プロジェクト概要

全盲選手が4人以上グランドにいることが条件!全国覇者などの強豪6チームを招いたチャンピオンシップを開催したい!

 

はじめまして、NPO法人ふれ愛ぴっく大阪クラブの藤森洋幸です。2000年に設立し、「グランドソフトボール競技の普及・発展に寄与すること」を目的に活動を続けてきました。設立10周年を機に、全国大会の覇者を中心に日本トップクラスの強豪6チームに参加いただき、真の日本一を決める「ふれ愛カップ争奪グランドソフトボール大会」を毎年秋に大阪で開催しています。

 

しかし、グランドソフトボールをする全盲、弱視の方々は、経済的に豊かではないケースも多く、遠征などの費用を圧縮するために、夜行バスなどで参加するチームもあります。大会運営側の私たちも、競技人口の減少や高齢化などのあおりを受け、年々大会運営がこんなになり、参加チームの出場費を助成することが難しいのが現状です。

 

そこで、チーム(参加者)や競技役員の負担を少しでも減らし、最高のプレーを繰り広げてもらうために、このクラウドファンディングプロジェクトを立ち上げました。今回は、参加していただく6チームと競技役員へ合計50万円の交通費および宿泊費の負担軽減を図る予定です。

 

限られた時間・厳しい経済状況の中で練習を重ね、日本トップクラスにまで上り詰めてきた彼らが、さらなる頂きを目指して持てる力を発揮できる大会にするために、どうか皆さん応援いただけないでしょうか。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
ピッチャーは必ず全盲の方。しかし投げるボールは変化球も織り交ぜさまざまです

 

昭和初期から続くグランドソフトボール。そのプレーを初めて見た方は驚きの連続のはず。

 

グランドソフトボールとは、昭和初期から盲学校を中心に「盲人野球」として始まった伝統のある競技です。現在の競技人口は1,000名程度。1チーム10名で行い、4名以上の全盲選手がいることが条件になります。ボールに鈴やセンサーがついているわけではなく、転がる微かな音や手ばたきで方向を頼りに行うとても集中力と練習・経験が必要になる高度な競技です。

 

まったく見えないにも関わらず、バットでボールを打つ姿、飛んでくるボールを捕球する姿、そして、全力で走る姿に、初めて見る人は必ず驚かれると思います。

 

見える見えない関係なく全員が全力を尽くしています

 

全力で取り組み、その成果を100%発揮したい!それだけなのに、彼らを取り巻く環境はあまりにも厳しい。

 

グランドソフトボールをする全盲、弱視の方々は、あん摩や鍼、灸などを普段されていることも多く、大会に参加する活動費用が潤沢にあるとは限りません。しかし、そんな中でも、自分で活動費用と時間を可能な限り捻出して練習を重ねています。

 

普段から活動するだけで精一杯な彼らを、一層苦しめるのは遠征費です。チームでの移動は介護者の帯同が必要になり、選手10名+スタッフ・介護者10名ほどと大所帯になりがちです。経費を削減するために、夜行バスなどで会場に来て、試合後すぐに帰る、といったハードスケジュールをとることも少なくありません。

 

このような厳しい環境を少しでも改善し、選手には全力を尽くせる環境を!観戦者が素晴らしいプレーを見る機会を!つくっていきたいと考えています。

 

夜行バスで移動、翌日試合というハードスケジュール

<ベテラン選手の想い>

小さい頃からスポーツが好きだった私は、盲人野球(グランドソフトボール)を続けて約55年になります。現在も現役としてこのスポーツを楽しんでいるのですが、加えて、多くの仲間(酒飲み友達も)与えてくれたという点で、グランドソフトボールには感謝しています。長年続けていましたが、一番印象的だったのは、2015年に開催された東京大会でのこと。三塁手で攻守にわたって多くの観戦者を沸かせるようなプレーができたと思っています。もうすぐ70歳になっても、そのようなスポーツの醍醐味を感じるようなことができたのも、仲間やボランティアがいつもそばにいて、続けてくることができたからです。

 

そうは言っても、徐々に減り続ける競技人口に寂しい思いをすることも少なくありません。頻繁に遠征をして、全国の強豪と試合をするといったことは難しいですが、この大会のような、全国の強豪を相手にできる機会を得るためにも、頑張っていきたいと思っています。

 

すべてが日本トップクラスの試合!真のチャンピオンを決める大会が「ふれ愛カップ争奪グランドソフトボール大会」です

 

グランドソフトボールは、全日本グランドソフトボール選手権や全国障害者スポーツ大会などの日本一を決める大会や、ふれ愛グラソフジャパンリーグ、広島おりづる杯争奪グランドソフトボール大会・西日本リーグなどの大きな大会があります。そして、各大会の優勝チームや地区予選優勝チーム、選抜チームなどを6チーム集めて、頂点を決するのが「ふれ愛カップ争奪グランドソフトボール大会」です。

 


▶2017年度 ふれ愛カップ争奪グランドソフトボール大会

日時:2017年9月24日(日)

会場:大阪府立久宝寺緑地 陸上競技場(大阪府八尾市西久宝寺323)

http://www.osaka-park.or.jp/nanbu/kyuhoji/main.html

雨天時:中止(※1)

 

▶出場チーム

①広島Miracle Bonds(第16回全国障害者スポーツ大会優勝/第18回広島おりづる杯争奪グランドソフトボール大会優勝)

②愛媛県(第17回全日本グランドソフトボール選手権大会優勝)

③セイガンズ(2016ふれ愛グラソフ・ジャパンリーグ優勝)

④調整中

⑤調整中(第17回全国障害者スポーツ大会近畿地区代表)

⑥2016ふれ愛グラソフ・ジャパンリーグ選抜チーム


 

日本シリーズやWBC、W杯、オリンピックなどは見るけど、普段はあまりという方の理由の一つは、繰り広げられるプレーが最高のものであるから!というものもあるでしょう。より多くの人にグランドソフトボールのプレーを見ていただきたい!感動していただきた!と思い、始まったこの大会をこれからもずっと続けていきたいです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
宜しくお願いします!!

 

グランドソフトボールは、数少ない障害者と健常者がともに戦う日本発の競技!もっと広く世界に発信していきたい!

 

グランドソフトボールはスポーツ競技の中でも、障害者と健常者がともに戦う競技です。ダイバーシティという言葉が広がるよりもずっと前から、垣根を超えて、同じ目標に向かって努力を重ねる姿勢がここにはありました。

 

実はこの競技は日本で生まれたものです。広く世界の人にも体験してほしいと、アメリカケンタッキー州へ2チームを帯同し、現地の視覚障害者の方々と交流もしました。昨年の全日本グランドソフトボール選手権大会に台湾チームを招待されました。

 

日頃の努力を結実し、障害の有無に関係なく力を合わせ、最高のプレーを披露する舞台をこれからも継続していくために、どうか応援よろしくお願い致します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
ケンタッキー州での交流活動
A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
みなさんよろしくお願いします

 

◇◆◇ご支援金の使用用途◇◆◇

皆さまからご支援頂いたご支援金50万円は、参加していただく6チームへ計30万円、競技役員には計20万円の助成をおこなわせていただきます。

 

(※1)雨天時、大会は中止となりますが、遠征費などは発生してしまうため、必要最低分は助成を行います。大会実施日(2017年9月24日)以降、大会の実施可否によらず、収支報告はさせていただきます。


最新の新着情報