プロジェクト概要

 

超音波治療器を購入して

海外で外国人選手と肩を並べて奮闘している

日本人スポーツ選手をサポートしたい!

 

初めまして。酒井慎吾と申します。これまでスポーツトレーナーとしてラクロス・バスケット・フットサルなどのプロスポーツチーム、整形外科や接骨院でトレーニングのサポートや怪我予防のテーピングなどを行い仕事としてきました。

 

その中で海外のスポーツチームに活躍の場を求め挑戦して来た選手達からの声と、自分自身の実体験を元にこのプロジェクトを立ち上げました。

 

このプロジェクトは、超音波治療器を購入する事で、大切な試合や厳しい練習で怪我をした時の筋肉の腫れを軽減出来たり、傷ついた筋肉や靭帯などの軟部組織に対して効果的にアプローチ出来るようになります。未来のサッカーを背負っていく日本人選手のためにも暖かいご支援をよろしくお願い致します。

 

私が試合中に映ったシーンです。

 

学生時代に夢見ていたサッカー選手。

今ではそのそばでサポートしています。

 

私も昔はプロサッカー選手を夢見ていた時期がありました。中学3年生の時にサッカー部のキャプテンを務め、高校進学時にはサッカーの強豪校を受験する為に他県の高校に進むか悩み挫折した事があります。そんな私は、サッカーにかける選手達に、勝手ながら自分の現役時代の憧れを重ねてしまい微力ながらも選手の背中を押したいと考える様になりました。

 

シーズンオフになり帰国してきた海外の日本人選手の話を聞くと、試合で怪我をして病院に行ってもリハビリが無く動きが悪いままでプレーを続け、接触のあるプレーで力が強く出せないなど、コンディションが悪い時のケアや怪我の対応がただ休みをとるだけしかないと聞く事もあり、どうにか力になれないかという想いが強くなりました。

 

また海外のスポーツ現場の状況を自分の目で見て知りたいと気持ちも膨らみ、2015年末に日本での仕事を辞め単身でオーストラリア・ブリスベンに渡り2016年1月から日本人サッカー選手のサポートと現地のサッカーチームで働きはじめました。

 

 

 

夢を追いかける選手、

そんな選手の夢を叶えるためには

身体のケアが必要です。

 

実際にブリスベンのチームで働き始めてわかった事があります。それは、日本人選手は外国人選手とのフィジカルコンタクトの違いで痛みを抱えていたり、選手によっては1日でサブチームとトップチームの2試合に出場し体への負担が多く蓄積するという、ひどい現状です。

 

オーストラリアのシドニーでサッカーをしている選手からも話を聞くと、チーム契約の為の練習参加で、もも裏の肉離れをしてしまったそうです。それでも、練習参加までに最寄駅から3駅離れたプールに通い、施設でストレッチなどセルフケアをしていたが上手くアピールが出来ず、契約には至らなかったと話を聞きました。

 

そんな選手に少しでも日本でも行える超音波治療器でケアが出来ていればチーム契約の可能性は広がったのかなと思いました。

 

 

 

いろんな方々のサポートを

出来る限り続けていきたい。

 

超音波治療器があれば、大学を休学して海外経験を積んでから日本で勝負しようとしている選手。海外のビッククラブを目指しキャリアアップに挑んでいる選手。現役生活最後を迎えセカンドキャリアで指導者を考える選手。そんな方々を、1分1秒でも長く、そして少しでも良い状態でプレーが出来るサポートが出来ます。

 

現役スポーツ選手として限られた時間の中にいる方たちの今、そして次のステージで海外でのプレー経験を最大限活かせる人生の1ページになればと想っています。皆様ご支援の程、よろしくお願いいたします。

 

 

 

超音波治療器とは

 

今回購入する超音波治療器は、様々な症状に使い分ける事が出来ます。ぶつかったり、捻った時の腫れや内出血の様な痛めた時に直ぐに出る症状を軽減させたりできます。また、繰り返し負担が蓄積し慢性的に硬くなった所を緩める事など様々な症状に対応が可能です。

 

http://www.medical.itolator.co.jp/product/ust-770/

 

資金使途

 

今回ご支援いただいたものは

超音波治療器とREADYFOR手数料に全て使わせていただきます。