READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録

革製品のブランドを立ち上げる。

尾崎暁嗣

尾崎暁嗣

革製品のブランドを立ち上げる。
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月23日(金)午後11:00までです。

支援総額

50,000

目標金額 1,200,000円

4%
支援者
1人
残り
16日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は12月23日(金)午後11:00までです。

プロジェクト本文

 

自己紹介

 

初めまして。尾崎暁嗣(美r)と申します。

 

出身は大阪です。サラリーマンを何十年と、いくつかの職業を経験して参りました。

 

妻のドレッサーの椅子がボロボロになったのを、綺麗に直したり、息子の部屋の棚を作ったり、知り合いがお店をオープンするのに、名前と蝶の絵をシャッターに描いたり、求められたことを期待以上に仕上げて、喜んでくれるのが楽しいと感じます。

 

絵を書くのも割と好きで、レザークラフトと出会うまでは、油絵も描いたりしていました。以前から、物作りの職業には興味を持っていましたが、行動に移したことは一度もなかったのですが、レザークラフトと出会い、人生を変えてみようと決心して、今年になってブランドを立ち上げました。

 

今は、知り合いのお店の一画に作品を置かせていただいていて、ブレスレットやネックレス、キーケースなどの小物を主に販売しています。

 

レザークラフトのブランド名は「パドレシエル」です。

 

パドレシエルというのは造語で、二つのイタリア語を引っ付けてます。自分がこの世に存在している意味を表しています。

 

レザークラフトとは、簡単にいうと革でバッグや財布、名刺入れなどを手作りすることです。ただ、一から自分でデザインして設計図を起こして、部品を切り出し、染色もして、設計図通りに組み立てるんですが、ミシンは使わす手縫いで行います。

 

 

 

プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

子供が生まれたことで、仕事をしっかりやらないとと思い、それなりには出世もしましたが、人間関係がうまくいかず、何年か前にうつ病を発症しました。

 

結局退職を余儀なくされて収入も減り、家庭にも影響を及ぼすようになり、このままでは、家庭は崩壊してしまうという危機感から、どうすればいいかを家族で話し合い、人生を変えるために、自分が本気で楽しいと思えるレザークラフトを職業として、やっていくことを決断しました。

 

レザークラフトは、友人に教えてもらったんですが、聞いていてすごく面白そうに感じたので、自分で調べて材料や道具を揃えにお店に行きました。初めてやることなんですが、これは絶対に楽しいと直感で思ったんです。

 

うつ病には、何もかも忘れて没頭できることっていいというのは聞いていましたし、そういう観点からもやってみようと思いました。

 

自分が思い描いた物を、具現化していくことが楽しいと感じてます。設計図を描いたり、細かい部分に想像を巡らせて、どうやって縫穴を開けるのか、いかに綺麗に美しくできるのか、手順はどうすればいいのか、そうやって考えていたことが思い通りにいったりすると快感です。まぁうまく行かないこともありますが、それはそれで、次はこうすればいいということで次につながります。

 

初めて作ったのは、割と簡単な作りのトートバッグです。今でも妻が使ってくれています。そのバッグを見た妻の友人などが、すごくよくできてると褒めていたということを聞いて、また楽しくなりました。

 

何か作品を作っている時間がすごく楽しくて、いつまででもやっていられるほどなんです。では、いつまででもやっていられる状態になるには、仕事にするしかないと思ったんです。


私が作ったものを気に入ってくれて買っていただくこともあるかもしれませんが、物が溢れている時代ですから、誰でもみんな、世間で売っているものの中から欲しいものを選んで買うわけです。例えば、カードが20枚入る二つ折りの小銭入れがついた財布が欲しいとオーダーをいただいていますが、そんな財布多分売ってないと思うんです。

 

そんなこだわりのある方なんかは何処かで妥協して買って使っている方もいると思うんです。それなら、想像通りの物をできるだけその方の思った通りに、私の技術と知識で具現化できればと考えたんです。

 

そうすると、私の経験値も上がりますし、勿論作るときは期待以上の物を目指して作ります。そして出来上がった物を喜んで使って頂いたらこれほど幸せなことはないと思っています。

 

ブランドのマークはアゲハ蝶です。アゲハ蝶には、変化・変容や幸運・吉兆・また自由や富・繁栄というようなスピリチュアルな意味合いがあるそうです。私の人生を変化させるという意味と、制作した商品にはロゴーマークを入れて、使っていただく方の幸運や繁栄を願うという意味も込められています。

