代表の石尾さんとは、サッカーという共通の競技と共に、

グラスルーツの環境改善ということで、お互いに目指している方向が一緒ということもあり、

お付き合いを持つようになりました。

 

私自身、東京に生まれ育ちましたが、幼少期の遊ぶ環境を比べると、

著しく自由に遊べる場所が減ってしまったと感じています。

遊ぶ場所がない事もあり、子供達も家の中でゲームなどをする生活パターンとなり、

悪循環に陥っていると思っています。

 

それによって、子供達にとって大切な時期に身体を動かす事が、出来なくなってきています。

また大都市らしい話ですが、地域の人達が集まって交流する場や機会も、併せて著しく減ってきています。

 

将来を思うと、本当にそれがいいのでしょうか?

 

これからの日本では、少子高齢化が不安視される中で、

改めて人と人との関わり合いが、大切になっていくと思います。

いろいろな人達が助け合って、社会や地域を支えていかねばなりません。

 

今回のプロジェクトは、スポーツと学びをキーワードにして、地域の結び付きの再構築や、

子供達にとって大切な身体を動かす場所を整備する内容です。

 

是非地域の方々にとって、憩いの場であり、楽しみの場として、

いつも多くの人が集う場所として整備されることを切に願っております。

 

長岡 茂

新着情報一覧へ