プロジェクト概要

 

IT業界の大きな問題を解決するために、多くの方に知っていただき、「雇用・採用」という観点から第一歩を踏み出したい!

 

はじめまして。酒井誠と申します。企業のマーケティングやWEB作成、アプリ開発等を行う株式会社JAM代表取締役を務めています。

 

私は昨今、IT業界のエンジニアに支払われる技術支援費に疑問を感じております。例えば、3年程度で身につけたスキルを持つ若手エンジニアよりも、30年以上経験のある技術者の方が安いといった現象が起きております。

 

この問題を解決するための第一歩として、まずは私たちが経験豊富なエンジニアを雇い、そのエンジニアにあった現場をマッチングし、支援費もやりがいもある仕事に送りたいと思っております。

 

今回は、エンジニアを雇うための求人サイト掲載費用をクラウドファンディングにて集めたいと思います。もちろん資金は重要ですが、プロジェクトを通して、この現状を1人でも多くの人に伝えられればと思っております。よろしくお願いいたします。

 

 

若手エンジニアよりも30年選手の先輩エンジニアの方が支援費が少ないという現状があります。

 

現在、人材不足はどの業界でも騒がれておりますが、このIT業界でも顕著に表れています。その中で、若手向けの開発プロジェクトは多く、30年選手向けのプロジェクトが少なくなっています。つまり、長年技術を培ってきたエンジニアが、プロジェクトに参画できず、収入も少なくなっているのです。


確かに、30年選手の中で、古い言語を用いる方々が多いといった理由から、プロジェクトを選べない傾向もあります。ただ、大前提として、今の若手エンジニアがこれまでに比べて、楽に開発できるようになったのは、先輩方のお陰であることは間違いありません。

 

私はこの先輩エンジニアが「使われる」ではなく、「慕われる」存在に変えるたいと考えております。

 

 

そして今まで私は、とにかく現場がなくて困っているエンジニアの所属会社に出向き、ご本人のやりたいこと、やりたくないこと等をヒアリングし、どの企業の案件だと技術者の役に立つかを考え、その企業に営業するといったことを行ってまいりました。

 

ただ企業に送るだけでなく、開発現場での問題点もその都度ヒアリングし、エンジニア側の働きやすい環境、企業側のプロジェクト遂行の両立のために打ち合わせを重ねることで、双方がいい関係を築けるように尽力してきました。

 

 

まずは私たちができるところから始めたいと思います!

 

今回、この問題の解決のために会社としてもっと取り組んで行くために、まず第一歩として、技術は高いがプロジェクトに入れず困っている先輩エンジニアを会社で雇いたいと思っております。

 

私たちの社員として迎え、エンジニアの「満足」満たせることができ、「手を借りる」と募集しているものではなく「教えてほしい」といったエンジニアの需要のあるプロジェクトを今までの経験を元に、うまくマッチングしてまいります。これで1人でも多く「使われる」から「慕われる」に変えていきたいと思います。

 

クラウドファンディングでいただく資金は、50代以上のシステムエンジニアを採用するために求人媒体への出稿費用に充てたいと思っております。温かいご支援お願いいたします。

 

 

IoT化、AIなどのIT業界の将来に向けて

 

これからロボットに職業を奪われると考えている人が多いと思いますが、私はまだまだ遠い話だと思っております。自動運転車にするにしてもまだまだデータ(例えば通行人を認識して車が避ける要素等)が集めきれていない現状があり、某大手自動車メーカーも同様で、まだまだ遠い未来であることを公言しています。

 

ただし、そこに向かって今から動かなければ、そのゴールはもっと遠くなり、人口減とのバランスが取れなくなることは予想できるかと思います。新卒を雇用するのも素晴らしいことですが、その予算を先輩エンジニアに向けることで、新卒とは違った価値が出せるのではないか思っております。

 


このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)