プレスリリース
  • 2020/07/16

    プレスリリース

「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」、 第4期 助成採択結果について

新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金 有志の会
READYFOR株式会社

 


「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」、
第4期 助成採択結果について

 

 

本基金は「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金 有志の会(代表発起人:小坂 健)」が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止に取り組む活動を支援するため、2020年4月3日(金)に開始いたしました。同日から7月2日(木)23時までクラウドファンディングを活用、7月3日(金)からREADYFOR上に特設ページを立ち上げ、皆様からのご支援を募っております。本基金ではこれまでに20,517名から834,355,500円のご支援が集まっております(クラウドファンディング、特設ページ等での寄附の総額)(7月16日10時時点)。

 

第4期(前期)の助成団体は31団体、助成総額は121,781,412円に決定いたしました。なお、本日発表した助成採択団体へ助成金の振込は7月22日(水)を予定しています。

 

第4期では、それまでの助成期の申請数に比べ、非常に多く、申請数全体の約35%相当となる330件程度のご申請をいただきました。それをうけて、第4期に関しては二度に分け助成を実施する運びとなりました。現在、追加の助成採択団体の最終審議を行なっており、後期分の助成発表を7月30日(木)頃に実施する予定です。
 

 

 

 

 

 第4期(前期)助成採択団体 


緊急事態宣言が解除され1ヶ月半あまり経過しておりますが、全国での感染者数は落ち着かず、第2波への懸念など、まだまだ予断を許さない状況です。
医療現場への支援に関しては、物資そのものよりも、医療従事者ひとりひとりに向けたフェイスシールド製造知識の共有や、救急現場にも活かされるような臨床研究など、ノウハウを普及させるための活動の申請が多くありました。
また、コロナ影響での社会で弱い立場にある方々への影響は拡大傾向にあるといった意見をいただき、3期に引き続き、こども・困窮者・在日外国人弱者・障がい者領域への支援と、またそうした方々を支える「支援者への支援」の重要度も上がっています。


上記のような背景に鑑み、第4期(前期)の助成採択団体は下記の通り決定いたしました(順不同)。

 

 

 詳細情報はこちら 


第4期助成採択結果・活動内容、ならびに助成応募状況、助成審査プロセス等の詳細な情報は新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金の新着情報ページにて寄附者の皆さまにご報告しております。詳細につきましては、下記URLの新着情報ページにてご確認ください。

(第4期 助成採択結果ご報告ページURL:https://readyfor.jp/projects/covid19-relief-fund/announcements/139220

 


 「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」有志の会 感染症専門家チームよりメッセージ 

 

2020年豪雨災害に際し、被害を受けられたみなさまに、発起人一同心からのお見舞いを申し上げます。そして、直接・間接関わらず、災害対応と支援に携わるみなさまを敬服します。今回は医療や福祉等への助成の継続に加え、国籍や背景に関わらず、こどもがこどもとして、より豊かに育つことに取り組むプロジェクト、最期まで生を全うできるようなこどもホスピス、日本語が母国語でなくても安心して医療を受けられる医療通訳といった分野に加え、リソースの絶対数の少ない地方でのエッセンシャルワークに関わるプロジェクトに主眼を置きました。本基金は、皆様のおかげで総額8億円を超えるご支援を頂いております。金額が多額になっても、設立理念である「かゆいところに手が届く」機能を継続するために、助成期間の延長、1月に複数回での助成決定など運用体制も変革しながら、「皆様のきもち」をいち早く最前線にお届けできるよう努めています。誰かの、かけがえのない「いつもの生活」を守るお手伝いを、これからも私たちと一緒に続けて頂けると嬉しく思います。
(宮崎大学医学部精神看護学領域 教授  原田奈穂子)

 


 「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」とは 


本基金は、新型コロナウイルスの最前線で取り組まれる医療機関等への直接の支援、必要物資・医療用防護具・医療器具などの支援活動、新型コロナウイルスの影響を受ける子どもたち等への支援活動、新型コロナウイルスに関わる研究・開発費用等の、支援を必要としている活動に対して迅速な支援を行います。皆さまからご支援いただいた寄附金は、本基金による審査・助成決定を経て最短14日後で助成先に届きます。

 

 

 報道機関からのお問い合わせについて 


READYFOR株式会社 PRグループ 大久保 press@readyfor.jp 

 

 

※8月5日追記:認定特定非営利活動法人マイママ・セラピーの助成額を変更。それに伴い助成総額も変更。

「プレスリリース」についての企業ニュース「「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」、 第4期 助成採択結果について」ページです。日本初・実績No.1のクラウドファンディングサイト「READYFOR」では、アイデア相談から実現まで1対1の担当者制であなたのクラウドファンディング挑戦を徹底的にサポート!まずは無料相談から。

READYFOR株式会社

東京都千代田区麹町1丁目12-1 住友不動産ふくおか半蔵門ビル 2階
map

©2011 READYFOR INC.

ページトップ