READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

ヨーガと温泉で日本中に笑顔と元気を!国際ヨーガデーinあわら温泉

ヨーガと温泉で日本中に笑顔と元気を!国際ヨーガデーinあわら温泉

支援総額

1,572,000

目標金額 800,000円

支援者
120人
募集終了日
2021年4月30日
プロジェクトは成立しました!
5お気に入り登録
5人がお気に入りしています

5お気に入り登録
5人がお気に入りしています

プロジェクト本文

●目標達成のお礼 & ネクストゴールについて

お陰様で、皆様からたくさんのご支援と応援をいただき、ファーストゴールを達成することが出来ました。

心から感謝もうしあげます、ありがとうございました! 

 

今回、たくさんの方々に応援していただく中で、ヨーガのプロジェクトをあわら温泉を拠点として発信していく意義と可能性に大きな期待を寄せてくださっている方々が少なくないことに、勇気と希望をいただいております。

関わっていただきました多くの関係者、各社・団体の皆様に改めて御礼申し上げます。

皆さまの応援が、このプロジェクトに関わる私たちの背中を力強く後押ししてくださっているのを感じています。

 

ご支援くださった皆様、応援してくださっている皆様に恩返しをさせていただきたい!」

そう思い、ネクストゴールにチャレジします。 

 

このプロジェクトは2021年4月30日(金)23時までとなりますので、次の目標となるネクストゴール150万円と設定し、最後まで挑戦させていただきます。 

 

ネクストゴールでいただいたご支援は、

*あわら温泉全体でヨーガプログラムを提供するための人材育成

*効果的なプログラム作成

*その効果判定をするための研究資金

に充てさせていただきます。

 

今後コロナ禍が落ち着き安心して旅が出来るようになった時に、しっかりと皆さまをおもてなし出来るよう、6月20日のイベント前から早速準備を進め、イベント当日、良い報告を皆様に直接お届けできるよう、これからも頑張ります!

 

すでにご支援くださっている方々・そしてこれからご支援くださる皆様には、是非ヨーガを実践していただき、健康で笑顔になっていただくお手伝いをさせていただきたいと考えております。

今後も、皆さまの日常に役立つヨーガ情報の発信と、一緒に参加していただけるオンラインイベントをご提供させていただく予定です。

是非、最新情報をチェックしていただき、イベント開催日まで一緒に盛り上がり、近い将来、あわら温泉に滞在する日を楽しみにしていただけたら嬉しいです。

 

引き続き、ご支援のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

2021年4月16日 

2021年国際ヨーガデー実行委員長:齊藤素子

 

●はじめに

今回、福井県あわら市では初となるヨーガイベント「国際ヨーガデー in あわら温泉」を6月20日に開催します。このイベントは、3年後に焦点を合わせたあわら市全体を巻き込む「まちおこし」プロジェクトの足がかりとして企画しました。

「ヨーガとインドの伝統医学・アーユルヴェーダに現代医学の経験と知識を活かし、健康的なライフスタイルを体験的に学ぶ滞在出来る場(リトリートの場)を作りたい!」という10年来の想いが、あわら市の官民のご賛同で動き出そうとしています。

ヨーガで何をしようとしているのか、何が出来るのか・・・。

近い将来開業する北陸新幹線芦原温泉駅。その時までに、「あわらに行けば、本場インドの伝統的なヨーガを体験出来る」「心身のケアが出来る」「第2の故郷としていつでも帰ることが出来る場所がある」といったイメージを持って頂けるように、沢山の方にこのプロジェクトを知っていただきたいと思っています。

 

健康的なライフスタイルに興味がある方、

再び旅行に行けるようになったらどこに行こうか?と考えている方、

ご自分と大切な方のために本当に価値ある時間を過ごしたい方、

誰かのために出来ることをしたいと思っている方・・・、

ヨーガはポーズの練習だけでなく「生き方」そのものである・・・という言葉にピンと来た方、

健全な利他の精神が自分の本質的な部分の最大の喜びになる、と説くヨーガ哲学に興味を持って下さったあなた・・・。

 

あわら温泉から全国・世界に向けて、笑顔と元気を届ける!

そして、今だから必要としている方々に向けて恩送りをする!

そのためのプロジェクトです。

 

是非、このストーリーを読んでいただけませんか?

 

●私について

はじめまして、齊藤素子です。

私はあわら市在住で、医師として地元福井県を中心に病院勤務をしながら、医療現場で患者さんに伝統的なヨーガの指導、ならびに医療従事者にメンタルサポートを行っています。

(写真:福井赤十字病院緩和ケア病棟ナースステーションでのヨーガクラスの様子)

 

2011年に「ヨーガと医療を結ぶ」をコンセプトに福井市でヨーガ&ウェルネス・チャンドラ(以下、チャンドラ)というヨーガスタジオをオープンしました。

そこを拠点に全国でヨーガのワークショップや講座を開催するなかで、2013年に東日本大震災復興支援としてヨーガをお伝えした時のご縁で、福島市やいわき市でヨーガをされている方々や復興支援をされている方々とのご縁を頂いています。

 

(写真:福島市の文知摺観音・普門院境内の水月庵で開催した呼吸法クラスの様子)

 

●私のