このプロジェクトでは継続的な支援を募集しています

出会った命を守りたい!マンスリーサポーター募集中!

出会った命を守りたい!マンスリーサポーター募集中!
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

マンスリーサポーター総計

173
このプロジェクトでは無期限で寄付を募集しています。「毎月」のコースで支援した場合、すでに完了した決済をキャンセルすることはできませんが、将来の決済を解約することができます。

    https://readyfor.jp/projects/127046?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロジェクト本文

 

ページをご覧頂きましてありがとうございます。

 

 

NPO法人にゃいるどはーと代表の東江ルミ子と申します。

 

 

目の前の命を救いたい!出会った命を守りたい!と、埼玉県を拠点に犬と猫の保護活動を行なっています。

 

 

2021年には埼玉県の三芳町で、飼育放棄により劣悪な環境に置かれている猫22匹、犬1匹を救うためクラウドファンディングでご支援を頂き本当にありがとうございました。

 

22匹の猫と犬1匹は、病気や高齢で看取った猫もいましたが、ほとんどの猫が新しい家族が見つかって幸せに暮らしています。

 

 

その後も、埼玉県、千葉県、東京都など、「多頭飼育崩壊」や「飼い主の死亡や施設への入院」、「ブリーダーの廃業」等で取り残された犬や猫たちの保護に対応する日々が続いています。

 

 

2022年は犬21匹、猫88匹を保護しました。

 

 

皆様のご支援やご協力でこれまでなんとか対応できましたが、想定外の医療費と保護費が発生し、運営資金はさらに切迫しています。

 

 

それでも、「目の前の命を守りたい!」ただひたすらその事だけを思い、諦める事はできません。

 

そんな想いから、にゃいるどはーとを継続的に応援していただけないかと「マンスリーサポーター」を始めることを決めました。

 

 

皆様からの温かい応援をよろしくお願いいたします。

 

▼ 画像をクリックすると、動画が再生されます。

 

 

 

 

この活動は2009年に、私が僅か200gの手のひら程の小さな黒猫「ちび黒」を瀕死の状態で発見し、保護した事から始まりました。

 

ちび黒の保護をきっかけに野良猫や犬の厳しい生活を知り、小さな命のバトンをつなげるため8年間個人でシェルターを借りて活動していました。

 

 

しかし、個人では限界を感じ、2017年から特定非営利活動法人の認定を受け、現在は埼玉県吉見町と朝霞市、新座市にシェルター3箇所、東京都豊島区と沖縄県宜野湾市に保護猫カフェ2箇所を拠点に、保護した犬や猫たちを愛情ある里親さんに引き継ぐ活動を行なっています。

 

 

現在は3つのシェルターには合計犬130匹、猫300匹以上がいます。

 

 

活動を始めていた当初は、主に猫のTNRと僅かな数の猫の保護でしたが、次第に犬や猫の「多頭飼育崩壊」や「飼い主の死亡・施設への入院」、「ブリーダー廃業」に伴う、取り残された猫や犬のレスキューの相談が増えてきました。

 

 

そしてコロナ禍の2023年、埼玉県でブリーダーの廃業によって、49匹のチワワと23匹の猫の行き場がなくなり救出しました。

 

▼ 画像をクリックすると、動画が再生されます。

 

 

チワワは全部で49匹でした。

 

49匹のチワワのうち、メスは30匹で、そのうち21匹が妊娠していました。

 

 

レスキュー後まもなく2匹のチワワが帝王切開で出産し、その後も出産ラッシュが続きました。

 

結果、帝王切開が7匹、普通分娩は14匹でした。

 

普通分娩でなかなか産まれず、夜間に急遽、帝王切開になった子もいます。

 

子犬は全部で38匹産まれました。

 

 

チワワの帝王切開は慎重な判断と高い技術が必要になる為、1匹の帝王切開の手術代は12万円です。

 

また、夜間の帝王切開は時間外診療の為、1匹30万円にもなります。

 

保護当初のチワワの医療費だけで、200万以上になりました。

 

出産費用だけでなく、保護した後や、産まれた子犬のケア等のこれからの医療費も莫大になることが推測されます。

 

 

 

このように、毎年、様々な場所から犬や猫の救出すると莫大な医療費がかかります。

 

 

 

多頭飼育崩壊で救出する犬や猫は、元の飼い主が経済が困難で飼えなくなった事が多く、医療費や保護費はにゃいるどはーとが負担します。

 

また、ほとんどの犬や猫が最初から医療が必要な状態の子が多いのが現状です。

 

 

 

保護したら終わりではありません。

 

保護したところからスタートです。

 

 

活動を始めた当初のシェルターも慢性的な定員オーバーのため、2020年に朝霞市にもう1カ所シェルターを増やし、2021年には新座市にシェルターを設けました。

 

これまでも皆さまからの温かいご支援とYouTubeでの収益金でなんとか対応してきましたが、想定外の医療費がかなり運営を圧迫しています。

 

 

3つのシェルターと2つの猫カフェで毎月の家賃が113万円。

 

光熱費は比較的エアコンの使用が少ない5月で28万2千円です。

 

その他を合わせると、運営費と医療費で毎月約400万円以上かかりますが、暑さや寒さが厳しい年は暖房・冷房代が高騰するので光熱費も高くなります。 

 

 

また、これからも「多頭飼育崩壊」や「飼い主の死亡・施設の入居」、「ブリーダー廃業」から保護した犬や猫は莫大な医療費が必要となります。

 

    

今回、皆様から頂いたご支援は、にゃいるどはーとで運営するシェルター運営費と医療費に充てさせて頂きます。

 

 

毎月ご支援して頂けるサポーターの皆様がいらっしゃれば、保護猫・保護犬たちを安定的に維持できます。

 

 

▼さち

 

福島からのSOSにより、外で生活していたところを保護した猫です。

先天性なのか、それとも野生の動物に噛まれたのか、唇に障害があります。

免疫力が弱く、投薬がかかせません。

自傷行為で自分の被毛を毟り取っていしまうので、普段はエリザベスカラーをしています。

心に傷が残っているのかもしれません。

少しずつですが、スタッフにも甘える様になりました。

 

 

 

▼みかさ

 

猫が倒れていると電話があり、慌てて保健所に行く寸前に保護しました。

交通事故に遭ってしまったのか、下半身が不随で毎日の圧迫排尿が必要です。

 

 

 

 

 

<つよし>や<みかさ>他にも扁平上皮癌の<ウルフ>、てんかんの<ぽんちょ>、全盲の<あげお>

 

 

常時酸素室に入っている子や、スタッフが介助しながら食べる子もいます。

 

どんな子も一生懸命に生きようとしています。

 

 

 

 

様々な事情でにゃいるどはーとの保護っ子になった子達。

 

1匹として幸せな環境から保護っ子になった子はいません。

 

身体にハンデが有る子も健康な子も、例外なく不幸な境遇にあった子です。

 

 

 

里親さんに出会える子も、ハンデがある子も健康な子も、どの子にも楽しく暮らせてもらえる様に、

 

にゃいるどはーとは全力で守って行きたいと思っています。

 

 

にゃいるどはーとをいつも応援して頂いている皆様。

 

そして、今回、初めてにゃいるどはーとを知って下さった皆様。

 

直接お声を聞く事は叶わなくとも、たくさんの方々に支えられていると日々、実感しています。

 

本当にありがとうございます。

 

 

にゃいるどはーとの日々の活動はYouTubeチャンネル「リアル犬猫保護活動」、「にゃいるどハウス」でご覧になることができます。

 

また、ツイッター(x)の「NPO法人にゃいるどはーと」、「清瀬にゃんくる荘」、「海の見えるチワワと猫のカフェ(沖縄)」でもご覧になれます。

 

 

これからも、出会った命を守り続けていくために、精一杯取り組んでまいります。

 

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 ▼交通事故で半身不随になったみかさへ手作りの車椅子をプレゼント。(画像をクリックすると、動画が再生されます。)

 

 

