プロジェクト概要

 

2017年11月18日に、皆様のご支援応援により、残り期間12日を残し第一の目標
金額30万円を達成することが出来ました。

 

支援者の皆様の応援や後押し、そしてご支援で目標金額を達成することが出来ました。同時に、暖かい応援のメッセージも寄せていただだき、たくさんの勇気をもらいました。改めて心より御礼申し上げます。

 

このプロジェクトは、一人でも多くの皆様に食べていただくことを目標にしています。もっと多くの方に届けるため、ネクストゴールとして、45万円を設定させてください。

 

この目標45万円を達成しましたら、ご支援いただいた皆様に感謝の気持ちを込めて、リターン内容に加え、喜多方もっちり餃子追加で10個プレゼントいたします!もちろんこれからご参加頂く方々も対象です。 (支援購入金額が5,400円以上の支援者様が対象になります。)

 

新米(10kg)・旬の野菜や果物・杵つき餅を食べたいコース14,228円分 ¥10,800のリターンの場合は新米1kプレゼントいたします。

 

私達は、福島県農産物の美味しさが満載の喜多方もっちり餃子をお腹いっぱい食べてもらい、福島を笑顔にし、日本を笑顔にし、世界も笑顔にしていきます。

 

私達の更なる一歩のにどうか力をお貸しください。 この機会に、お友達やお知り合い、会社の方々にもシェアして頂ければ幸いです! 引き続き、最終日(11月30日)まで応援・ご支援をお願いいたします。

 

2017年11月19日 瓜生和徳

 

 

 

 旨み満載!喜多方もっちり餃子を今年も皆さまに。

 

ページをご覧いただきありがとうございます。福島県喜多方市熱塩加納の瓜生和徳と申します。私は喜多方市で、無農薬米を栽培・販売をしています。2011年3月11日の震災以降、自社栽培の米を利用して、餃子の製造・販売も始めました。

 

1回目のプロジェクトで、喜多方もっちりスープ餃子を完成させ、2回目のプロジェクトで商談会や展示会、催事(西武池袋百貨店)、物産展(日本橋ふくしま館)などで、PR活動を行い、取り扱っていただけるところも広がりました。改めて、たくさんのご支援・応援ありがとうございました。

 

気持ちを込めて喜多方もっちり餃子を作っています

 

今年も、昨年に引き続き、美味しい餃子をいっぱい食べてもらいたい!という思いから、“旨み満載の喜多方もっちり餃子のオーナー様募集”プロジェクトを立ちあげました。ぜひ今年も、美味しい餃子を味わってください!

 

今回のプロジェクトが成功すれば、それは福島から全国、そして世界へ、美味しさを届ける、道しるべになります。この分岐点を乗り越えるために、応援をお願いいたします。

 

 

 

 3度目の挑戦。私たちが挑み続けるのには、理由があります。

 

震災から6年。原発事故によって、かつて日本を代表する米どころだった福島県は、そのブランド力が大きく損なわれました。事故後、福島県では世界で最も厳しいとされる安全検査を実施し、6年以上がたった今、国の基準値を超える放射性物質は一切出ていません。

それでも福島県産が風評被害にさらされる現実は続いています。ブランド米であるにもかかわらず、福島の名前を隠して売られている米、食用ではなく、家畜の餌にされている米―。

 

まだ震災の話し?そう思われるかもしれません。それでも、根強い風評被害が無くなるまで、私たちは、このことを訴え続けなければならないと思っています。

 

それでも農家の人たちは前を向いて頑張っています

 

 

 そんな思いから生まれたこの餃子には、旨みとこだわりが詰まってます!

 

―もちもちの皮―

福島県産の有機肥料で栽培したコシヒカリとこがねもちの米粉、そして同じく県産のゆきちから(小麦粉)をブレンドして作っています。

 

―新鮮な野菜―

餡に使用している野菜(キャベツ・にら・玉ねぎ)は、県内の農家さんが大切に育てた新鮮なものを使用しているので、甘みと歯ごたえが違います。

 

―エゴマ豚―

餡に使用しているお肉は「県産銘柄豚エゴマ豚」です。エゴマの種実を一定割合配合した肥料を1ヶ月以上食べて育ったエゴマ豚には、生活習慣病の予防に効果があるとされるαーリノイレン酸が多く含まれています。「脂はとろり、肉質はもっちり」の上質なお肉は、餃子の旨みのポイントです。
 
 

この餃子は、福島県産農産物をたくさん使用しています。その理由は安全性も確保されているから、そして何より、美味しいからです。

 

皆さまの「おいしい!」の声が何よりもうれしくて、この餃子を作り続けています。その言葉が、生産者の明日への活力になります。

 

お米農家さん
 
加納小学校の稲刈り後の脱穀作業の授業

 

