プロジェクト概要

 

おかげさまで、当初の目標達を成することができました。

 

皆様からの暖かいご支援は本当に励みになります。

今回のファンディングは、当初は会場費用のご支援をいただく予定でしたが、 プロジェクト成功と暖かいご支援の感動を胸に、何か一点新作を制作したいと思っております。そこでネクストゴールを設定させていただきます。

 

引き続きのご支援、どうぞよろしくお願いします。

2017年7月26日 柴原薫

 

フォトグラファー柴原薫(KAO'RU)が、今年は”幼いころに感じた何か”をテーマに展示会を行います!

 

フォトグラファー柴原薫(KAO'RU)です。私の作品は写真表現の可能性を信じ、目に見えるものをそのままに撮影する写真表現ではなく、「和紙」・「花」・「リボン」を用いて、「自然が作り上げた造形と人工物の融合」をテーマとしています。

二者を組み合わせ、ある瞬間の心情や物語を表現した創作度のある写真作品を、EYEシリーズ:FLOWERシリーズとして発表を続けています。

 

 

今年は、2017年9月24日~10月15日に三重県の亀山トリエンナーレという現代アートの芸術祭と、2017年12月20日~24日に東京・銀座で私個人の展示会を開催します。今年のテーマは”幼いころに感じた何か”です。

 

作品は多くの芸術関係の方から評価をいただき始めていて、賞をいただくこともありとても嬉しい限りです。しかし私個人の力だけでは、さらに多くの方に作品を知っていただくことが難しいのです。どうか皆さまのご支援を元に、このプロジェクトをたくさんの方に知っていただくお手伝いをしていただけませんか?

 

feeling (心ゆくまで) 

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
Mysterious Beauty (妖艶)

 

 

写真ではあるが、今までの形にとらわれない新たな表現方法。また、部屋にインテリアとして飾っておきたくなる作品を目指しています。

 

私の作品には、EYE・FLOWERシリーズの2つがあります。

 

EYEシリーズ

”遠い過去には見えたけれど、今の私たちには見えない生き物”を基本テーマとしています。ふとしたきっかけで記憶の底から蘇る暗闇や物陰に感じた「何かがいる」という感覚から、想像と現実を行き来する生物を表現しています。

 

Sky Nymh B-family(天空の妖精B 親子)
第95回二科展(第58回二科会写真部展)入選

 

FLOWERシリーズ

EYEシリーズのような想像上の生き物ではなく、花と出会った時に感じた印象や表情から、印象に見合う何かを組み合わせることで、私達の日々のある瞬間の心情を表現しています。

 

Happy Charm (幸せの魔法)
PRIX DE LA PHOTOGRAPHIE PARIS 2015 Honorable Mention

 

両作品を通して花々が作品の中での主人公となれば、立派な役者となることができると思います。そしてより美しく輝き出し、人の心に残る物語を紡ぎ出すことが可能になると思います。

 

作品の特徴

従来の印画紙プリント法だけではなく、あえて水が大敵な印画紙に液体処理を施したプリント金沢金粉・箔を特殊方法によって吸着しています。そうすることで、ネガがあれば何枚も同じプリントができるという従来の写真プリントのイメージを払拭し、一枚一枚によりオリジナル性を持たせた作品を発表します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
A Beautiful day(素敵な朝に)
第10回インターナショナルカラーアワードプロフェッショナルスティルライフ部門ノミネート

 

またプリント以外にも、撮影したフイルムそのものを樹脂に閉じ込めた樹脂加工の作品、また、デジタル時代ならではの表現方法として、大型(2.5mx3.4m)の布出力により、壁に掛けて鑑賞する写真作品とは一味違った、インテリアとして利用可能な布出力作品も展示します。 作品の主題とともに、それを出力する手段も新たな方法を模索しています。

 

 

「どの作品も色が素敵でロマンチック!」皆さまから嬉しい反響をいただいています。

 

毎年発表を続け、作品点数も増えるにしたがって多くの評価をいただけるようになりました!しかしながら、私一人での力ではなかなか発信しきれないのです…。しかしこのクラウドファンディングも通じて、さらに多くの皆さんに作品をご覧いただく機会をつくりたいと思っています。

 

◯展示会に来ていただいた皆さまからの反響◯

 

・やっぱり柴原先生の写真展にいかないと年末年始をすこやかに過ごせません!!
今年は、FLOWER・EYEだけじゃなくて、人工物・展示方法・金箔と新しいことがたくさんあって楽しかったです。先生の写真に金箔がすごい合いますね。よりゴージャスな作品で、どれも素敵でした。

 

・初めて見ました。写真展とは思えない会場作りは、良い意味で裏切られました。来年も楽しみにしています。

 

展示会の様子です。
天井から作品を吊るしたりもしています。

 

・やっと来ることができました。

目玉シリーズすごく面白かったです。私もこんなストーリーのある作品が撮れるように、頑張らなきゃ!

 

・はじめて柴原先生のギャラリー展示にお邪魔しました。どの作品も色が素敵で、ロマンチックな世界観を感じる事ができました。

 

こんな会場で作品を展示しています

 

 

これをきっかけに、写真でアートすることに興味を持つ人が増えていくことを望んでいます。

 

写真を撮ること自体は身近になっていますが、それをプリントしたり、部屋に飾っていくのはまだまだ身近になっていないと思います。 写真はとても身近なだけに、もっともっといろんな表現で世の中を活性化していけると思います。

 

そして私個人としては、今まで以上に大きな場面での発表の機会をいただくようになり、まさに今年がチャレンジの年となります。ぜひもっと多くの方に展示会に来ていただけることを心待ちにしています。

 

皆さまからの温かいご支援をお待ちしております。

 

 

プロジェクト詳細

 

◯今年のテーマ

”幼いころに感じた何か”

 

まだ詳細は決め兼ねているのですが、以下をイメージして作品製作を進めています。

 

熱を出し障子を閉じて電気を消した薄暗くシーンと静まり返った部屋…
一人寝ていると、熱のせいなのか頭がふわふわしたその視界の片隅。
天井や部屋の暗いところに何かの気配を感じたことがあった。
幼い時に薄ぼんやりと感じたなにかを表現した。

 

◯亀山トリエンナーレ2017での出展

・場所:三重県亀山市旧舘家 

・日程:2017年9月24日~10月15日 

・詳細:

 

◯写真家:KAO'RU(柴原薫)の展示会

・場所:銀座レトロギャラリー MUSEE

・日程:2017年12月20日~24日

 

◯活動の詳細はこちらから

 

 

 

リターンについて

 

1万円以上のリターンについては下記リンクより作品をお選びいただきます。

◯EYEシリーズはこちらから

◯FLOWERシリーズはこちらから

 

Beginning of Love(恋の始まり)

最新の新着情報