<留意事項>
・ご支援にあたり、利用可能な決済手段はこちらをご覧ください。(リンク
・本プロジェクトでは、お1人様1コースへの支援となります。複数コースへのご支援は出来兼ねますのでご了承ください。
・本プロジェクトでは、毎月の継続的なご支援を募集しています。初回ご支援時に1回目の決済が行われ、翌月以降は毎月10日に決済が行われます。ご支援に関するご質問は、こちらをご覧ください。(リンク
・ご支援確定後の返金は、ご対応致しかねますので何卒ご了承ください。翌月以降のキャンセル(解約)については、こちらをご覧ください。(リンク
・コースを途中で変更することはできません。お手数をおかけしますが、一度支援を解約していただき、ご希望のコースに改めてご支援ください。支援の解約方法は、こちらをご覧ください。(リンク
・ ご支援完了時に「応援コメント」としていただいたメッセージは、本プロジェクトのPRのために利用させていただく場合があります。

寄付金が充てられる事業活動の責任者:
東江ルミ子(にゃいるどはーと)
団体の活動開始年月日:
2009年10月18日
団体の法人設立年月日:
2017年2月22日
団体の役職員数:
10〜29人

活動実績の概要

埼玉県を拠点に犬と猫の保護活動を行なっています。 2017年には特定非営利活動法人の認定を受けました。 埼玉県吉見町、朝霞市、新座市の3箇所のシェルターと、東京都豊島区、沖縄県宜保湾市に猫カフェがあります。

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/127046?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

目の前の命を救いたい!出会った命を守りたい!と、ただひたすらその思いで、犬と猫の保護活動を行なっています。 2017年から特定非営利活動法人の認定を受ました。 現在は埼玉県にシェルター3カ所、東京都豊島区と沖縄県宜野湾市に保護猫カフェ2カ所を拠点に、保護した犬や猫たちを愛情ある里親さんに引き継ぐ活動を行なっています。 にゃいるどはーとの活動は、YouTubeの【リアル犬猫保護活動】でご覧になることが出来ます。

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/127046?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

コース

1,000円 / 月

毎月

毎月応援1000円コース

毎月応援1000円コース

・お礼のメールをお送りいたします。(初回)
・通常の活動報告の他に、ご支援者様限定の活動報告をさせて頂きます。(不定期)

2,000円 / 月

毎月

毎月応援2000円コース

毎月応援2000円コース

・お礼のメールをお送りいたします。(初回)
・通常の活動報告の他に、ご支援者様限定の活動報告をさせて頂きます。(不定期)

3,000円 / 月

毎月

毎月応援3000円コース

毎月応援3000円コース

・お礼のメールをお送りいたします。(初回)
・通常の活動報告の他に、ご支援者様限定の活動報告をさせて頂きます。(不定期)

5,000円 / 月

毎月

毎月応援5000円コース

毎月応援5000円コース

・お礼のメールをお送りいたします。(初回)
・通常の活動報告の他に、ご支援者様限定の活動報告をさせて頂きます。(不定期)

10,000円 / 月

毎月

毎月応援10000円コース

毎月応援10000円コース

・お礼のメールをお送りいたします。(初回)
・通常の活動報告の他に、ご支援者様限定の活動報告をさせて頂きます。(不定期)

20,000円 / 月

毎月

毎月応援20000円コース

毎月応援20000円コース

・お礼のメールをお送りいたします。(初回)
・通常の活動報告の他に、ご支援者様限定の活動報告をさせて頂きます。(不定期)

30,000円 / 月

毎月

毎月応援30000円コース

毎月応援30000円コース

・お礼のメールをお送りいたします。(初回)
・通常の活動報告の他に、ご支援者様限定の活動報告をさせて頂きます。(不定期)

プロフィール

目の前の命を救いたい!出会った命を守りたい!と、ただひたすらその思いで、犬と猫の保護活動を行なっています。 2017年から特定非営利活動法人の認定を受ました。 現在は埼玉県にシェルター3カ所、東京都豊島区と沖縄県宜野湾市に保護猫カフェ2カ所を拠点に、保護した犬や猫たちを愛情ある里親さんに引き継ぐ活動を行なっています。 にゃいるどはーとの活動は、YouTubeの【リアル犬猫保護活動】でご覧になることが出来ます。

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る