【能登半島地震】全焼した輪島朝市再開の第一歩!再建への原点回帰

【能登半島地震】全焼した輪島朝市再開の第一歩!再建への原点回帰
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります(All in 方式)。原則、支援のキャンセルはできません。支援募集は4月30日(火)午後11:00までです。

支援総額

1,407,000

目標金額 2,000,000円

70%
支援者
146人
残り
17日
目標金額の達成の有無にかかわらず実行者は支援金を受け取ります(All in 方式)。原則、支援のキャンセルはできません。支援募集は4月30日(火)午後11:00までです。

    https://readyfor.jp/projects/139053?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロジェクト本文

▼自己紹介

 

石川県輪島市河井町朝市通りにて

手描きで木製カトラリーに絵や名前を

焼き入れ販売しております

かじめや 伊藤真理(鈴木商店)です

このページに目を留めて頂き

ありがとうございます

 

 

令和6年(2024年)1月1日

前日の12月31日朝市2023年最終市を

感謝と共に締めくくり

朝市が一年で一番長い休みに入った

その日の16時10分

マグニチュード7.6

震度7という

破壊的な揺れに襲われ

 

 

その後起こった大火災により店舗と自宅は焼失しました

 

店舗震災後

 

 

地震直後大津波警報が発令され

倒壊した自宅を何度も

振り返りながらも

高台まで駆け走り

夜が明け知った火災焼失

 

自宅震災後

 

 

自宅にいた猫4匹

倒壊した家から

火を逃れていて

くれていると信じて

同じ全焼地区で家族である

猫を探すみんなと

力を合わせて

捜索を続けています

 

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

 

娘からの一言で踏ん張って

一歩前に進もうと

 

 

 

日本三大朝市の一つである

輪島朝市のはじまりは

平安時代からと言われ

約1000年の歴史があります。

 

輪島で商いをする人の

聖地と言っても

過言ではない

そんな憧れの地で

仕事ができることを

皆がプライドと

感謝を持ち

生涯現役を目標に

雨の日も

雪の降る日でも

商売をしていたと

思います

 

 

私も父の店(鈴木商店)で

父の背中を見て

学ぶこと約10年

商売感

お客様のため

朝市のためと

店を営業し続けることへの

執念が

生きる力に

なることを

教えてもらいました

 

 

今回の震災で

店も商品も

自宅も思い出も

1日にして

無くなり

家族の猫たちにも会えず

時間が止まってるような中

力無く現実を受け止める日々

 

 

娘からの

【後悔はなくならんから

やりたかったことをすればいい】

 

 

 

震災時娘は成人式のため

帰省中。年明けには

準備した振袖で

20歳のお祝いをするはずでした

 

 

避難生活から

気丈にも学校のため

輪島を離れて

きっと目に見えない分

不安は私よりも

大きいはずの中

かけてくれた言葉でした

 

止まっていた

頭と体が

カタカタと

動き出しました

 

 

 

私の原点は?

私がやりたかったことは?

 

 

 

私の原点は

京都で10年以上前に

参加したイベントで

娘がワークショップで

作ってきたスプーンでした

 

 

それまで

絵を描くペイントする

作業を

していた私が

 

 

 

絵を焼き入れできる

道具があることを

知った今の作業の

正に原点でした

 

 

そしてやりたかったこと

でもできないままで

あきらめていたこと

 

 

それは

京都でポップアップショップを

開催すること

 

 

京都のものづくり手の聖地

【京都 恵文社 一乗寺店】で

 

 

自分が手掛けたものを対面で

販売したい

 

 

京都で出逢い10年かけて

積み上げてきた経験だけが

私に唯一残った財産

 

 

平成26年度の石川県のブランド製品に認定されました

 

 

 

すべてがゼロからのスタートですが

原点から輪島朝市復興へ道筋を

繋げたい

 

 

ご賛同頂けましたらどうかご支援

ご協力お願いいたします

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの内容

 

目標支援金額 200万円

 

支援頂いた資金の使途

道具の購入代金

木地調達代金

イベント費用

(約1週間2/18~2/24のイベントスペース代金、搬入搬出にかかる代金、移動費

DM等の制作費用)

 

プロジェクト成立後、天災等やむ得ない事情によりイベントが開催できなかった場合は、店舗再開時の運営費に使用いたします

 

 

京都恵文社一乗寺店での

イベントは制作日数と

大変人気のイベントスペースのため

2025年2/18日(火)~2/24(げ)を予定しております

 

 

 

本クラウドファンディングはALL-IN形式で行われます。目標金額に満たない場合もクラウドファンディングは成立となり、集まった金額に応じて当初プロジェクトに沿った内容を実行いたします。

 

目標を超えて集まった場合は別途活動報告などを通じて使途のご案内をいたします。

 

刻々と変わる状況に鑑みて、ページ内記載のプロジェクト内容が変更、遅延する場合もございますが、支援金の返金は行われませんのでご理解の程お願い致します。一方で完全に中止となった場合は返金致します

 

READYFOR事務局:本プロジェクトは被災地で実施する緊急災害支援活動の関連プロジェクトです。被災地、被災者の皆様の状況等が変化する可能性がございます。

被災地の情報に関する公的機関の発信、報道等もご確認下さい。

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

皆様から頂いたご支援により

地震で焼失した道具や商品木地調達

復興の第一歩としたいイベント費用と

いたします。イベントを成功させ

輪島朝市復活再開へ必ず繋げて参ります。

 

 

 

プロジェクト実行責任者:
伊藤真理(鈴木商店)
プロジェクト実施完了日:
2025年2月28日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

皆様から頂いたご支援により 能登半島地震で焼失した 道具や木地の調達や 京都で再起のイベントにかかる費用 輪島朝市再開時の再建資金と させて頂きます

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/139053?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

あなたのシェアでプロジェクトをさらに応援しよう!

    https://readyfor.jp/projects/139053?sns_share_token=
    専用URLを使うと、あなたのシェアによってこのプロジェクトに何人訪れているかを確認できます
  • Facebook
  • X
  • LINE
  • note

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

注目のプロジェクト

もっと見る

新着のプロジェクト

もっと見る