プロジェクト概要

始めは、友達とのたわいのない日頃の話からでした。

皆さんこんにちは!

このページをご覧頂きありがとうございます。

このチャレンジは私がここ数年で抱いた夢です。

地元福岡離れ5年。

 

東京で仕事をしていた私には夢がありませんでした。

しかし、友達との会話の中から生まれた感情があったのです。

 

 

 

同世代の主婦、保育士からの不満に今までにない感情を抱きました。

 

 

 

私自身保育科にいた事もあり、保育士の友人、子育てをしている友人のシビアな社会環境を聞いた時、大好きな周りの人たちのために何かできないかと思ったのがきっかけです。ある友人は専業主婦で子ども4人。兄弟みんなを同じく園に入園させたかったができず、4つの園を毎日行き来しています。独身の頃はバリバリ仕事をする友人だった為に、社会復帰ができない現状にやきもきしています。またある友人は保育士。保育士の仕事はお子様の命を預かる、日々神経を張り詰める仕事だと言います。1年の中で幾度とある行事、日々の個性溢れる子どもへの対応。それに加えご家族との信頼関係を築くなど、やらなければならない事は山のようにある。神経、体力をすり減らして働いている。その原動力となるのが子どもの笑顔、成長する姿だそうです。ただ、その純粋な気持ちもお金が関わってくるとやる気の炎が小さくなってしまいます。労働に対する対価がイコールでは無くなっている現状に大好きな仕事を離れる決断を下しました。

 

 

皆さんから頂いた支援でご家族の負担を減らし社会復帰の手伝いをしたい、保育士の不満を少しでも解消したい!と考えています。

 

 

今回のプロジェクトで、兄弟入園、社会復帰を希望している方の優先順位をあげる、保育士の給与面を少しでもイコールに近づける。など、様々な子どもに関わる人達を応援できるような経営を行っていきたいと考えています。まずは、保育士の給与面を上げる。それを実現する為に、経営者の給与を保育士と同等にします。そして、兄弟で入園を望んでいる方、社会復帰を望んでいる方を積極的に受け入れたいと思っています。チームは全員で11名。地元福岡でマンションの一室から始めます。

 

 

 

 

子どもに関わる様々な人の笑顔が見たい。

 

 

 

働きたくてもお子様を預けられず働けない親御さん、兄弟で同じ園に入れてあげられずお困りの親御さん、子どものことを重荷と思ってしまう心理状況になってしまっている方々に。そして大好きな子ども達のいる職場で働きたくても、給与面で諦めてしまう保育士の方々に。少しでも手を差し伸べられるような働きをしていきたいと思っています。ぜひ応援していただければ幸いです。

 

 

心を込めて。

 

 

 

まだまだ駆け出しの私達を応援して下さる皆様へ。
心を込めてthanks mailを送らせて頂きます。


2018/12/01までに玩具教材・生活備品を購入したことをもってプロジェクトを終了とします。


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)