かなり遅めのあけましておめでとうございます。

みなさま、あけましておめでとうございます。
新年を迎え、2月のチャリティー落語会が迫ってまいりました。
先日、友人よりTVで盲導犬育成の取材がとりあげられていたよ、と教えてもらい、とてもタイムリーだな、と嬉しく思いました。
訓練士や指導員、そして一番にワンちゃんが一生懸命がんばってくれて、人間の役にたってくれているかと思うと大変尊いです。
AIが進み、犬からロボットへ変わる、将来そんな時代が到来するとしても、盲導犬は「目」としての役割だけではなく「友」として共に歩む相棒でもあるという事実は見逃せません。
また、盲導犬を必要とするかたのみならず、老人介護施設や医療現場など、犬がもたらす癒やしの効果は、この先いかなる時代がきても人間にとって力強い支えとなってくれる尊い存在だと思います。
​ワンちゃんたちに感謝ですね。。
さて。みなさまに盲導犬や現状を知っていただき、「一頭でも盲導犬を増やしたい」から始めたこのプロジェクト、あと残すところ30日を切りましたが、ご支援、ご協力、応援のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています