エベレスト街道の名峰アマダブラム登頂の感動をみんなで共有したい

エベレスト街道の名峰アマダブラム登頂の感動をみんなで共有したい
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は3月18日(月)午後11:00までです。

支援総額

438,000

目標金額 1,000,000円

43%
支援者
44人
残り
16日

応援コメント
OHK
OHK21時間前頑張ってください! とにかく無事に帰ってきてください!頑張ってください! とにかく無事に帰ってきてください!
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は3月18日(月)午後11:00までです。

    https://readyfor.jp/projects/131897?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロジェクト本文

 

自己紹介

 

私は高校時代に山岳部に入部してから現在までの45年余り、通年で登山やトレッキングを趣味として楽しんでいます。

 

その傍ら、近くにある日本三名山白山や日本百名山荒島岳では環境省自然公園指導員(2022.11藍綬褒章受章)として登山者やハイカーに対して登山や自然観察のガイドを、荒島岳では環境保全活動団体(2023.12環境大臣表彰受賞)メンバーとして山開きや登山道補修、登山標識の設置、遭難者捜索救助活動へのサポートなどを、荒島岳の麓では人力車グループメンバーとして人力車で城下町を観光案内しています。

 

荒島岳ガイド
荒島岳山麓スノーシューガイド
遭難対策キャンペーン活動
荒島岳山開きセレモニー
北アルプス北穂高岳登攀中
人力車で城下町を案内

                   

また「いつかはエベレストをできるだけ近くで見たい!」という夢を30代の頃から強く抱くようになり以来20数年間は月に2回程度を目標に登山トレーニングを続けてきました。そして2019年にヒマラヤ環境の下見で初めてネパールを訪れ、2021年には会社を早期退職していつでもヒマラヤ旅に行けるよう備え、2022年秋にようやく「いつかはエベレストをできるだけ近くで見たい!」という夢を叶えることができました。

 

今回2024.秋のヒマラヤ旅は、私自身も初めてとなる、①ヒマラヤにおける氷と岩稜登山、②最高標高約6,800mのピークを目指すという2つの目標にチャレンジするプロジェクトになります。アマダブラムの近くにはエベレストやローツェ、チョ・オユーなど8,000m級の山々が多数そびえており、アマダブラム頂上アタックの際にどのような展望が広がってくるのか、ワクワクしてきます。ぜひ、サポーターの皆様と一緒に素晴らしいヒマラヤ展望のワクワク感・高度感を楽しみましょう!

 

 

プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

2022年秋のヒマラヤ旅の際には家族や職場のほか友人・知人・山仲間など多数の方々から応援やサポートをいただき無事出発することができました。そして帰国後もサポートいただい方々をはじめ様々な方々から報告会のリクエストを受け20回程度の報告会を開催させていただきました。

 

大野市内で報告会
大野市内で報告会
福井市内で報告会

 

そして今回のヒマラヤ旅を通して、私と同じような想いを持っているのに本人の年齢や健康、仕事のほか、家族や職場などいろんな環境や要因で長期間の旅ができない方々が多いことに気づきました。報告会が終わった後、皆さんから

 

「実際に行ってきた人のコメントと映像に感動した!」

「見ている時間はヒマラヤにいるような気持ちになれた!」

「テレビ番組では味わえない感動をいただいた!」

 

などの貴重でありがたい感想をいただき、きっかけは自分の夢実現のためのヒマラヤ旅でしたが、報告することで同じような想いを持っている方々とその感動を共有できるんだということにも気づきました。

 

そこで、自分の身近な方々だけでなくもっとたくさんの方々に、ヒマラヤ旅の感動を共有していただこうと思い今回のプロジェクトを立ち上げることにしました。

 

また、今回のアマダブラムの旅で習得できた登山・登攀技術や現地ガイドのノウハウ等については、帰国後の自分自身の自然公園指導員、環境保全活動団体や人力車グループの活動にもフィードバックさせ、登山者やハイカー、人力車のお客様等へのガイド力向上につなげたいと考えています。

 

カラパタールから世界最高峰エベレスト
メラピークから世界4位のローツェ(中央奥)
ゴラクシェプから中国国境の山プモリ
エベレスト街道の登山基地ナムチェの美しい街
アンナプルナB.C.から夕陽に輝くマチャプチャレ
アンナプルナB.C.から朝陽に輝くアンナプルナⅠ

 

標高5,000mを超えると、そこは酸素が平地の50%以下、最高気温も氷点下の極限の世界。樹木や草原も無くなり氷と砂礫や岩稜の荒涼とした世界ですが、乾季のヒマラヤでは暖かくまぶしい太陽、川や風の音、山々から吹いてくる冷たい風、氷河の上を散歩、紺碧の空に雪と氷のナイフリッジなど、人が本来持っている五感をフルに使って自然や展望を楽しむことができます。また、人が生活する標高5,000mまでのトレッキング中にはヒマラヤの文化や歴史、食、生活習慣、祭りなどに身近に触れることができるのも魅力の一つです。

 

 

プロジェクトの内容

 

ネパールヒマラヤの人気コース、エベレスト街道沿いにそびえる名峰アマダブラム登頂の感動をみんなで共有したい!

