私は岩手県出身で、小学校から大学まで、アルペンスキーをやっていました。

赤と青の旗をくぐりながら斜面を下り、タイムだけを競う競技です。

 

とにかく勝ちたかった。

そのために、北海道のチームに加わったり、

自分の学校の枠を越えていろんな人たちと出会いました。

 

その時一緒のコースで練習していた人は、

すごい人たちばかりで今でもその活動をフォローしています。

 

そのスキーヤーたちの、海外での活動やプロ意識は、私に大きな刺激と新しい常識をくれました。

もちろん、同郷の人とのつながりも。

 

今でも、地元・岩手県に帰ると、同じ世代で競った人たちとたまに飲んだりします。

なぜか分からないけど、同じスポーツを頑張ってきたというだけで、

あまり細かいことを気にせずに楽しくわいわい出来ます。

 

私の価値観の大きな部分は、そうやって出会った人たちから形成されています。

学校という1つのコミュニティを越えて、いろんな人に出会えて考えさせられることが多かったです。

 

このクラウドファンディングの企画、

あるいはスポーツカントリーアンビスタには、大きなワクワク感を感じています。

 

 

もしかしたら、地元サッカーチームの活躍を肴に、地元の人達の交流が活発になるかもしれない。

もしかしたら、大人と子どもの交流が、双方の多様な価値観を生み出すきっかけになるかもしれない。

もしかしたら、大人が子どもに刺激を受けて、「もっと頑張らなきゃ」と思うかもしれない。

 

それを見て、子どもが大人になることに夢を持てるかもしれない。

 

私は、NPO法人スポーツカントリーアンビスタの、代表石尾さんの活動を応援しています。

 

吉田 大樹

 

 

新着情報一覧へ