディア件数も含めると、その数は100を超えます。多くのメディアが取り上げてくださるのには理由があります。それはReadyforに載っているプロジェクトは多くの人からの共感を集めるものばかりだからです。共感され、それを広めたくなる様なプロジェクトが沢山存在しているからだと思います。私たちはもっともっと個々のプロジェクトを多くの方に知っていただけるように、頑張っていきます。ぜひ、メディアさんもお力をお貸しください!
Photo
from 2011.03
to 2012.03
Over 300 times
ギャラリー
各プロジェクトは、プロジェクトの新着情報欄で、状況報告を行なっています。「ながしずてぬぐい」のプロジェクトや、detroit7のプロジェクトでは、プロジェクトでプロダクトを制作しましたが、その制作過程の写真もアップロードされています。出来上がる前から支援をされるので、支援者の皆様と一緒に作りあげることが大事だと考えています。たくさんの笑顔、そして苦労の様子が伺える、そんな人間模様が映し出されている、写真で一年を振り返ってみましょう。
to 2012
from 2011.03
to 2012.03
Over 300 times
2012年にむけて
まずはReadyforを利用してくださった、実行者のみなさん、支援者のみなさん、そして協力をしてくださった関係者のみなさま1年間本当にありがとうございました。沢山の素晴らしいストーリーと、愛に支えられて、少しずつサービスが育ってきたと思います。閉塞感が漂う時代だからこそ、自分の想いを信じて頑張る、クリエイターそして、社会をもっと良くしたいという想いでいっぱいの人たちの活動を世の中に生み出していきたいと心から思っています。2年目は、もっともっと多くの活動に陽の目があたるように、大きく成長を遂げたいと思っています。それには、多くの人たちからの支援が必要です。是非、みなさまと一緒にこの想いを叶えていきたいです。2年目もどうぞよろしくお願いします。
Heart10
Heart9
Heart8
Heart7
Heart6
Heart5
Heart4
Heart3
Heart2
+You
from 2011.03
to 2012.03
Over 300 times
Readyfor はあなたを待っています
クラウドファンディングReadyforは、単にお金を集めるためのツールでも、PRのためのツールでもありません。ある実行者の方はいいました。「夢を叶えるのは、孤独との戦いである。Readyforは多くの人からお金を得る事実以上に、自分の想いを信じていいんだ、と背中を押してくれる仲間を沢山もつことができることが本当に価値だと思います。」Readyforはこれからも夢を追いかける、そしてその夢によって日本、そして世界をよくする活動を応援していきたいと思います。
Heart8
Heart7
Heart6
Heart5
+You
ここにない、あなたのアイディア、実現してみませんか?