 

 

今は、会社勤めをしながらですが、まずは、会社に勤めていられない状態になって、商品の作成に追われるぐらいになれたらと思っています。一人で手に追えなくなれば、誰か一緒にやってくれるパートナーを探してより、たくさんの方に喜んでいただけるようにしていきたいとも思っています。

 

物作りに興味のある方は、レザークラフトっていいと思うんです。私のように思う方がいるかもしれませんし、将来的にはレザークラフト教室も開きたいと考えています。

 

 

プロジェクトの内容

自分のいいと思う物を制作し販売することと、オーダーメイドでの受注制作を並行してやっていきます。

 

また、ブランド独自の企画商品のアイディアもありますのでそれらを具現化してきます。

 

今回資金を集めようと考えたのには、大きく二つ理由があります。

 

一つは、ブランドのコンセプトや商品の紹介、また、私自身の人となりを伝えるために、興味を持ってもらえるようなホームページをプロの方と話し合いながら作りたいと考えています。

 

もう一つは、革製品の手作りで仕上がりに影響してくるのが、革の厚さの調節です。革を漉くと言いますが、この作業が大変時間がかかります。しかし、機械を使えばほんのわずかな時間で均一に漉きができます。製品を完成させるまでの時間短縮にもなりますので、是非押さえておきたい設備投資です。

 

革は勿論ですが、染色に使う染料や、オイル、コーティング剤、また金具や芯材、糸などは必ずなくなって行くもので継続的に購入していかないといけないものです。今は家計の中から出していますが、妻にも負担をかけていますので、少しでも助けになればと思っています。

 

物を作るのに材料や道具を買うことは必要不可欠です。今までは、全て家計からや貯金を切り崩したりしてやってきてますが、これ以上は家計からは出せないのが現状です。

 

ただ、ホームページは必要性を感じていて、どうにかしたいと思い自分でワードプレスなどでやろうともしましたが、その勉強をするにも時間がかかることがわかりました。やっぱりプロの方にお願いする方が効果も違うと思うんです。

 

また、製品を作る上で、制作時間も重要だと考えています。製品の仕上がりを左右するのは、革の厚みです。部位によって厚みを変えたり、部分的に薄くしたりがすごく重要です。手作業の場合、包丁やカッターなどでやるんですが、時間がかかります。機械でやれば、均等に綺麗にしかも短時間でできるんです。

 

せめてそのホームページと革漉きの機械を、このクラウドファンディングで資金を集めることができればと思っています

 

ホームページの立ち上げに313,500円という見積もりをいただいてます。それと機械の値段は585,500円します。その二つで899,000円です。

 

妻が、休みなしで朝は4時半に起きて帰りは20時までアルバイトをして、私の減った給料分とレザークラフトにかかる費用と家計を守ってくれています。少しでも仕入れの助けになればと考えておりますので、READYFOR手数料224,400円も引いた残りの76,600円を材料の仕入れに当てさせていただきたいと思っています。

 

今は、知り合いのお店で少々置かせていただいている商品を作るのと、知り合いからオーダーを受けたカードが20枚入る二つ折財布を作るのが制作予定として入っています。

 

自分でも考えている企画商品があるので、それも具体的に完成させていきたいと思っています。

 

うつ病の発症以来、収入は減る一方で、妻や子供を不安にさせてしまっていました。昨年の初めごろには、妻も失業をしました。そんな中、妻がアルバイトを、毎日休みなく入れて私を精神的にも経済的にも支えてくれています。ただ、それがいつまで続くのか、妻の体もことも心配ですし、なんとか、このプロジェクトをスタートしていって、私がうつ病からも解放され、妻にも自分のしたいことをやっていけるようにしていきたいと考えています。

 

 

 

プロジェクトの展望・ビジョン

 

今は、私一人で作っていますが、一人では限界がありますので、同じ志を持った方をパートナーとして迎え入れて、徐々に広げていけたらと思っています。作るという、日々の作業が経験となり、技術を磨くことにもなりますので、その経験と技術を、レザークラフト教室として開きたいと考えています。

 

当ブランドでお買い上げいただいた商品に関して、修理やリメイクなどのご依頼も有料ですがお受けしてこうと考えています。

 

また、経営が安定してきたら、年間に幾つ作れるかわかりませんが、合間に時間を作ってランドセルを製作し、毎年どこかの養護施設などに寄付していけたらと考えています。

 

