♪日田市立桂林小学校クラスコンサートレポート

 

11月27日、大分県日田市立桂林小学校にてピアニスト菊地裕介先生による学校クラスコンサートが開催されました。

 

日時 2017年11月27日月曜日

2時間目  四年生1・2組

3時間目  五年生1・2組

会場 音楽室

ピアノ  YAMAHA

 

プログラム

♪ベートーヴェン  エリーゼのために

♪ベートーヴェン  ピアノソナタ第1番「月光」全楽章

♪SEKAI  NO  OWARI  RPG

♪菊本るり子   MIDORI

♪ショパン  エチュード第12番「革命」

 

四年生クラスでは、合唱「SEKAI  NO  OWARI」「MIDORI」の二曲は翌日に行われる日田市の小学校合唱コンクールに向けて、菊地先生のピアノ伴奏で、合唱練習しました。

 

五年生クラスでは、合唱「いつでもあの海は」と合奏「キリマンジャロ」が、音楽の授業で練習中の二曲であり、菊地先生のピアノ伴奏で練習しました。

 

 

担任の先生から菊地先生のプロフィールをご紹介したあと、この貴重な時間を一緒に過ごせる事の大切さと、翌日行われる合唱コンクールを先生と一緒に練習することの有意義な意味をお話しされました。

 

菊地先生は早速、ピアノに座りながら、子どもたちがよく知っているベートーヴェンのエリーゼのためにを演奏され、ベートーヴェンについてのお話をまぜながら、「エリーゼのために」と「月光」の曲についてエピソードを詳しく丁寧にお話しして頂きました。

 

先生の分かりやすく、ベートーヴェンやショパンの時代の話になると、子どもたちの目はキラキラと輝いていました。

 

ショパンの「革命」の演奏では、菊地先生の素早い指の動きやダイナミックな演奏に釘づけに❗短い時間で簡潔に・淡々と演奏しながら説明する菊地先生はスゴい❗

ショパンの革命も空港の名前のお話しは、とても分かりやすくて、生徒さんたちもこの話を機に世界史とかに目覚めるのでは…思いました。

子供たちはもちろん、先生方も夢中に聞いてました。子供たちにも私たちにもとてもためになる、勉強になる授業でした。

最後は、四年生は菊地先生と翌日行われる合唱コンクールの練習。菊地先生の演奏やお話しの後でしたので、もぅノリノリの子どもたち‼こんなに子どもたちに影響を与えるとは!感激でした。

 

五年生の最後は、菊地先生と合奏の練習。先生の的確な分かりやすいご指導で、みるみるうちに演奏が変わり、担任の先生も校長先生もビックリされていました。

各クラスの終わりには子どもたちから菊地先生へ感謝の言葉と花束贈呈。

菊地先生は、「明日のコンクールは皆さんの心を一つにして頑張って下さいね」とおっしゃって下さいました。

 

✳校長先生のお話し

合唱コンクールを前にして、プロの素晴らしいピアニストの先生をお迎えして、こんな素晴らしい授業をして頂き、感激しました。

子どもたちが本物の音楽に触れる良い機会を与えて頂いて感謝します。

この活動が広がっていく事を願っています。

✳ピティナ日田ステーション(代表 高瀬  貴子)

小学校の音楽室でこんなに間近でピアニストの先生の素晴らしい演奏を聴いたり作曲家の話を聞くことは、子どもたちにとって生涯に残る貴重な体験と感じました。

子どもたちはこの様な体験を待っているんだ!と強く感じたクラスコンサートでした。菊地先生のベートーヴェン・ショパンの演奏は一つ一つ涙が溢れる素晴らしい演奏…

菊地先生、お忙しい中、本当にありがとうございました。

 

新着情報一覧へ