ホダ場は川の向こう側になり、橋が有りません。水路の上を渡り作業に行きます。幅がないため、重機や農業林業作業機械も入りません。機械もないですが、その為すべての作業を人力で行います。原木の搬入も手で行いました。梅雨時期になり川が増水するとホダ場に行けなくなります。その為周りの流木やごみ、木や土を片付ける作業が必要となり、許可を取り、処分場に搬入しなければなりません。仕事じゃない仕事が多くあります。この作業を天気と川の状態を見ながら、しばらく行います。一時間時給1銭にもならないです。河川ボランティアです。

新着情報一覧へ