お知らせ
  • 2017/01/16

    お知らせ

「Readyfor」が大和リースと提携を開始。 クラウドファンディングを活用したチャレンジテナント誘致プロジェクトをスタート。

2017年1月16日

 

「Readyfor」が大和リースと提携を開始。

クラウドファンディングを活用したチャレンジテナント誘致プロジェクトをスタート。

 

 

日本初・国内最大のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社(本社:東京都文京区、社長:米良はるか)は、大和ハウスグループである大和リース株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:森田俊作)と業務提携し、クラウドファンディングを活用した『チャレンジ!新規事業を全力応援!』プロジェクトをスタートし、2017年1月16日(月)に特設サイトをオープンします。 (特設サイトURL︰https://readyfor.jp/daiwa_lease

 

 

 

 

1,概要

本プロジェクトは、大和リースが管理運営する商業施設内で新規事業を行う事業者をReadyforを通して募集し、新しい事業に取り組みたい方々の支援や、新たな社会的ビジネスの発掘などを目的としています。 プロジェクト第1弾として、BiViつくば(茨城県)、BRANCH茅ヶ崎2期(神奈川県、2017年3月オープン予定)、浜松プラザフレスポ(静岡県)、BRANCH神戸学園都市(兵庫県)、BiVi土山(兵庫県)の5施設にて事業者募集を開始。商業施設を通じて、女性活躍やシニア・雇用・環境等の地域課題を解決する新しいチャレンジを応援します。

 

 

  

 

 

 

2,背景

近年では、商業施設を街づくりの中核拠点と位置づけ、地元の文化を尊重しつつ顧客ニーズに適した運営を行うことで集客につなげる事例が増えてきています。 本プロジェクトでは、クラウドファンディングと提携、活用することにより、今まで資金面で一歩を踏み出せなかった地元中小企業や新規事業者が出店することが可能となり、地域事業者の育成にもつながります。 また、クラウドファンディングでの資金調達に成功した事業を誘致することにより「地域から支持を得られた」事業者をテナントとして施設に入れることができます。

 

3,テナント決定までの流れ

①特設サイトのフォームから応募受付開始︰2017年1月16日から

②事業者選定:大和リース株式会社による応募事業者の審査

③クラウドファンディング実行︰プロジェクトに合わせて準備ができたものから公開

④店舗出店開始︰クラウドファンディングを達成した場合のみ出店開始

 

【READYFOR株式会社について】

READYFOR株式会社は、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をミッションに日本初・国内最大のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営しています。クラウドファンディングとは、インターネット上でやりたいことを発表し、それに共感した不特定多数の方から少額の資金を集める仕組みです。5,700件以上のプロジェクトの掲載し、22万人から33億円以上の資金を集め、国内最大のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています。 2016年6月にはサービス産業生産性協議会が主催する第1回日本サービス大賞優秀賞を受賞。

 

【本件に関するお問い合わせ】

READYFOR株式会社 広報部

press@readyfor.jp

「お知らせ」についての企業ニュース「「Readyfor」が大和リースと提携を開始。 クラウドファンディングを活用したチャレンジテナント誘致プロジェクトをスタート。」ページです。日本初・実績No.1のクラウドファンディングサイト「READYFOR」では、アイデア相談から実現まで1対1の担当者制であなたのクラウドファンディング挑戦を徹底的にサポート!まずは無料相談から。

READYFOR株式会社

東京都千代田区麹町1丁目12-1 住友不動産ふくおか半蔵門ビル 2階
map

©2011 READYFOR INC.

ページトップ