こんばんはー

いしおです。

 

2月前から始めたプロジェクトも、

いよいよ残り2時間になりました。

 

これまで応援してくださった皆さま、

ありがとうございます。

 

心より感謝しています。

 

 

私たちが目指しているのは「生涯にわたる文武両道を実現する」ための施設を創ること。

 

育成サッカーに焦点を絞って言うと、目指すのはこの区で一強になることなんかじゃない。
すべては、子どもたちにとっての「最幸のスポーツ環境を創る」ため。

 

私たちアンビスタのスタッフは偶然恵まれて、サッカーを本気の「志事」にできたから、

そりゃ、活動時間も多くできるし、メニューや子どもたちのことを考える時間だっていっぱいある。

 

でも、この区には私たちなんかよりもっともっと厳しい環境下で、

それでも子どもたちにサッカーの魅力を伝えたくて頑張りまくっているサッカーバカがいっぱいいる。
グランドではもちろんライバル。


でも、そこを離れたら、私たちは子どもたちを愛する「同志」。

 

 

 

私たちがもっている『東京一子どもたちが成長するクラブ』を創るために

必要な知識・ノウハウ・マインド・スタンス、そのすべてを、オープンにした、

荒川区の指導者を対象とした研修会を月1回無料で開催しています。

 

そうやって大人が成長することで、この地域の各チームが強くなっていく、

グランドがさらに熱くなっていく。

 

その先に待っているのは、結局、私たちが指導している子どもたちのさらなる成長です。

追われる者は、追ってくるものの勢いが増せば増すだけさらに強くなる。

 

 

大人も子どもも楽しめる、スポーツと学びの複合施設を作ることは、

マチをつくるということ。

 

子どもも大人も共に学び、成長する最幸のスポーツ環境を実現するためには、

もっともっと設備に投資して+αしたいものがあるんです。


残り2時間、どうか、皆さまのご支援をお願いします。

 

 

 

新着情報一覧へ