プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

 

障がいを持っていると、外に出る機会も少なくなり、どうしても世界が狭くなり、人生においてスポットライトが当たる機会はほとんどありません。そんな人々にも、人々の前に出て、スポットライトを浴びる機会があってもいいじゃない!そんな想いで障がい者にスポットライトを当てるファッションショー「パラ×コレ」を開催することになり、開催のための資金を集めるクラウドファンディングを始めました!

 

 障がいを持っている人もそうでない人も笑顔で生活してほしい!

 

はじめまして! 辛いことがあっても、「福・福 うふふ〜」と唱えれば、笑顔でHappyになっちゃう、ラジオパーソナリティまみりんこと、長谷川真実です!去年までわたしは、そこらへんにいる普通のおばちゃんでした。結婚して、出産して、子育てして、働いて気づきました。 わたしが元気に動ける時間もあと少し…。「動ける間に、心に描いていた夢を実現させたい!」と考えるようになりました。

 

わたしの夢は、障がいを持っている人もそうでない人も支え合って笑顔で生活していけるきっかけを作ること。 わたしの息子は障がいを持って生まれてきました。 障がいがなければよかったのにとは思いません。しかし、街に出ると冷たく白い目で見られることがとても多かったのです。 障がい者がスポットライトを浴びてもいいじゃない!パラコレ実行委員会を立ち上げ、現在は代表として地域の方やボランティアさんと一緒にイベントの準備に励んでいます。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
長谷川真実(まみりん)のラジオ番組「福福うふふ」に息子がゲスト出演した時の様子(インターネットゆめのたねラジオ岡山スタジオにて)

 

 障がいを持っていると、どうしても世界が狭くなってしまいます

 

障がいがあると、行動範囲が作業所や学校、病院、後せいぜい障がい者の集まり。そして、服はというとどうしても介護されやすい服になってしまいがちです。また、買い物といえば、ほぼ家族としか行きません。 同年代の若者たちと街に繰り出し、洋服を見立ててもらい、そして帰りにカフェでお茶したり…と言ったことはほとんどありません。

 

障がいがあると狭い世界で生きている方がほとんどです。多くの方が家と決まった場所(支援学校、仕事場である作業所、病院・リハビリ施設)の往復の生活。結婚式やパーティーに呼ばれることもほぼありません。人生の中で、1度くらいスポットライトを浴びて本人も家族も笑顔になれる、サポーターさんやボランティアスタッフの方と触れ合える、そんなイベントを開きたいと思いました。

 

また、障害のある人たちと過ごすことで、距離を縮め、街に出かけたときに自然と困っている人たちに、優しく声をかけられるようになり、そんなやさしい人が街にあふれるようになってほしい。そしてこのイベントに関わることで、夢を持ったり、何か新しいことにチャレンジしたり、そんなきっかけになってくれると嬉しいです。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
練習前に「あなたのことが大事よ。あなたのことが好きよ」と優しく背中をさすりあっててコミュニケーションを深めています。

 

 障がい者もサポーターもスポットライトを浴びて、あなたに笑顔を届けます!「パラコレ〜笑顔いっぱいファッションショー〜」

 

今回企画する「パラ×コレ」は、パラリンピックの”パラ”と、パリコレクションの”コレ”をイメージした造語で、障がい者のためのファッションショーです。パラリンピックのように、障がいというハンデキャップがあっても輝ける場であり、パリコレのように、スポットライトを浴びて人生で輝ける瞬間を障がいを持っている人とサポーターやボランティアさんと一緒に創っていきたいという想いで名付けました。岡山県が推進しております「あいサポート運動(*)」に参画し、多くのボランティアさんと協力し、今回のイベントを作り上げています。

 

パラコレ〜笑顔いっぱいファッションショー〜

 

日時:2017年10月1日 15:00~16:00

場所:おかやま未来ホール

主催者:パラコレ実行委員

イベント内容:障がい者が主役のファッションショー「パラコレ」を開催します!

