プロジェクト概要

 

限られた空間から外へ飛び出そう!
養護施設の子どもたちを招いてサマーキャンプを開催
非日常の体験を通して、養護施設の子どもたちに元気を届けたい!

 

みなさま、はじめまして!NPO法人JOYFULです。

わたしたちは、東京・神奈川にある10箇所の児童養護施設にて、ボランティア講師が英会話レッスンを行っています。英語を話せる事で将来の選択肢が増え、いろいろな国の人との関わりにも慣れてもらったり、子どもたちが日常生活の中では出来ない新しい経験を通して成長できるように、施設の方々のご協力を頂きながら、英会話を通してクリスマスやハロウィンパーティーなど様々な活動を行っています。

 

 

わたしはフィリピンで生まれ、自分の故郷で困難な環境にある子どもたちの苦境をダイレクトに感じ、ずっと心の中で引っかかっていました。

 

わたしはフィリピンで生まれ、自分の故郷で困難な環境にある子どもたちの苦境をダイレクトに知りました。そのことが、フィリピンの子どもたちを支援する仕事に目覚めさせ、NPOを立ち上げることに繋がっていったのです。

 

長年日本に根を下ろし暮らすようになってから、この地をふるさとのように感じ、この国で頂いた暖かさ・優しさに何かお返しをしたいと思っていました。自分が外国人であっても分け隔てなく接してくれましたし、特に地震の時には精神面でも支えてもらいました。礼儀を教わり、規則正しく、我慢強いところはとても学びになりました。こうした事を通して、自分が成長し、日本の法の下、人間的に成長出来たと思います。

 

わたしは20年以上の講師経験を生かし、児童養護施設の子どもたちのため、2007年に相模原市の養護施設で英会話レッスンのボランティアを始めました。アリス英会話の外国人スタッフたちと一緒に、現在活動を行っております。

 

 

あなたの助けを求めているのは海外の貧しい子どもたちだけではありません。
日本でもたくさんの子どもたちがあなたの愛を必要としています。

 

子どもの貧困問題は、けっして発展途上国だけの問題ではありません。いま日本は、格差社会と言われ、「持てるもの」と「持たざるもの」の格差が固定化し、広がっています。日本のこどもの貧困率は上昇は著しく、子どもを取り巻く環境が急速に悪化していることに、みなさまはお気づきでしょうか?


日本では35,000人以上の子どもたちが様々な理由により親と離れて暮らしており、その85%以上の青少年は児童養護施設で生活しています(平成25年2月1日厚生労働省調査)。 その一部は両親を亡くした子どもたちですが、多くは親の虐待や育児放棄などで親と引き離されています。日本では里親や養子制度は浸透していないので、子どもたちにとって18歳で高校を卒業するまで施設で暮らさなければなりません。

 

経済的に苦しい家庭、ひとり親家庭、また、児童養護施設で暮らす子どもたちは、さまざまな困難な状態にあります。地域や親族とのつながりが、ますます希薄になる状況のなかで、進学をあきらめる子も多く、可能性を奪われた子どもたちの目の輝きは、失われつつあります。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

困難な環境で生まれ育った子どもたちと一緒に、様々な活動をしています!

 

日本にはたくさんの養護施設があります。JOYFULでは、日本を愛する外国人ボランティアが中心となって、困難な環境で生まれ育った子どもたちに、英語レッスンや様々な支援を行っています。施設の子どもたちは愛され、周りの人からの関心を必要としています。そんな私たちの愛と支えが、子どもたちに自信を持たせ、成長をもたらすという信念を持ち、日々活動しています。

 

■ セミナーワークショップ

英会話講師・ボランティアのための英語指導方セミナーワークショップも開催しております。 このセミナーを通して更に多くの講師が育ち、児童養護施設に子どもたちのために全国各地で英会話レッスンを実施されています。講師の居住地近隣、指導可能なエリアにて、養護施設へ個別にコンタクトを取らせていただいて、ボランティアにお伺いしております。

 

■ マジックショー

子どもたちに楽しい経験を届けようと、マジシャンを招いてショーを開催しました。披露してくれたパフォーマーの方もボランティアで出演して下さり、目の前で繰り広げられるマジックに子どもたちの目も輝いていました。

