石尾さんとの出会いは知人の紹介。

荒川区で女子サッカースクールを運営する“熱いやつがいる”と。

私自身、トレーナー活動の一つに子供たちへの正しい運動の知識啓蒙をしたいと思っていたので、興味を持ち話を聞きに行ったのがきっかけ。

 

お会いしてすぐに事業に対する熱意がひしひしと伝わってきました。

チームスポーツであるが故女子サッカーが続けられず諦めてしまう子供たちがほとんど。

 

石尾さんはそれを本気で変えたいと願っています。

子供だけじゃない、スポーツを通して明るい地域社会を創ることを目指しています。

 

スポーツクラブで勤務していた私はその想いを大事にしたい、形にしたいと思いました。

運動に楽しみを。

そして色んな方が色んな形で関われるジムができたら。

私の提唱する、運動と交流をMIXして運動を始める人を増やす活動にもマッチしており、応援することを決めました。

 

今後具体的に協力することをお約束しています。

石尾さんの想いが形になれば、もっともっと子供たちの笑顔が増えるはず。

成長のきっかけになるはず。

それを見守る保護者世代も一緒に運動したくなるはず。

応援した我々も幸せになれるはず。

 

是非アンビスタハウスの設立にご協力ください!

 

植松 駿太

新着情報一覧へ