プロジェクト概要

愛媛に縁ある方の誰もが先生、生徒になる「学びあう」過去400以上の授業をまとめ、1冊の教科書を作り、愛媛の魅力を届けたい!

 

こんにちは。NPO法人いよココロザシ大学学長の泉谷昇です。いよココロザシ大学は「誰でも先生、誰でも生徒、どこでもキャンパス」を掲げ、愛媛の魅力や市民、企業、NPOが持つ知識、技術、経験を「授業化」し共有しています。特に先生、時に生徒として学びあえる市民大学として、これまでに260名以上の市民先生が400回以上の授業を行っていただき、のべ8,000人以上の市民が授業に参加してくださいました。今回は、いよココロザシ大学の開校3周年を記念して、これまでの授業をまとめ、参加できなかった方や県外の方にも愛媛の魅力届ける「愛媛の教科書」を3,000冊作成します!

 

しかし、教科書作成の費用が不足しています。県内外の多くの人に愛媛の魅力を届けるために、ぜひご支援ください。

 

 


 

 

愛媛の魅力的な場所、そして素晴らしい知識、技術をもった経験が人々が、日常に埋もれてしまっていると感じました。

 

映画やテレビの撮影を誘致する「フィルム・コミッション」活動のために愛媛県へ移住しました。愛媛県内の様々な地域を訪ね、地域の建築物や食、伝統工芸等を調べると、県内にはたくさんの魅力ある地域資源があることに気付きました。しかし、地元の人の多くは、それらを日常的な景色として、それらの魅力に気付いていない、もったいないと感じる場面に多々遭遇しました。


そういった愛媛の魅力を、笑って楽しみながら学びあい、人や街が繋がっていくような、共有ができる場をつくりたい。そう思い「いよココロザシ大学」を設立しましたのが2011年です。

 

(手のひら盆栽授業。先生は趣味が盆栽の理容師さん。)

 

愛媛の魅力を、市民が形にして、市民が先生になる「いよココロザシ大学」

 

いよココロザシ大学は「誰でも先生、誰でも生徒、どこでもキャンパス」を掲げ、市民が思う愛媛の魅力を、市民自身が「授業」という形にして発信し、特に先生、時に生徒として学びあえる市民大学です。授業の題材となる「愛媛の魅力」は、四国遍路、自然、本、音楽、盆栽、映画、料理、経済、写真、マラソン、働き方、自己研鑽など、バラエティ豊かです。

 

また、これらの「資源」をどう活かし、何を学んでもらい、そのためにどういった授業内容にするかを、先生と一緒に考える「授業コーディネーター」という役割の市民ボランティアの方々がいて、面白いことに日々アンテナを張っています。

 

(道後のカフェでカメラの授業。風情を切り取ります。)

 

愛媛に住んでいる人、縁のある人、愛媛に来たことがない人に愛媛の「面白い!」を伝えるために、応援よろしくお願いいたします。

 

いよココロザシ大学は2014年6月に開校3周年を迎えました。振返れば400回以上の授業を行いましたが、どれも本当に素敵な内容でした。それを1冊にまとめれば、これまでになかった愛媛の魅力を届けることができるのではないかと思い、愛媛の魅力を笑いながら楽しく学べる教科書を作りたいと思います。

 

(愛媛といえばミカン!も授業の題材。)

 

授業に参加してくださった方から、「こんな面白い人が愛媛にいるなんて知らなかった!」「松山城でこんなことができるなんて!」など、知らなかった愛媛、意外な愛媛を知った喜びの声をいただきます。何も無い地方と思っていた愛媛県内各地が面白く感じる。もっと愛媛を知りたい!そんな授業を、参加できなかった方、県外にいる方にもぜひ知っていただきたいと思っています。

 

この本を全国の方に手に取っていただくことで、これまでになかった愛媛の魅力を届けることができ、また、全国でまちづくりや地域おこしの活動をされている方の愛媛の実践事例として参考になると考えています。応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

引換券について

ご支援いただいた方には下記の引換券をお送りいたします。

■サンクスレター
いよココロザシ大学オリジナルカードでサンクスレターをお送りします。

 

■完成した「いよココロザシ大学教科書」
完成した本を1冊お送りします。

 

■製作した本に、お名前掲載

 

■出版記念授業にご招待

 

■授業を共同開発する権利
(2015年2月から3ヵ月以内に1回有効。寄付者の要望を参考にオリジナル授業を作り、授業名に寄付者の名前を入れ、寄付者が受講したい授業を開発します)

 

■魅力の発掘法、授業の開発法、地域の巻き込み方などを盛り込んだ講演会

実施を希望の場所(国内)で行いますので、プロジェクト達成後に相談させていただければと思います。

 

 


最新の新着情報