猫の薬の飲ませ方 〜ご希望の方、ご相談ください〜

 

 

猫を飼ってる人なら1回は体験した事があると思いますが、病院から処方される薬を猫さんに飲ませるのって飼い主でも苦労すると思いませんか?

 

 飲ませやすい猫さんとそうでない猫さんがいますが、基本的には猫さんの性格と、顔の形が関係してると思います。

 

 うちには丸顔の猫(性格はマイペース)と三角顔の猫(性格は神経質)がいます。

 

 丸顔の猫はどんなタイプの薬(粉末、固形、液体)でも簡単に飲ませられます。 最も簡単で正確な飲ませ方は液体若しくは粉末を水で溶いて市販の注入器で飲ませることです。注入器は計量器と、シリコンの2つ穴乳首つきなので猫さんにも怪我の心配が減ると思います。

 

 一方、三角顔はその形状から口を開けて注入器から飲ませるのがとても大変です。また、神経質な性格の為、薬の準備をしているだけで飲まされるのを察知します。気付かれないように、普段のご飯(ウエットタイプ)に混ぜるか、美味しい匂いのするおやつ(チュルチュル等)や、市販の薬を入れるピルポケットを利用します。

 

 ダズウェル  ペットバディ でお預かりする猫さんは基本的に健康な猫さんだけですが、ほかの猫に感染する恐れがない疾患の治療で薬を飲ませる必要がある場合は対応いたしますのでご相談くださいね!

(事前に猫さんの爪切りを済ませてきてください。)

 

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています