プロジェクト概要

 

応援くだっさった皆さまのおかげで、当初目標を達成することができました。本当に本当にありがとうございます!心より感謝申し上げます。

 

これで性暴力被害を受けた子どもたちに向け冊子をつくることができる!という喜びと責任をひしひしと感じております。ベストを尽くして本当にいいものを作製したいと思っております!  

 

さて、残りの日数で次へのチャレンジを行うことを決めました。  

性暴力被害を受けた子どもの周囲のおとな(親、先生など身近なおとな)が二次被害を与えるような間違った関わりをしてしまうと、子どもの回復の大きな妨げになります。  

 

そこで、周囲のおとなが性暴力被害を受けた子どもに対して適切に対応できるようにポイント記載した「おとな向けリーフレット」を作成したいと思います。そのために、さらに50万円を集めたいと考えています。

性暴力被害を受けた子どもと、さらにその子どもの周囲の身近なおとなを支えることができればと思います。

 

ぜひ皆さまのお力をお貸しくださいませ。何とぞよろしくお願い申し上げます!!

 

2017年4月4日 原田薫

 

性暴力被害を受けた子どもたちの回復を支える冊子を作りたい!

 

はじめまして。原田薫と申します。1995年から「ウィメンズセンター大阪」で「女・からだ110番」電話相談員、女性のからだと性に関する相談員、及びカウンセラーとして、さまざまな女性の相談に対応してきました。その中で、性暴力被害者の支援は当事者の視点に立ち、心とからだの回復に寄り添う拠点が必要だと考えるようになり、2010年4月から「性暴力救援センター・大阪SACHICO」運営委員として、またその事務局として活動しています。

 

今回のプロジェクトは、性暴力被害を受けた子どもたちが、自分の持っている力を再び発揮できるようにサポートするものです。回復するには、まず自分の心とからだに起きたことを知り、日常に対応していかなければなりません。

 

性暴力の回復に必要な情報をまとめた冊子を制作したいのですが、費用に80万円が必要です。どうか皆さまのお力を貸していただけないでしょうか?

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
回復への対処法を知ることが大切です


 

2015年、「性暴力救援センター・大阪SACHICO」だけで1000人弱が来所…性暴力の被害を受ける子ども・女性は年々増えています。

 

「性暴力救援センター・大阪SACHICO」は2010年4月に日本で初めての性暴力被害者のための病院拠点型ワンストップセンターとして活動を始めましたが、2015年には939人が被害後の心身のケアために来所しました。「性暴力救援センター・大阪SACHICO」を訪れる被害者の約6割が19歳までの子どもです。そして来所人数は年々上昇傾向にあります。

 

来所人数は年々増え、6年間で合計4141件の来所がありました。

 

性暴力被害からの回復のための病院拠点型のワンストップセンターです。

 

なぜ子どもたちが性暴力の被害にあうのでしょうか? その最大の理由は大人が性暴力防止に関する適切な情報を持たず、さらに情報から子どもたちを遠ざけていることにあります。

 

「子どもが性暴力にあうなんて…」と思われる方も多いかもしれません。しかし、子どもたちは性暴力の被害を実際に受けています。多くの子どもたちは自分に起きたことをなかなか語ることができず、または加害者から秘密を強要され、心とからだの自己コントロール感を失っています。結果として、暴力にあってしまうような状況のまま日常を過ごしてしまいます。

 

過酷な日常を受け入れてしまう子どもたちがたくさんいます

 

性暴力被害から回復するには、迅速で適切な診断に基づく総合的ケアと安心して語れる環境や人、何より当事者の視点に立ったサポートが不可欠です。自分の心とからだに起きたことに向き合い、再び起こってしまわないようにどう対処すべきなのか、また“自分が悪いのではない”ということを知識として知ることは、回復していく上でとても大切なことです。

 

 

性暴力被害の回復に必要な情報をまとめた冊子を制作し、回復の道のりをたどる子どもたちを支えたい!

 

今回のプロジェクトで、性暴力被害を受けた子どもたちの回復に役立つ冊子1000部を制作する予定です(A5サイズ、約20ページ)。性暴力被害を受けた子どもたちが、自分の力を発揮できるように回復するまでには長い時間が必要であり、その時間を支えるためのツールがこの冊子です。子どもたちが不安に駆られることがあっても、日常で安心な気持ちになれるように、わかりやすく編集します。

 

子どもと女性に安心を届けたい

 

自分の心とからだに起きていること、自分は悪くないこと、今後暴力にあわないことを知識として子どもたちに与えることで、性暴力の再発防止につなげ、子どもたちが安心して社会生活を送れることを目的とします。回復の道のりで、子どもたちは性暴力から自分を守るための正しい情報が必要なのです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

性暴力被害を受けた子どもたちが、再び被害にあうことのないように!

 

性暴力被害で傷ついた子どもたちが、自分の人生を取り戻していくのに必要なツールをこのプロジェクトから生み出したいと思います。性暴力による人権侵害から回復するには、ニュートラルな状態に自己をコントロールするのに、何度も何度も自分に問いかけ、確認していく作業を伴います。

 

自分らしさを取り戻し、自分の人生を再生していくことをサポートする冊子制作に80万円が必要です。私たちはこの冊子が手元にあることで、被害を受けた子どもたちの助けになることを願っています。

 

皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
未来ある子どもと女性たちを守るために。

 

 

プロジェクト詳細

◯冊子製作予定数:1,000冊

◯完成予定:2017年10月31日

◯運営団体:ウィメンズセンター大阪

 

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

 

リターン詳細

 

制作する冊子をはじめ、全て「ウィメンズセンター大阪」で発行しているオリジナルの商品です。(一般の書店では手に入りません!)

※以下は、支援金額に応じたリターン例

  • サンクスカード
  • プロジェクトで発行する冊子
  • 女のためのいろはカルタ
  • 音楽CD
  • 「性暴力救援センター・大阪SACHICO」全国研修会講演録冊子
  • 「ウィメンズセンター大阪」が主催するフェスティバルご招待券  などなど

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)