こんばんはー!

いしおです。

 

昨年度1年間をトライアルとして実施していた”Academia Ambista”。

先日、生徒から嬉しい言葉をもらいました。

 

「石尾コーチがAcademia Ambistaをつくってくれなかれば、

私はまったく勉強と向き合おうとしなかったと思う。

 

学年末の時に初めて100時間以上勉強できたのは自分が負けず嫌いだからできたってのもあるけど、

石尾コーチがスタディープラスとかでメッセージをくれたりしたから、

またがんばろうって思えました。」

 

トライアル期間を経て、続けるかどうか悩んでいたけど……

もう、後に引けないですね!(笑)

 

「毎週同じ場所に通って、同じ先生がいて、同じ仲間と学ぶ。そんな有り難い当たり前を、日常に。」

今回のプロジェクトは、この想いが火種となっています。

 

文武両道の支援に特化したアカデミーはずっと「やどかり」状態で、

毎週たまたま取れた区内の公民館などの会議室を転々とする自転車操業…


「今週はあそこ、来週はあっち、その次はどこも取れてないからちょっと待って……」

誰も不満は抱いていなかったかもしれませんが、

毎週違う環境で、安心感や雰囲気作りが難しいのは紛れもない事実でした。

 


「本気でサッカーをやりたい。上手くなりたい。

そのためには文武両道が大切、という自分の考えをちゃんともってAcademiaに入って、

それをやり切ることができたので、結果は満足いくものではなかったけど、100点です。」

 

「アカデミアは将来絶対に必要になることを学べる場所。

塾とは違って『勉強』を学ぶわけではなく、『人間性』などを学ぶところ」


「自分のことを好きといえるジブンに、少しはなれたと思う」


「アカデミアに入ってすごく文武両道に対する意識が上がった。」

 

もう、やめられません!!(笑)

 

 

このプロジェクト、なにがなんでも達成させて、

子どもたちにとって最幸の学び舎を創るんだ。

 

皆さまどうかご支援、ご協力の程、よろしくお願い致します。

 

 

新着情報一覧へ