 

アマダブラムはネパール語で「母の首飾り」、エベレストに向かうエベレスト街道の中間地点にあり街道沿いから見える山の中では特徴的な山容でひと際目立っています!標高は約6,800mですが、上部の急峻な登攀ルートの難易度はエベレスト登頂レベルともいわれています!

 

今回のプロジェクトは、名峰アマダブラム登頂チャレンジについてネパール入国後~エベレスト街道~B.C.高度順応~頂上アタック~下山まで約30日間の模様を随時SNS発信することでサポーター様が都合の良い時間にご覧いただき、一緒に頂上アタックし下山するまでの感動を共有いただきます。

 

また、ネパール出発前の国内でのトレーニング登山や出発準備なども随時SNS発信しご覧いただくことで、サポーター様のモチベーションアップも共有していきたいと考えています。

 

帰国後は、2024秋ヒマラヤ旅ダイジェスト版を作成しサポーター様がいつでも見どころをご覧いただけるようにするとともに、リクエストいただいたサポーター様に別途報告会も行いたいと考えています。

 

今回の2024秋ヒマラヤ旅に要する経費見込額は約170万円

資金財源はクラウドファンディング支援金と自己資金で賄います。

 

そのうちクラウドファンディング支援金は、

主にネパール国内におけるアマダブラム登頂ならびに情報発信にかかる経費に充当させていただきます。(移動交通(国内線航空機、タクシー等)費、宿泊(ホテル・ロッジ・テント等)費、クライミングガイド・ポーター料、国立公園入園料・入山許可料、観光ビザ代、Wi-Fi代、登攀装備消耗品代・レンタル代、海外用山岳保険代等)

 

なお、日本とネパールの往復航空運賃や国内での事前トレーニングならびにそれにかかる移動交通費・宿泊費は自己資金で賄います。

 

今後のスケジュールとしては、4月~8月上旬まで国内トレーニング、8月中旬に現地入りし高度順応およびクライミングトレーニングを重ねながら9月中旬頃の登頂アタックを目指します。順調にいけば9月下旬までに帰国予定。

 

また、6,800mを超える高所登山におけるリスク回避や安全対策、日常のコミュニケーション維持などを考慮して、

①エベレスト登頂経験のあるクライミングガイド(ネパール国家資格)

②通常の日本語会話が支障なくできる(日本人対象ガイド歴10年)

登山ガイドを選定するとともに、万が一の高山病や遭難等に伴う救助に対応した山岳保険も加入します。

 

前回のヒマラヤ登山では周りの友人・知人・山仲間から応援メッセージをいただき、その想いを背負ってピークアタックにチャレンジするという貴重な経験・機会を得ることができました。

 

そこで今回はさらに多くの方々にこのプロジェクトをきっかけにヒマラヤ登山を通してヒマラヤの自然や文化・歴史・食などの素晴らしい魅力をお伝えするとともに一緒に体感していただけたらと考え、このクラウドファンディングという手法を使ってサポーターの皆様のご支援と想いを背負ってともにチャレンジしていきたいと思っています

 

 

 

プロジェクトの展望・ビジョン

 

ヒマラヤ登山やトレッキングに興味や関心はあるのに、本人の年齢や健康、仕事、家族や職場などいろんな環境や要因で長期間の旅ができない方々と想いを一つにして一緒にエベレスト街道の名峰アマダブラムの頂上アタックを目指すという共通目標達成までのプロセスを大事にすることで同じ感動を得ていただきたいと考えています。

 

また、今回の旅を通して得た感動を糧に自分自身だけでなく、サポーター様自身の今後の活動にも活かしていただけることを願っています。

 

エベレスト街道の名峰アマダブラムの頂上アタックを私とサポーター様と一緒にチャレンジしていくことが今回のプロジェクトの大きな意義であると思っておりますので、ぜひ皆様方から多数のご支援と応援メッセージをお願いいたします。

 

プロジェクト実行責任者:
脇本浩嗣
プロジェクト実施完了日:
2024年10月31日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

ネパールヒマラヤ・エベレスト街道沿いから見える名峰アマダブラム山頂からのヒマラヤ展望及びネパール入国後~B.C.トレッキング~高度順応~頂上アタック~下山まで約30日間のチャレンジの模様をSNS等で随時情報発信する。 資金はネパール国内におけるアマダブラム登頂ならびに情報発信にかかる経費に使用する(移動交通(国内線航空機、タクシー等)費、宿泊(ホテル・ロッジ・テント等)費、クライミングガイド・ポーター料、国立公園入園料・入山許可料、観光ビザ代、Wi-Fi代、登攀装備消耗品代・レンタル代、海外用山岳保険代等)

