プレスリリース
  • 2019/06/03

    プレスリリース

「Readyfor」と鈴鹿工業高等専門学校が業務提携を開始

Readyforと鈴鹿工業高等専門学校が寄附金獲得を目的としたクラウドファンディング業務提携を開始。

第一号プロジェクト「鈴鹿高専、学内プール最後のウォーターボーイズ&ガールズ公演!」を公開。

 

 

READYFOR株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役CEO:米良はるか)と独立行政法人国立高等専門学校機構 鈴鹿工業高等専門学校(所在地:三重県鈴鹿市白子町、校長:吉田潤一)は、寄附金獲得による学生支援や研究の活性化を目的とした業務提携を開始し、クラウドファンディングプロジェクト「鈴鹿高専、学内プール最後のウォーターボーイズ&ガールズ公演!」を公開いたします。

 

 

■プロジェクト概要
「鈴鹿高専、学内プール最後のウォーターボーイズ&ガールズ公演!」
実行者 :村松愛梨奈(水泳部顧問)
目標金額:50万円
形式  :寄附型/All or Nothing
公開期間:2019年6月3日(月) 〜6月28日(金)23時
資金使途:公演会運営費、水中スピーカー製作・購入費など
概要    :鈴鹿高専水泳部では、10数年に渡って「ウォーターボーイズ&ガールズの公演会」を学内で実施してきましたが、経済的な理由により2020年度にプールが廃止されることが決定し、今年が学内プールでの最後の公演会となります。最後の公演会を、初の学外向け単独公演会として実現させるため、公演会運営費などを募集します。
(URL:https://readyfor.jp/projects/waterboys-girls

 

 

 

 

■READYFOR株式会社について
READYFOR株式会社は、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をミッションに日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営しています。2011年3月のサービス開始から10,600件以上のプロジェクトを掲載し、58万人から86億円以上の資金を集め、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています。(2019年6月時点)「カンブリア宮殿」をはじめ様々なメディアに掲載され、2016年6月サービス産業生産性協議会が主催する第1回日本サービス大賞優秀賞を受賞。2019年5月経済産業省等が主催する第5回日本ベンチャー大賞経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞。

 

 

■鈴鹿工業高等専門学校について
鈴鹿工業高等専門学校は、全国12の一期校のひとつとして設立された歴史ある学校で、約9,000人の卒業生は技術者や研究者あるいは企業家として社会で活躍し、産業界の方々から高い評価を受けています。また、1993年には科学技術の一層の進展と本格的な国際化時代の到来に対応するため、さらに2年間の高度な専門教育を実施するための「専攻科」を設置して国際社会で活躍できるエンジニアの育成に努めています。

 

 

■本件のお問い合わせについて
READYFOR株式会社 PR室
press@readyfor.jp

「プレスリリース」についての企業ニュース「「Readyfor」と鈴鹿工業高等専門学校が業務提携を開始」ページです。日本初・実績No.1のクラウドファンディングサイト「READYFOR」では、アイデア相談から実現まで1対1の担当者制であなたのクラウドファンディング挑戦を徹底的にサポート!まずは無料相談から。

READYFOR株式会社

東京都千代田区麹町1丁目12-1 住友不動産ふくおか半蔵門ビル 2階
map

©2011 READYFOR INC.

ページトップ