 

 「福島は元気になりました!」この餃子から、全国、そして世界へ。

 

皆様の応援で完成した喜多方もっちりスープ餃子は、全国の皆様へ食べていただくために、商談会・展示会・催事(西武池袋百貨店)・物産展(日本橋ふくしま館)等へ、できるかぎり出掛けてPR活動を続けていきます。

 

餃子はまだまだ、全国にも届いていないのが現状です。今年も5種類の餃子を、1人でも多くに方に届けます。皆さまにお腹いっぱい食べて、笑顔になってほしいです。

 

そして2020年東京オリンピックでは、世界中の人達に食べてもらえるよう、努めていきます。私達にとって、福島から全国、そして世界へ、この美味しさを届ける道しるべとなるこのプロジェクトに、皆さまの応援・ご支援をよろしくお願いいたします。

 

オーナー様の増田先生と阿久津さんが訪ねて来てくれました!

 

とってもおいしい餃子です!

 

 

 商品を紹介します!

 

★喜多方もっちり餃子★
喜多方ラーメン店でも人気!の「パリパリ」「もちもち」餃子。こだわりの皮は、自社栽培の喜多方産コシヒカリ・こがねもち米粉とゆきちから(県産小麦粉)をブレンド。餡には、地元野菜(キャベツ・玉ねぎ・にら)と県産銘柄豚「エゴマ豚」、そこに隠し味の塩こうじをプラスし、コクを出しました。食べた瞬間、口の中に旨みが広がります。

 


★喜多方もっちりじゃがチーズ餃子★

もっちりとした皮に、ほくほくのじゃがいもにとろーりチーズ、エゴマ豚の旨みがよく絡みます。ワインやカクテルなどと相性が良い、ちょっと大人の餃子です。旨みがいっぱい詰まっているので、たれをつけずにお召し上がりください。



★喜多方もっちりスープ餃子★
道の駅や物産展で大人気の一品!もちもちの皮に優しいスープがよく染みます。口に入れた瞬間、中からエゴマ豚の肉汁が一気に溢れだします。寒くなるこれからの季節に、身体の芯から温まってください。

 


★喜多方もっちりスープ餃子(うまから)★

大人気のスープ餃子のうまから味です。優しいスープに辛みがマッチして、ご飯も進みます。夏でも食べたい!とリクエストされるくらい、子どもたちにも大人気です。

 


 ★喜多方もっちりスープ餃子 ねばり勝ち★

受験生応援餃子!祈禱玄米のお守り付です。
大人気のもっちりスープ餃子で、身体を温めて、試験に臨んでください。

 


★喜多方産 有機肥料栽培米★
平成29年度産有機肥料で栽培した米コシヒカリ100%です。除草剤一回使用。福島県会津産のコシヒカリは、日本穀物検定協会の食味コンクールで最高ランク「特A」を7年連続で選ばれ美味いており、この地域は、そんなお米が作れる土壌と水を兼ね備えています。餃子と一緒にお召し上がりください!

 

★喜多方産 有機の郷の杵つき餅★
有機肥料栽培のもち米使用。とってもよく伸びーるお餅です。スープ餃子に入れても美味しくお召し上がりいただけます。

 

 

★旬の野菜や果物(白菜・大根・長ネギ・さつまいも・玉ねぎ等20種類以上)★

野菜作りが大好きな農家さんが栽培した、こだわりの旬野菜や果物をお送りいたします。

 

 

 

□■□資金使途□■□

 

いただいたご支援は、この餃子を一人でも多くの方に食べていただくためのPR活動費として大切に活用させていただきます。

 

□■□今後のスケジュール□■□

 

■商談会・展示会  
・平成29年10月(予定) フードアクションニッポンアワード商談会

・平成29年11月(予定) 2017ふくしまフードフェアー商談会(福島)
・平成29年11月(予定) ビジネスマッチ東北(宮城)
・平成29年11月(予定) 2017ふくしま個別商談会(東京)
 
■テストマーケティング 
・平成29年4~11月 道の駅会津(じゃがチーズ餃子)
・平成30年1月(予定) 日本橋ふくしま館
 
■催事
・平成30年1月10~17日 福島県郡山市うすい百貨店みちのく いいもん うまいもん」に出店。

 

お客様を接客している時が一番楽しいです

 

■□■コンテスト受賞歴■□■


・平成25年12月 フード・アクション・ニッポンアワード2013の商品部門入賞
・平成26年11月 フード・アクション・ニッポンアワード2014の販売・消費促進入賞
・平成26年11月 復興ビジネスコンテスト奨励賞受賞
・平成27年3月 ふくしまおいしい大賞優秀賞受賞
・平成28年11月 ふくしまベンチャーアワード2017特別賞受賞

 


最新の新着情報