プロジェクト概要

身近な人や自分自身に介護が必要となる前に――。
5月〜6月に仙台市で人や社会と関わる力を身に着ける勉強会を開催します!


はじめまして、一般社団法人復興支援士業ネットワークの磯脇賢二でございます。2011年3月11日の東日本大震災以来、宮城県を中心に弁護士や税理士等の士(さむらい)業を中心に仮設住宅をまわり、生活再建のための無料相談会を開催する活動を行なってきました。それ以外にも、石巻市雄勝町や気仙沼市でこいのぼりをあげることで元気になってもらう活動をしています。平成27年からは復興庁「心の復興事業」、平成28年からは復興庁だけでなく宮城県NPO等による心の復興支援事業を行なってきました

 

震災から6年。復興は着々と進んできており、宮城のまちにも活気があふれていますが、自分のこれからの老後や子どもたちが独り立ちした後のことを考えて、不安になってしまう方も多いのではないかと思います。「介護」だけでなく「健康」「経済」「生きがい」の観点からじっくりと自分と向き合い、そのために必要な制度やお金やその使い方を学ぶための勉強会を開催いたします。

 

イベントは、2017年5月~6月に宮城県仙台市の会場で5回にわたり開催する予定です。しかし、一般社団法人という団体の事情の関係で、潤沢な資金があるわけではございません。講師謝礼金や会場の利用料やテキスト代等に必要な30万円を、クラウドファンディングを通じて皆様からご支援を募りたく考えています。どうか皆様、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

「”いつか”介護が必要になるかもしれない。」
その”いつか”がいつ来るかのは分かりません。
前もって仕組みや制度について理解するための勉強会を開催します!

 

 

被災地において、多くの方は生活再建を果たしてきました。
しかし、震災後人口流失は増加しています。

 

東日本大震災以来、宮城県を中心に弁護士や税理士等の士(さむらい)業を中心に仮設住宅をまわり、生活再建のための無料相談会を開催する活動を行なってきました。活動を続けているうち、私たちが住んでいる地域全体から若い人々が去っていき、過疎化・高齢化していくのを目の当たりにしました。

 

「誰にどのように相談したらいいのか分からない」「これからどうすればいいのか分からない」という方が多くいらっしゃいました。人生の様々なライフイベント(就職、結婚、子供の誕生、教育、住宅取得、定年・退職など)を乗り越え、老後を迎えるまでの過程で、多くの悩みや不安が生まれます。

 

被災地で安心して老後を迎えるために、生活再建を果たし、安心して夢や希望を叶えていくためには、生活再建を邪魔する不安を一つ一つ解消していく必要があります。ライフイベントを実現するためには、医療制度や介護保険制度などの制度を理解することをはじめ、老後を見据えたお金の準備などの計画が大変重要です。早めに計画をたてることができれば、時間を味方につけてゆっくり準備することができます。

 

可能な限り安心して老後を迎えるために、「これから」を考えていく必要があります。

 

 

身近な人や自分自身に介護が必要となる可能性の高い、
40代から60代の方々を対象にした勉強会を開催します。

 

人生において、身近な人や自分自身に介護が必要となったとき、「介護サービスを受けることができないのでは?」と不安に感じる方は多いのではないでしょうか?普段の生活より、不安の無い生活を送るには、介護制度やお金のことを良く理解することが大切です。

 

ここ近年の経済情勢や制度改正などもあり、退職金や年金はあてにできない時代になってきました。漠然とした不安を具体化してそれに備えること、夢や希望を叶え、豊かな人生を送るためにはどうしたらいいのか。あらかじめよく知っておくことで、安心した生活を送ることができます。

 

~~~勉強会について~~~

 

※会場については変更となる可能性がありますが、仙台市内で開催予定です。

※変更が生じた場合、別途新着情報等でご紹介いたします。

 

期間:2017年5月1日〜2017年6月30日の間に5回にわたり開催します。

会場(予定):「せんだいメディアテーク」(URL:http://www.smt.jp/

住所:宮城県仙台市青葉区春日町2-1 


 

 

~~~勉強会のテーマ~~~

  • セカンドライフの資金作りと年金について。
  • 家計に厳しいアベノミスク経済の乗り切り方と今時の住宅ローン事情と不動産にかかる税金について。
  • 介護と福祉・現状と解決の糸口について。
  • 人や社会と関わる力がを身に着ける。
  • 人生において、身近な人や自分自身に介護が必要となったとき、在宅介護と認知症とどのようにして付き合っていったらいいのか。
     
    勉強会のイメージです。


    当日の講師は、一般社団法人復興支援士業ネットワークをサポートしている弁護士・司法書士・税理士・土地家屋調査士・中小企業診断士・行政書士・ファイナンシャルプランナー・心理カウンセラーなど、コンサルティングやカウンセリングにおいて実績のあるプロの講師が登壇予定です。講師についても確定次第、随時ご紹介いたします。

 

 

老後の「介護」、「お金」、「健康」等の不安はたくさんあるかもしれません。
しかし、それをサポートするための社会福祉サービスや仕組みは多く存在します。

 

 

「いかに老後を暮らすか?」「いかに人生を送るか?」
「それに必要な資金をどのように計画し、またどのように使用するか?」
理解を深めて自分自身を見つめて考えることができるように――。


ラインプランニングを実現するために必要な資金計画がマネーマネージメントです。一般的にマネーマネージメントというと、「いかにしたらお金を増やせるか?どんな投資が儲かるか?」といった投資相談、あるいは「いかにしたらケチケチに暮らす方法があるか?」といったお金そのものに関するものを想像しがちです。

 

しかし、本来マネーマネージメントは、「いかに暮らすか?」「いかに人生を送るか?」を念頭に置き、「それに必要な資金をどのように計画し、またどのように使用するか?」と自分自身を見つめて考えることです。安心した老後を迎えるにあたり、今ある医療制度や介護制度を理解し有効に活用できるよう、プロの講師陣で全力でサポートしたいと考えています。

 

そのためにも今回の挑戦はなんとしても成功させたいと考えています。今回のクラウドファンディングでは、一口5000円から支援者様の支援金を募集しております。また、金額に応じてささやかではありますが返礼品(リターン)もご用意しております。どうか皆様ご支援・応援賜りますようお願い申し上げます。

 

▲一般社団法人復興支援士業ネットワークのFACEBOOKです。

 

 

 リターンについて

 

金額に応じて、復興に関係のあるリターンをご用意しております。皆様ご支援応援賜りますようお願い申し上げます。