プロジェクト概要

 

獣害として捕獲される鹿の部位を加工した『天竜鹿のハーブジャーキー』のパッケージをデザインしたい!

 

はじめまして。浜松でアロマクラフトショップ「シャツカンマー」を営業する、池永ちこと申します。以前は子育てをしながら看護師の仕事をする生活が始まりました。以前との環境の違いに身体は疲れ果てましたが、そんなとき私を癒してくれたのがアロマとハーブでした。

 

お陰さまで現在は、3人の息子と5歳になるゴールデンドーゥドルのシュワルツ、2歳のゴールデンリトリバーのエヴァ、優しい主人に支えられ犬中心の生活を送っています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
わたしと愛犬たちです!

 

わたしが暮らしている静岡県浜松市天竜では、イノシシや鹿に作物などを食い荒らされる深刻な”獣害”が起きています。世の中では獣害対策のひとつにもなるジビエブームも起きていますが、人が食べられる鹿の部位はわずか1/8…。しかし犬は、人が食べられない部位も食べられるのです。そこで犬が食べられる天竜鹿のハーブジャーキーを作りました!

 

もっとたくさんの愛犬家に、天竜鹿のハーブジャーキーが届けられるように、素敵なパッケージデザイン及びより多くの方々に天竜鹿を知っていただけるようにとパンフレットとポスターをつくりたいと思っています。その制作費にデザイナーさんによるデザインとパッケージ代に50万円が必要です。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します!

 

 

空前のジビエブーム…しかし鹿肉は人が食べられない部位がたくさん。実は多くが廃棄されてしまっています。

 

世は空前のジビエブームです。春野町のような中山間地域でイノシシや鹿は農作物を食い荒らす、いわば“天敵”。獣害として駆除された鹿がジビエとして食べられていることは、日々のメディアでよく取り上げられています。

 

天竜の森林はイノシシや鹿により荒らされています…

 

本格的な加工施設「ジミート」では、おいしく健康的な加工食品をたくさんの人に提供しています。しかし、人間が口にできる鹿の部位はわずか1/8です。そのため、今までは他の部位は処分せざるを得ませんでした。

 

 

天竜鹿はオーガニックの最高峰!犬も安心して食べられる鹿肉×ハーブジャーキー

 

私は人間の都合で駆除されてしまった鹿の命を隅々まで感謝していただくことが、鹿に対してせめてもの供養ではないかと考えています。そこで思いついたのが、”残りの部位の一部をジャーキーとして加工する”という今回の案です。

 

人間が硬くて食べられない部位はコラーゲンやカルシウムが非常に多く、内臓は豊富なビタミンやミネラルを含んでいます。実はこれが犬にとってパーフェクトフードなのです!ドックフードとして骨・筋・内臓を利用できれば廃棄率も格段に減ります。

 

愛犬にも安全なごはんを食べてほしいですよね…

 

また、現在流通している安価なドックフードには、合成着色料や保存料といった人が食することのない添加物が多く含まれます。昨今の犬のアレルギーやガンの増加にこれらが関係ないとは言いきれません…。そこで、浜松家畜病院の獣医さんと協力して、残りの鹿肉と私の本業であるハーブを調合した安心のジャーキーを開発しました。それが『天竜鹿のハーブジャーキー』です。

 

 

かっこいいパッケージ、センスのいいパンフレットとポスター。『天竜鹿のハーブジャーキー』をデザインしてたくさんの人に知ってほしい!

 

春野町のジミートから送られてきた鹿肉・内臓・骨は大切な家族に食事をつくるように、ジャーキーとして丁寧に加工されます。ジャーキーを一人でも多くの愛犬家に届けるため、プロのデザイナーさんに頼んで『天竜鹿のハーブジャーキー』のパッケージ及びパンプレットとポスターを制作したいと思います。

 

『天竜鹿のハーブジャーキー』を食べる犬が多くなればなるほど、無駄に捨てられている鹿の命も救われます。そして、今回のプロジェクトをきっかけに、天竜鹿からいただいている命のありがたさをたくさんの人に知ってもらいたいです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
天竜鹿のハーブジャーキーをおいしそうに食べてくれます


 

 

プロジェクトははじめの一歩!次のステップは安心安全のドックフード!
皆さま、ご支援よろしくお願いします。

 

プロジェクトを成功することができれば、天竜鹿ドックフードの加工も視野に入れることができます。犬の寿命は人間の1/5。飼い主さんは、犬に健康で長生きしてほしいものですよね。いつまでも一緒に過ごしたいという想いから、次のステップでは安価で安心安全のドックフードを開発したいと思っています。

 

また、天竜鹿で春野町が盛り上がれる、人間と犬の憩いの場の構想も練っています。ノーリードで散策できる森の散歩、どこまでも走っていける広々したドックラン、犬と一緒にジビエが楽しめるレストランにキャンプ場…(妄想が止まりません)。今回のプロジェクトは、これからは始まる夢への一歩です。

 

どうかご支援をお願い致します!

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)