革は、食品の副産物で、大変エコな素材です。また、丈夫で長く使えますし、物によっては修理もできますし、リメイクもできます。長く使うにもデザインや色や機能的にもお気に入りの物であればよりいいと思うんです。想像したものを形にすることって楽しいと思いませんか。

 

また、精神疾患を抱える方は、それほど珍しくないほど多くいらっしゃると思います。それは、心療内科の予約状況からわかると思います。私の経験が誰かの役に立てるかもしれません。というか誰かの役に立ちたいとも思っています。

 

私は今回のクラウドファンディングで、自分のやろうとしていること、またやりたいことを伝えていますが、振り帰ってみれば、人生でこんなことは初めての経験です。SNSの時代ですが、私は何を発信していいかもわからずほとんどやったことはありません。そんな私が、こうやって誰かに私の思いや考えを伝えることができたことを誇りに思います。結果がうまくいこうと行かなかったとしても、私にとっては大きな一歩だと思っています。でももし、皆さんからご支援がいただけて、目標金額が達成できたなら、それは私の思いを実現するのに大きな助けになることは間違いありません。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

また、返礼品は、キーケース、名刺入れ、パスケースのいずれかの中からお選びいただいて、色や、デザインなどをお伺いした上で作らせていただいて、その費用を割引させていただくことにしました。そうすると、もしたくさんの支援をいただけたらその分それらを作るのに追われるぐらいレザークラフトを楽しめることになりますし、また経験値も当然上がります。また、それで少しでも支援いただいた方に喜んでいただければありがたいと思っています。ただ、手作りですので一つ作るのに割と時間がかかりますので、多くなればそれだけお送りするのにも時間がかかりますので、その点はご了承お願い申し上げます。

 

プロジェクト実行責任者:
尾崎暁嗣(美r)
プロジェクト実施完了日:
2023年1月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

ブランドのホームページの作成に313,500円、レザークラフトの設備投資に585,500円、READYFOR手数料224,400円、残り76,600円を材料の仕入れに当てます。

プロフィール

一人黙々と作業するのが好きです。 妻のドレッサーの椅子がボロボロになったのを、綺麗に直したり、息子の部屋の棚を作ったりと、求められたことを期待以上に仕上げて、喜んでくれることを喜びに感じます。 絵を書くのも割と好きで、油絵も描いたりしていました。 と言ってもそれほど内気なわけではなく、サラリーマン時代は、人前で講習をしたり、プレゼンテーションなどもしていました。 白髪がトレードマークです。

リターン

3,000+システム利用料


alt

感謝のメール

感謝のメールと活動報告をお送りいたします。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

10,000+システム利用料


alt

オーダー費用30%割引券

キーケース、名刺入れ、パスケースのなか(12,000円相当)からお好きな商品を、ご希望をお伺いした上で30%OFFでオーダーさせていただきます。(有効期限は発行日より6ヶ月内)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年6月

10,000+システム利用料


alt

感謝のメールと活動報告をお送りいたします

感謝のメールと活動報告をお送りいたします。※複数口でのご支援も可能です

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年3月

30,000+システム利用料


alt

オーダー費用75%割引券

キーケース、名刺入れ、パスケースのなか(12,000円相当)からお好きな商品を、ご希望をお伺いした上で75%OFFでオーダーさせていただきます。(有効期限は発行日より6ヶ月内)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年6月

50,000+システム利用料


alt

オーダー費用100%割引券

キーケース、名刺入れ、パスケースのなか(12,000円相当)からお好きな商品を、ご希望をお伺いした上で無料でオーダーさせていただきます。(有効期限は発行日より6ヶ月内)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2023年6月

プロフィール

一人黙々と作業するのが好きです。 妻のドレッサーの椅子がボロボロになったのを、綺麗に直したり、息子の部屋の棚を作ったりと、求められたことを期待以上に仕上げて、喜んでくれることを喜びに感じます。 絵を書くのも割と好きで、油絵も描いたりしていました。 と言ってもそれほど内気なわけではなく、サラリーマン時代は、人前で講習をしたり、プレゼンテーションなどもしていました。 白髪がトレードマークです。

あなたにおすすめのプロジェクト

環境にも人にもお財布にも優しい白髪対策美容品を開発、製造したい!! のトップ画像

環境にも人にもお財布にも優しい白髪対策美容品を開発、製造したい!!

渡邊美佳渡邊美佳

#生活用品

0%
現在
0円
支援者
0人
残り
46日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする