プロジェクト終了報告

2018年01月12日

『ギソクの図書館』プロジェクト終了報告書

ご支援者の皆様

 

この度は『ギソクの図書館』プロジェクトをご支援頂き誠にありがとうございました。

ご報告が遅くなりまして申し訳ございませんが、ここにて収支報告をさせていただきます。

皆さまからご支援頂きました資金は、手数料を除きました金額が14,305,778円となりました。

そこからリターンの費用(郵送費、ステッカーなど)として60,600円、

オープニングイベント費用(音響、懇親会費用、ノベルティなど)として251,424円、

義足24本、膝継手6個およびその他の部品購入費として10,540,692円、

施工費(図書館設計、施工、ロゴプリント、刻印など)として1,000,000円、

義足2本、コネクタ2つ追加購入の費用として600,000円、

合計12,452,716円を使用させていただきました。

 

 

 

 

残りの資金1,853,062円を使い、板バネの追加購入も進めている状況です。今後さらなる義足や部品の追加購入やNPO法人設立費用に使用させて頂く予定です。

 

10月15日のオープンから4ヶ月間で計5回一般向けに開館し、義足ユーザーやギソクの図書館に興味関心のある方々にご訪問頂きました。

訪問者は日本からのみでなく、オーストラリアからの3歳の義足の女の子Sophieちゃんや、オランダのMarlou Van Rhidn 選手(ロンドンパラリンピック 200M の金メダリ ストとリオパラリンピック 100M と 200M の金メダリスト)とドイツの Heinrich. Popow 選手 (ロンドンパラリンピックとリオパラリンピック走り幅跳びの金メダリスト)にもギソクの図書館を訪問していただきました。

 

今後も月1回の頻度でオスポ(義肢製作所)主催のオスポランニング教室開催や不定期にギソクの図書館をオープンしていく予定です。また一般開館日以外の日程でご利用希望の方は、義肢装具士と同伴の上でご来館いただけましたら利用可能ですので、メール(pr@runforall.jp)にて予約連絡をお願い致します。

 

ギソクの図書館の今後の活動についてReadyforの新着情報とギソクの図書館HP(http://runforall.jp/)にて告知させて頂く予定です。


どうぞ引き続きご支援のほど宜しくお願い致します。