【スポーツの「つなげる」力を通じて、荒川区を”自然な挨拶が飛びかう故郷(マチ)に】
NPO法人スポーツカントリーアンビスタ創設1周年を迎えた4月1日、法人の未来を担う新プロジェクトを発足しました。
『大人も子供も生涯にわたる「文武両道」を実現する新型施設、アンビスタハウスを設立!』
https://readyfor.jp/projects/12259

 

私たちのビジョンは、
『スポーツの「つなげる」力を通じて、荒川区を”自然な挨拶が飛びかう故郷(マチ)に”』
すること。

 

この想いをカタチにするための、大きな一歩を踏み出します。
このプロジェクトがカタチになるまでは、櫻井土地住宅社の櫻井社長はじめ社員の皆さま、城北信用金庫の皆さま、NPO法人コミュニティビジネスサポートセンターの皆さま、荒川区長秘書の出口さまなど、多くの方々のご支援・応援がありました。

 

皆さまの「荒川区をもっと良くしたい」という想いをすべて背負って、私たちが、カタチを創ります。

 

この施設ができたら、年齢も、性別も、技能も経験もなにも問わず、生涯にわたって地域住民の方々がスポーツを通じて出会い、繋がり、絆を育み、共に育ち、共に生きていく、そんな新しい地域文化を創造していきます。

 

そして、生涯にわたって心身ともに健康で笑顔でいっぱいの豊かな人生を送っていくお手伝いができればと思っています。

 

ここから2ヶ月間、長く険しい150万円達成への道のりが始まります。

 

All or Nothingというシステム、この想いがどれだけ多くの方に共感して頂けるかが試されます。

 

届けます。
貫きます。
そして、突き抜けます。

 

皆さまどうか、ご支援の程、よろしくお願い致しますー!!ヽ(*´∀`)ノ♪

 

『スポーツを愛するすべての人に最幸の環境を』

 

NPO法人スポーツカントリーアンビスタ代表理事
石尾 潤

 

新着情報一覧へ