バブーシュなどの革製品が有名なモロッコ。

 

現地に行くと、雑貨屋さんなどで買い物をしたい! という思いも湧いてくるのですが、それよりも好奇心を駆られる場所があります。それが、革製品が作られる過程を見ることができる工場です!

 

工場と言っても、機械が並び「ガタンガタン」と大きな音が響きわたっているわけではありません。屋根すら無いんです。日本の工場とは全くの別風景のモロッコ・フェズの皮なめし工場では、”皮”を”革”として加工するまでの全過程を一箇所で行っています。

 

格子状に並べられた容器には、染色液が入っています。

 

そして、驚くことに、ここで行われている製法は14世紀から続いているのだとか! 工場の風景も14世紀からほとんど変わりません。

【キャプション】工場で働く人たち

 

今回は、皮なめし工場のご紹介をしました。

 

次回からは、この工場で行われている「皮なめし製法」をお伝えしたいと思います。

 

新着情報一覧へ