プロジェクト概要

ページをご覧いただきありがとうございます。けみ芥見です。

2012年より本格的な芸術活動を開始し、ニューヨークやモナコ、パリなどを中心に活動しています。

 

国内では、障がい児の施設に通い、子どもたちと一緒にお絵描きをする活動をしてきました。そんな活動の中で、障がい児を持つ家族を取り巻く状況や、障がいを持つ子どもたちの芸術の輝く部分などを発見し、この取り組みを広げていきたいと思い、2014年にDACという団体を立ち上げました。

 

DACでは、「障がい児の個性を日本の文化に変える」という理念を掲げ、「障がい児をお持ちのご家庭の、その頑張りを点から線、線から面に変える。この芸術活動を通じて日本の文化として発信して行く」ことを目指しています。

 

・DACとは

「Desire Art Company(デザイアアートカンパニー)」の頭文字を取った呼び名

障がいを持った子供達と芸術家とが一緒に絵を描き、作品となる様に仕上げ全国8カ所の施設を周り、各地で展示会を開催。

作品は年間契約でレンタルし、月額5000円のうち3000円を絵を描いた子供のご家族に、2016年は1,050,000円、2017年は1,300,000円を奨学金として届けています。

「障がい児×アート」という障がい児の新たな社会参加のカタチとして今、各方面から注目を集めています。

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

今回はDACの活動を「より多くの方に知って欲しい」「身近に感じて欲しい」と思い

2019年度のカレンダーを制作する運びとなりました

 

 

 

▼プロジェクトの内容

DAC応援プロジェクトとしてカレンダーを作成します。

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

現状は、札幌・仙台・東京・横浜・岐阜・名古屋・大阪・熊本でしか活動を出来てませんが

将来的に全国各地でこの活動が”当たり前”になる事をビジョンとし活動を続けています

来年2019年より参加アーティストを増やし今よりもっと活動拠点を増やそうと思っています

 

その先駆けとして「まずは皆様に知って頂こう」と思い

今回の2019年カレンダープロジェクトを立ち上げました。

 

 

▼リターンについて

・壁掛けカレンダー(B5サイズ)

・卓上カレンダー(CDサイズ)

 

以上の2点をご用意しました

 

2018年11月1日に製作した、

2019年DACカレンダー(壁掛け版100個/卓上版100個)の

制作費の一部に充てさせて頂きます。


このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)