プロジェクト概要

有名観光地に負けない!岐阜県長良公園のクリスマスイルミネーションを6年ぶりに復活させて、溢れる光で包み込みたい!!


はじめまして、イルミネーション実行委員会の河合陽介です。私たちは今、岐阜県岐阜市にある長良公園にて、長年親しまれてきたイルミネーションを復活させるために奔走しています。一時は2週間で15万人も動員した長良公園のクリスマスイルミネーションは資金難により途絶えてしまい、気が付けば7年が経っていました。

 

今回はこの冬の風物詩、長良公園のクリスマスイルミネーションを復活させるべく、クラウドファンディングへの挑戦を決めました。私自身はこのイルミネーションに関わるのは今年初めてなのですが、イルミネーション実行委員の代表の「もう一度、あの多くの人で賑わったイルミネーションを復活させたい!」という思いに共鳴してこのプロジェクトを立ち上げることにしました!


7年間中断しているイルミネーションを、前回よりも感動してもらえるモノにするため、今年は初めてプロジェクションマッピングも導入する予定です。是非、もう一度長良公園を多くの人が集まる場所にしたい!そのための費用が不足しています、是非、応援宜しくお願い致します!
 

光があふれる長良公園のイルミネーション


 

2001年~2009年まで過去に9回も開催、住民に人気だったにも関わらず2010年から中断している理由は資金難でした。

 

ある時、長良公園のイルミネーション実行委員の代表から、「今年もイルミネーションやらんのか?」と街民からよく言われる、という話を聞きました。気になって調べてみたところ、過去の運営は全て地元の有志、ボランティアの方々で、30万球~40万球の電飾の点検・電球の交換、そして電飾の飾りつけも外注に頼らず自分たちの手で行っていることを知りました。

 

加えて、長良公園のシンボルでもある、大きなメタセコイヤの木に電飾の飾りつけをするには高所作業車が必要な為、実行委員会の何人かが高所作業員の資格を取り、全て自分たちで飾り付けていたことも知り、前回までの実行委員の方たちが苦労して積み上げてきた9年間をこのまま終わらせたくはない!!と有志と共に立ち上がることにしました。

 

多くの方々に楽しんで頂いていたこの素敵なイルミネーションをもう一度復活させ、前よりも素敵なイベントにしたいと思い、復活のために本プロジェクトを地元の有志達で立ち上げる事にしました。

 

力作として過去にはあの武将とお城も登場!

 

 

2016年12月23日~2017年1月3日までイルミネーションを実施。新たな試みとしてプロジェクションマッピングを取り入れて、長良公園を訪れる人々に感動を届けたい!

 

長良公園は文教地区に位置し、大樹メタセコイヤをシンボルとして、岐阜市では有数の広さを誇ります。子どもたちが思いっきり遊べるアスレチック広場、色とりどりの花壇、一息つけるカフェなど、日頃から地元の方々の憩いの場として幅広い年齢層に愛されています。「僕は友達が少ない」というアニメに登場する聖クロニカ学園という学園のモデルにもなっており、休日には子供連れの家族でいっぱいになり、駐車場に車が停めきれないほどです。

 

前回までのイルミネーションは大きなメタセコイヤという木に電飾を飾っていましたが、木を保護するという事も考えて今回は木には飾らず、代わりにプロジェクションマッピングを使って公園内の広い敷地、石垣などに映像を写しこませてイルミネーションとプロジェクションマッピングの競演を予定しています。

 

前回以上に来て頂いた方々に感動してもらいたいため、今年は、情報芸術大学院大学(IAMAS)の方々にも協力してもらって、「光」を使った作品を展示してもらう予定です。IAMASとは日本にまだ数校しかない最先端メディアと最先端芸術製作専門の大学院です、決定では無いですが音楽との競演も予定しており私たちも今からワクワクしています!

 

今年のポスターデザインが出来上がりました

 

 

長良公園の光の遊園地は今後冬の風物詩として、県内外の多くの人々を楽しませてくれる一大イベントへと成長していきます。

 

この長良公園のイルミネーションは近隣の学校、会社、近隣の住民の人達の作品も飾られるような地域密着型のイルミネーションでした。大きくて立派なイルミネーションも素敵ですが、長良公園のものは暖かくてまた違う素敵さがあり、近隣の学校、会社、町内などに作品を持ち寄ってもらいコンテストも実施します。


今回のプロジェクトは、今年だけ復活するのではなく、来年以降も続けていくことで地域の活性化、子ども世代とおじいちゃん、おばあちゃん世代のコミニュティを深めていく事に繋がっていくと思います。その為には、今年の挑戦が非常に重要となります。街の人々はもとより、市外や県外からも見に来てくれる人を増やし冬場の観光スポットして育てていくことで、資金難も解消されて継続することが可能です。

 

是非、長良公園をあなたの応援で照らして頂けませんか?ご支援、宜しくお願い致します!

 

イルミネーションの作品を出品してコンテストを行います

 

 

*資金使途内訳*
プロジェクションマッピング、イルミネーションに使用する電球の購入費の一部として使用させて頂きます。

 

*スペシャルサポーター紹介*

今回、この活動に賛同してリターンとして作品を提供してくれる協力なサポーターを紹介させてください!

 

たっくんコドナの落書き Word Painter

 

~たっくんコドナの落書き プロフィール~

「自分に賭けて生きていく!」と覚悟し、カフェの店長を辞め、筆と墨を初めて買い、路上に座る。

「あなたの瞳を見て直感で言葉を産み出します」を軸に、日本中のイベントに出演し、世界中で言葉を描き、ライブペイントをする。

「経験してモノを言う」事を大切にし、海を越えて飛んでは、言葉を描きそれだけで食べて7年目。

Rickie-G、卍LINE、JESSE(RIZE)、GAKU-MC、Nabowa、sumika、FUNKIST、イトヲカシ、堤晋一、DSL、半崎美子、小久保淳平とコラボレーションでライブペイント!

「コドナ計画」オーガナイズ、アパレル「LAICEPS」代表。

https://m.facebook.com/takkun.kodona/