 

■ バザーへの出品、お手伝い

児童養護施設で開催されるバザーに物品の提供、販売のお手伝い、スイーツショップの出店などで参加し、売り上げ金は全て養護施設に寄付してきました。クリスマスコンサートでの募金活動や、古着を集めて50キロの段ボールひと箱分をフィリピンの子どもたちへお送りさせていただいたり、それらの費用は養護施設再建の費用に充当され高校を卒業後に巣立つ準備金の一部として使っていただきました。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
子どもたちの大切な思い出づくりにキャンプとしてもこの活動を続けていきます!

 

JOYFULでは、毎年
養護施設の子供たちを招いてサマーキャンプを開催しています!

 

年間イベントの一環として児童養護施設の子どもたちを招いてのサマーキャンプを実施しています。 ボランティアである外国人の一人が支援者であるインターナショナルスクールLCAの講師であることから、LCA様のご好意でキャンプ場を無料でご提供頂き、BBQやキャンプファイヤー、虫取り体験、すいか割り、サイクリング、花火、釣りなど、日常では出来ない体験を楽しんでもらっています。多くの子どもたちが毎年楽しみにしていて、嬉しいことに回を増す毎に参加者が増加しています。


★キャンプの参加者からのコメントやレビュー

 

・とても楽しい経験をありがとうございました。来年もまた参加したいと思います。(参加した子供)

・みんなで歌を歌ったり、ポップコーンを食べながら映画を見たのが楽しかったです。来年が楽しみです。(参加した子供)

・とても疲れましたが、子どもたちが楽しんでいるのを肌で感じて満たされて、気持ちが幸せになる機会でした。(養護施設教諭)

 

児童養護施設の子どもたちは一年中、同じ場所で過ごしています。この子どもたちが、外で過ごし、野外活動、外国人との触れ合い、車での遠出、釣りを楽しむなどを通して、小さなユニットの中で暮らしながら、施設での生活では経験出来ない事を年1回経験する機会をあげたいと始めました。初回は8名のみでのスタートでしたが、回を増す毎に参加を希望する子どもたちが増えています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
さまざまなイベントで募金活動やチャリティー活動を行っています。

 

毎年開催する養護施設の子どもたちのサマーキャンプ開催のため、
どうか応援をよろしくお願いいたします!

 

わたしたちは、養護施設で暮らしている子どもたちが英会話レッスンを通し学力や知識を身につけていくことと同時に、外国人と触れ合うことで異文化を知ることができ世界を広げることが出来ればと思っています。彼らと一緒に遊び、時間を共にすることで彼らは愛されていると感じて欲しい。そんな思いを込めて私たちJOYFULは困難な環境の子どもたちに学習支援活動を行っています。

 

JOYFULのゴールは子どもたちを幸せにすることです。

お金で買えない幸せをこのキャンプで子どもたちに上げたいと思っています。日常生活の中では出来ない経験をすることの喜び、新しい経験をすることで子どもたちが成長出来た事を感じているからだと思います。みなさまからのご支援をいただき、子どもたちへの大切なプレゼントとして贈りものをしたいと思っています!

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

どうか温かいご支援を、よろしくお願いいたします!

 

応援お願いいたします!

 


ご支援いただいた方々へ、お礼をさせていただきます。

 

■ 3,000円コース:子どもたちからのサンクスレターまたはカード

 

■ 10,000円コース:子どもたちとスタッフからのビデオレター、ボランティア講師との60分無料英会話スカイプレッスン

 

■ 30,000円コース:子どもたちとスタッフからのビデオレターとボランティア講師との60分無料英会話スカイプレッスン3回

 

■ 50,000円コース:御社のロゴをJOYFULのHP,facebook ページに1年間掲載
※画像はJOYFULのメインスポンサーであるALIS英会話のロゴです。

 

■ 100,000円コース:御社のパンフレット配布、JOYFULのHP,facebookに御社のロゴ掲載(1年間)、御社にネイティブ講師がビジネス英語のレッスンに伺います。90分レッスン×4回

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)