プロジェクト概要

 

農業革新につながる有益な体験。アメリカ式の植物工場見学ツアーを敢行したい!

 

はじめまして、スパイスキューブ代表の須貝と申します。“楽しい気持ち”をビジネスに変えたいという想いから、今秋、大阪にお客様の事業支援をする会社を立ち上げました。道の駅巡りや家庭菜園、林業ボランティア活動などの趣味が興じ、着目した分野が農業であり、「植物工場」ビジネスです。植物工場?という方もいらっしゃると思うのでご説明させて頂きます。

 

植物工場は天候や害虫に悩まされることもなく、植物を安定的に栽培できる工場です。そのため、技術がない、農地がない、と農業を始めることを断念していた人でも新規参入しやすいのが特徴です。農業を憂う情報を耳にすることが多い昨今、農業に期待を寄せられる新しいビジネスです。しかしながら、国内ではあまり知られてなく、本格的な事業展開もなされていません。

 

そこで、植物工場ビジネスの啓蒙の意味も込め、植物工場見学ツアーを敢行したいと思いプロジェクトを立ち上げました。今回、それに伴う費用の一部として50万円が必要です。皆さま、どうかご支援よろしくお願い致します。

 

※見学先の植物工場の特徴

流通事業だけでなく、生産加工事業も行うことを目的に、大阪府岸和田市の耕作放棄地に建設された工場。約1000㎡のビニルハウス型で葉物野菜(主にレタスなど3種類)を1000個/1日のペースで生産、関西近郊の大手スーパーマーケットに出荷し、スーパーでは付加価値のある野菜として専用の売場が設置されている。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
一般的な植物工場の生産技術イメージ写真

 

地方の過疎化に生産者の高齢化。農業環境を取り巻く厳しさ

 

日本の農産物の生産出荷量が30年前から変わっていないように、日本の農業技術は海外と比較して遅れを取っています。なぜでしょうか?それは日本の農業を取り巻く環境が厳し過ぎるからです。農業を営む法人が少ない上、個人農家の収益性も少ない、天候に恵まれた地方にしか産地がないといった具合です。

 

これでは新規就農者の数が増えないのも仕方ありません。そもそも地方では働き手として若者が集まり難いという問題もあります。一方で、生産者も高齢化していき、次第に畑を管理でなくなり、結果として耕作放棄地になってしまうのが現実です。


もちろん、農業を支えるために国や自治体も補助を手厚くしたり、観光収入を目的にブランド野菜や6次産業化で街の活性化を図ったりしていますが、具体的な手立てが打ち出せないままでいます。そこで、農業のリノベーション「植物工場」の登場です。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
アメリカ式の植物工場の生産技術イメージ

 

植物工場で農業を取り巻く環境を改善したい!

 

農業の環境を変える前に、私はまず消費者と生産者の意識改革が必要だと思っています。そこで、農業技術を学ぶ「植物工場の見学ツアー」を実施し、企業が植物工場を導入する機会をつくりたいと思い、今回プロジェクトを立ち上げた次第です。(その後、農業の魅力、将来の農業の在り方について考える機会もつくリたい)

 

企業は農家にはなれないと思われがちですが、植物工場を活用した場合であればそれも可能です。反対に、農家は企業をつくることができませんが、豊かな農産物をつくることができます。このように、企業と農家がタッグを組み、設備投資をすれば農産品の安定供給ができるのです。

 

私はこの部分を資本力のある企業に気づいてほしいと思い、今回プロジェクトを企画することにしました。「植物工場の見学ツアー」を通して農業の価値を高めてほしいです。

 

 

大阪府岸和田市にある植物工場見学ツアーに参加してみませんか?

 

日本の農業を変えるビジネスや農業技術を知れる植物工場見学ツアーを企画しました。見学する植物工場は海外(アメリカ式)の植物工場規格を採用しているため、合理的且つシンプルな栽培技術を紹介できます。ツアーの種類は2通りで、お客様の要望に沿った柔軟なツアーを検討中です。

 

■ツアー詳細

数種類のレタスを栽培管理し、パッケージ加工〜出荷流通まで1か所で実現しているため、海外の農業技術と合わせ農業ビジネスも学ぶことが可能です。なぜ日本の農業が発展しないのか、農業技術は海外に比べて本当に優れているのか、そんな素朴な疑問にもお答えします。

■タイプ

1.植物工場だけを見に行くツアー(4時間):通常15,000円
2.初心者講座に植物工場野菜ランチ付きの充実ツアー(8時間):通常32,000円

 

■使途内訳

・7人乗りのミニバン車両のリース費(工場が一般車両でしかアクセスできない場所にあるため)

・ツアー参加者へ配布するパンフレットの印刷費

・講座テキストの印刷費

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
植物工場ツアーのパンフレット

 

農業革新の夜明け前。企業の新規事業のアイデアに、就職先の候補に農業を!皆さま、ご支援よろしくお願いします。

 

農業改革の手段として、新規事業の一案として、就職先の選択肢として、個々の想いに応えられる植物工場をたくさんの人に伝えていきたいと思います。まだまだ、大阪府限定のため規模が小さいですが、見学して頂いた方が「植物工場は良い!」とまわりに啓蒙するだけでも大きな違いです。

 

農業技術は海外に学ぶという姿勢が重要ですが、特に私たちが海外の農業技術から学ぶべきところは、農業を企業がしているという点です。それは国の政策(補助金など)に頼らず、農産物の生産加工販売をビジネスとして捉え、海外ではそれが当たり前になっているということです。

 

当社も2040年までに自社で植物工場を建設し、運営する事業計画があります。まだ先の話ですが、プロジェクトをきっかけに少しでも多くの人(企業)に農業革新の一部を伝えていき、日本の農業を良くしていきたいと思っています。想いに共感して頂ける方からのご支援をお持ちしております。どうかよろしくお願い致します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
植物工場と露地栽培の比較イメージ

 

リターン

 

「植物工場って何?」から「植物工場をやってみたい!」という気持ちに、植物工場の見学ツアーの無料券&植物工場テキストをお届けします!


※テキストは植物工場を知らないという方でも、専門用語を一切使わず、イラストや写真を多く挿入しています。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
植物工場の発芽システムの参考写真