こんにちは!甲賀市地域おこし協力隊田中です。

多くのご支援ありがとうございます!

 

 

今回は、我々の地区「滋賀の宮村」についてご紹介いたします。

滋賀県甲賀市甲南町に位置し、甲賀市甲南町の中でも南端。

お隣三重県へも徒歩圏内で行けます。

 

Google map: https://goo.gl/maps/DSUdRm1kHAn

 

全戸数は250世帯を下回り、小学校の生徒数も約50名と少子高齢化の進む田舎町です。

 

私がこの町をはじめて訪れた時は秋頃、一面収穫前の稲穂が広がり

「なんてのどかな町なんだ」と感じました。

 

田植え前の町の風景

 

こんな町で暮らしていきたいと感じたのも移住の決め手のひとつです。

 

 

昭和7年には「農村更生の活資料 滋賀の宮村」というタイトルで地域の事が書籍化されています。

 

模範村宮村の名は、内地ばかりでなく、殖民地にまで聞こえて居る。

 

このような見出しで始まる本書は、窮乏に喘ぐ農村地区を自力で更生しようという村長をはじめとする地域住民の活動の記しです。

 

交通機関の発達した現代ではなく、明治後期から昭和初期にかけての時代に年間で1000名以上の方が国内外問わず、まちづくりの研修に来られていたそうです。

 

村長をはじめとして、地域全体で問題解決に取り組む村民性は今なお地域に語り継がれ、そんな地域であるからこそ、このひまわりプロジェクトも年々拡大に向かっているのだと感じます。

 

皆様のお力をお借りし地域活動が拡大できるよう

ご支援心よりお待ちしております。

 

新着情報一覧へ