プレスリリース
  • 2021/08/26

    プレスリリース

READYFOR、アメリカン・エキスプレスと提携。飲食店支援を開始

アメリカン・エキスプレスとREADYFORが連携し、

クラウドファンディングを通じた飲食店支援を実施
-手数料を無償化、飲食店向け特別マッチングも-

 

 

READYFOR株式会社(所在地:東京都千代田区、代表:米良はるか)とアメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc. (所在地:東京都港区、代表:吉本浩之、以下アメリカン・エキスプレス)は、「SHOP SMALL飲食店クラウドファンディング(以下、「本プログラム」)」を開始し、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける全国の飲食店に向け、クラウドファンディングを通じた支援を行います
本プログラムでは、2021年8月26日10時から10月31日24時までにお申し込みいただいた飲食店を対象に、クラウドファンディングに関わる諸手数料(決済手数料+サービス手数料)をアメリカン・エキスプレスが負担し無償化します。更に特別マッチングとして、支援総額の5%となる金額を飲食店へ追加支援いたします。(SHOP SMALL飲食店クラウドファンディング申し込みページ:https://collabo.readyfor.jp/shopsmall202107 )

 

 

 

 

 

 実施背景 

 

新型コロナウイルスの影響によって、飲食店は多大なる影響を受けました。アメリカン・エキスプレスが2021年6月に実施した調査で、1カ月当たりの飲食店の店内での飲食の利用金額を聞いたところ、2019年(コロナ禍前)の月平均5,105円から、2021年(コロナ禍2年目)では月平均3,627円と約30%減少し、「地域の飲食店で新たな思い出をつくれなかった」と回答した人は、コロナ禍以降2年連続で8割を超えたことが明らかになりました。その一方、同調査において「コロナ禍で地域の飲食店が恋しくなり、何らかの行動をした」人の割合は47.4%にとどまり、テイクアウトやデリバリーの利用を除いては、あまり飲食店との接点がない現状が浮き彫りになり、飲食店への想いを形にする新たな行動の提案の必要性が感じられる結果となりました。
その中で、アメリカン・エキスプレスでは、新型コロナウイルスの影響から厳しい状況にある中小店舗への支援の取り組みとして、「SHOP SMALL®」を展開。昨年は全国10万店以上の店舗に対する集客支援やコロナ禍での店頭営業資材の提供など、さまざまな取り組みを行いました。また、2021年は特に厳しい状況にある飲食店への支援を強化。第1弾の取り組みとして、東京都内51のレストランとのコラボで自慢のスペシャルテイクアウトメニューをお届けする「Taste of World」の取り組みを7月より開始しています。

 

READYFORは、新型コロナウイルスの影響を受ける飲食店を応援するべく、2020年4月より様々なパートナーとの連携を通じ、全国各地の飲食店に対して約7億円を超える支援金を集め、届けてまいりました(2020年2月-2021年7月・READYFOR飲食関連タグ参照)。REAFYFORを活用し、資金を集めた飲食店からは「支援者からの応援コメントが大きな励みになった」との声が数多く寄せられております。

 

今回、世界でスモールビジネスの支援に取り組んできたアメリカン・エキスプレスと、日本初・国内最大級のクラウドファンディングを展開するREADYFORが連携し、本年度の「SHOP SMALL®」の取り組みの第2弾として、飲食店に「想いの乗ったお金」を届けていきます。

 

 

 「SHOP SMALL飲食店クラウドファンディング」概要 

 

(1)概要

 

  • サービスプランは通常のサポートに加え、特別な手引や説明を実施する「Amex特別サポートプラン」を適用
  • アメリカン・エキスプレスからの特別特典としてサービス手数料は無償かつ、総支援額の5%を上乗せ
  • 目標金額の達成有無に関わらず集まった資金を受け取ることができるALL-IN形式を適用

※ 1プロジェクトあたり支援総額「500万円」分までが特典の対象です
※ プログラム特典の対象となる支援総額(7,400万円)に達した時点で、特典(手数料の無償化及び5%の上乗せ)はなくなり、その時点までに集まった金額分までが特典の対象となります

 

 

 

(2)本プログラムの対象

 

  • 日本国内に店舗を構える飲食店様

 

(3)プログラム申し込み要件

 

  • 開業から3ヶ月以上が経過している
  • お申し込みされた店舗を今後も継続する意思がある
  • 現在アメリカン・エキスプレスのカードが利用できる加盟店である/加盟店になる検討余地がある

 

(4) 今後のスケジュールについて
<申し込み〜クラウドファンディング終了まで>

 

  • お申し込み後、5営業日以内にプログラム適用審査の結果をご連絡します
  • 申し込み期限:8月26日(木)~10月31日(日)24時まで

(※応募状況によっては、締め切り以前に申込受付を終了する場合がございます)

  • クラウドファンディング募集開始期限:11月30日(火)まで
  • クラウドファンディング募集終了期限:12月26日(日)まで

<振込について>

  • プロジェクト終了日締め、翌々月の10日に支援金をお振込します
  • 特典の対象となる金額は、2022年1月下旬にお振込予定です

※お振込み時期については、プログラムの進行によって前後する可能性がございます。

 

(5)申し込み方法


下記特設ページ・フォームをご確認の上、お申込みください。
https://collabo.readyfor.jp/shopsmall202107 

 

 

 アメリカン・エキスプレスについて 

 

1850年(嘉永3年)米国ニューヨーク州にて創立したグローバル・サービス・カンパニーです。多様な商品・サービスを通し個人顧客には「特別な体験」をお届けし、また優れたデータ分析や経費削減ツールを用い、幅広い法人顧客のビジネス成長を支援しています。日本では、1917年(大正6年)に横浜に支店を開設し、世界170以上の国や地域に広がる独自の加盟店ネットワークとトラベル・サービス拠点を通じ、最高品質のサービスを提供し続けています。また、アメリカン・エキスプレスのカードは、JCBとの提携により、従来からのホテル、レストランや小売店などに加え、公共料金からスーパーマーケット、ドラッグストアなど日々の生活で使えるお店が拡大しています。

 

 

 READYFOR株式会社とは 

 

READYFOR株式会社は、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をビジョンに日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「READYFOR」を運営しています。2011年3月のサービス開始から2万件以上のプロジェクトを掲載し、70万人から200億円の資金を集め、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています(2021年7月時点)。「カンブリア宮殿」をはじめさまざまなメディアに掲載され、2016年6月サービス産業生産性協議会が主催する第1回日本サービス大賞優秀賞を受賞。2019年5月経済産業省等が主催する第5回日本ベンチャー大賞経済産業大臣賞(女性起業家賞)を受賞。

 

 

 本件のお問合せ先 

 

アメリカン・エキスプレス 広報部 佐藤 katsuya.sato@aexp.com 
READYFOR株式会社 広報部 press@readyfor.jp
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「プレスリリース」についての企業ニュース「READYFOR、アメリカン・エキスプレスと提携。飲食店支援を開始」ページです。日本初・実績No.1のクラウドファンディングサイト「READYFOR」では、アイデア相談から実現まで1対1の担当者制であなたのクラウドファンディング挑戦を徹底的にサポート!まずは無料相談から。

READYFOR株式会社

東京都千代田区一番町8 住友不動産一番町ビル 7階
map

©2011 READYFOR INC.

ページトップ