リスク&チャレンジ

プロジェクトを実施する上で必要になる資格や許認可について
航空チケット購入に合わせて観光ビザの取得、及び入山許可申請書類の事前作成を行い、現地で入山許可申請を行い取得する
リターンを実施する上で必要になる資格や許認可について
リターン実施に向けて、2024年4月より国内における登山トレーニングプログラムを開始します。 また、国内トレーニング開始に合わせ、自身が所属する越前おおの山案内人倶楽部のHP内にアマダブラム登頂チャレンジコーナーを開設し、準備段階からの情報も随時発信していきます。
プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差は自己資金で補填します

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/131897?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

出身地:福井県 趣味:登山、マラソン、ツーリング、旅行など ボランティア活動:環境省自然公園指導員、自然環境保全活動、人力車車夫など 地域活動:自治会役員、森林組合理事、地域おこし協力隊オブザーバー 登山経歴:地元の登山ガイド2017~ 白山、荒島岳、経ヶ岳、能郷白山など      (ネパール)メラピーク最高到達地点6,150m、            カラパタール5,550m、アンナプルナB.C4,130m      (エクアドル)チンボラッソ最高到達点6,000m(悪天候中止)      (メキシコ)ピコ・デ・オリサバ5,636m      (スイス)マッターホルン(ヘルンリ小屋3,260mで悪天候中止)           ブライトホルン4,164m      (国内)奥穂高岳~西穂高岳縦走(1泊2日)、奥穂高岳日帰り、          槍ヶ岳日帰り、冬季富士山登頂

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/131897?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

リターン

3,000+システム利用料


サポート時に感謝メール、帰国後にお礼メール、応援メッセージ受付

サポート時に感謝メール、帰国後にお礼メール、応援メッセージ受付

●サポートへの感謝メール
●帰国後のサポート感謝メール(登頂アタック中の写真添付)
●応援メッセージ受付(有効期限:2024年7月31日まで)

支援者
15人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年10月

10,000+システム利用料


サポート感謝と帰国後お礼メール、応援メッセージ受付、SNS閲覧パスワード

サポート感謝と帰国後お礼メール、応援メッセージ受付、SNS閲覧パスワード

●サポートへの感謝メール 
●帰国後のサポート感謝メール(登頂アタック中の写真添付)
●応援メッセージ受付(有効期限:2024年7月31日まで) 
●SNS閲覧パスワード

支援者
27人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年10月

30,000+システム利用料


サポート時に感謝、下山時に結果概要報告、帰国時にお礼の各メール、SNS閲覧パスワード、アタック前のライブ中継(B.C~)

サポート時に感謝、下山時に結果概要報告、帰国時にお礼の各メール、SNS閲覧パスワード、アタック前のライブ中継(B.C~)

●サポートへの感謝メール ●下山時に結果概要報告メール
●応援メッセージ受付(有効期限:2024年7月31日まで)
●アタック前のライブ中継(B.C~、放映前日までに連絡)
●帰国後のサポート感謝メール ●SNS閲覧パスワード

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年10月

50,000+システム利用料


感謝やお礼、下山時の報告メール、SNS閲覧パスワード、アタック前のライブ中継(B.C~)、出張またはリモートでの報告会

感謝やお礼、下山時の報告メール、SNS閲覧パスワード、アタック前のライブ中継(B.C~)、出張またはリモートでの報告会

●サポートへの感謝メール ●下山時に結果概要報告 
●応援メッセージ受付(有効期限:2024年7月31日まで)
●アタック前のライブ中継(B.C~、放映前日までに連絡)
●帰国後のサポート感謝メール ●SNS閲覧パスワード
●希望者へ出張(中部、近畿、関東地区)またはリモート(左記以外の地区)での報告会(1時間程度、有効期限:2025年3月31日まで)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2024年10月

プロフィール

出身地:福井県 趣味:登山、マラソン、ツーリング、旅行など ボランティア活動:環境省自然公園指導員、自然環境保全活動、人力車車夫など 地域活動:自治会役員、森林組合理事、地域おこし協力隊オブザーバー 登山経歴:地元の登山ガイド2017~ 白山、荒島岳、経ヶ岳、能郷白山など      (ネパール)メラピーク最高到達地点6,150m、            カラパタール5,550m、アンナプルナB.C4,130m      (エクアドル)チンボラッソ最高到達点6,000m(悪天候中止)      (メキシコ)ピコ・デ・オリサバ5,636m      (スイス)マッターホルン(ヘルンリ小屋3,260mで悪天候中止)           ブライトホルン4,164m      (国内)奥穂高岳~西穂高岳縦走(1泊2日)、奥穂高岳日帰り、          槍ヶ岳日帰り、冬季富士山登頂

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る