皆さま、こんばんは。

 

フィオール・ディ・ロト・ジャパン代表の溝内です。

 

今日は、北インドの主食であるインド式パン「チャパティ」

について書きます。

 

日本では、インド料理やさんに行くと必ずあるのが

「ナン」なので、家庭でも「ナン」を主食として

食べているのかなと思う方が多いようです。

 

「ナン」を作るには特別なかまどが必要なので、

家庭では、「チャパティ」と呼ばれる全粒粉を練って焼いた

インド式パンを食べています。

 

毎回、粉を練って丸く成形し、

麺棒のようなもので薄く丸く平たく伸ばして、

それを「タワ」と呼ばれる「チャパティ」専用のフライパンで

焼くんです。

 

見ると簡単そうに見えるのですが、

丸く伸ばすのには、年季が必要です!

 

大理石の台でチャパティを丸く伸ばしたところCaption

 

新着情報一覧へ