 

昨年は、きっかけの樹様の全面的なご協力の下、「第1回パラ×コレ」を開催することができ、会場は600名を超えるお客様で満席となり、舞台と会場が一体化し笑顔あふれる素晴らしいイベントとなりました。 この取り組みは、各紙報道機関に数多く取り上げていただき、大きな反響が寄せられました。 たった一人のおばちゃんの夢が、昨年の出演者やサポーターの方に明かりを灯すことができました。

 

この経験を元に今年は出演者の家族が中心となり、イベントの企画運営を行おうと決めました!ただのおばちゃんと障がい者の家族たち。自分たちで参加費1万円を出し、近所のお店や知人へ協力金を募り、活動の輪を広げております。

 

しかし、精一杯資金集めをしてはいるものの、当日使用する会場の音響照明のスタッフさんの費用が不足しております。そこで、皆様のお力をお借りしたくこの度はクラウドファンディングにチャレンジさせていただく事となりました。

 

 

 10年続くイベントに!活動を通して、障がいを持っていてもみんなと共に生きる福祉社会を実現したい!

 

昨今、メディアが障がい者のことを取り上げてくださるおかげで、ずいぶん障がい者のことが表に出て、理解も進んでいると思います。でもまだまだ、学校現場や職場などで誤解を受けたり、障害があるから何もできないのだろう、と誤解される声もたくさん聞きます。

 

このイベントでは運営を通して、障がい者に対する誤解を解き、理解を深め共に生きる福祉社会の実現をすることも目指しています。 今回のプロジェクトはそのためのはじめの一歩です。

 

あなたのお力で、「パラ×コレ」の舞台に立った人々をスポットライトで輝かせてください! ご協力よろしくお願い致します!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
昨年のパラ×コレのエンディングの様子

 

 リターン:岡山の作業所で作った製品をお届けいたします!

 

作業所では、障がいを持っているかたがいろんな製品を作っているのをご存知でしょうか?岡山県内の作業所の方にご協力いただき、いろいろな製品をみなさまにお届けすることができるようになりました!

 

◆3000円◆

あなたの想いが伝わるマーブルレターセット&Thanks Youレター♡

「支援学校卒業後も生き生きと、一人の大人として社会の中で暮らしてほしい」という、願いから平成10年小規模作業所として始めました。平成21年6月より、すまいるの従たる事業所となり、『仕事はプライド』を合言葉に、はがき作り、クッキー作りなどの仕事や、外出やボランティアの方との交流など地域に根差した活動を行っています。

 

◆5000円◆

就労継続支援B型事業所 ゆいまーる様より

あなたの人生がキラッと輝くしおり&Thanks Youレター♡

通ってくる利用者さんが元気になれる居場所づくり・作業活動を通して自立していく事に力を入れています。他には障害者の人権啓発やコミュニケーション講座を年に数回開催しています。

 

◆10000円◆

ほっと一息。美味しいコーヒー&Thanks Youレター♡

NPO法人 パッション様より

 

◆30000円◆

コーヒーと倉敷ポンしょこらのセットをお送りします!

NPO法人 パッション様より

 

 

 当日障がいを持つ仲間を応援チャリティーもします!

 

昨年は、熊本地震復興応援チャリティーイベントとして日本赤十字と熊本県知的障害者施設協会へ募金を寄付させていただきました。引き続き今年も行う予定です!また、今年は、スタッフ ボランティア 保護者全員でゆめ風基金Tシャツを着用します。これは、自然災害の被災障がい者を支援し続けているNPO法人 ゆめ風基金への募金になります。

 

私たちとあなたの心を1つにして、必ずファッションショーを成功させます!どうぞよろしくお願いします。

 

 

*あいサポート運動とは

 

「あいサポート」とは、「愛情」の「愛」、私の「I」に共通する「あい」と、支える、応援する意味の「サポート」を組み合わせ、障害のある人を優しく支え、自分の意志で行動する(ちょっとした手助けをする)ことを意味しています。「あいサポート運動」とは、様々な障害の特性を理解して、障害のある方が困っていることに対して、ちょっとした手助けや心くばりなどを実践することで、誰もが暮らしやすい地域社会(共生社会)の実現をめざしていく運動です。
この運動を実践する方を「あいサポーター」といいます。
あいサポート運動は、平成21年11月に鳥取県で創設されました。岡山県もこの運動の趣旨に賛同し、平成28年1月に鳥取県と連携協定を締結しました。
あいサポート運動の趣旨は、平成28年4月に施行された障害者差別解消法の目的にも合致しており、岡山県でも「あいサポート」の輪を広げていきたいと考えています。

 


最新の新着情報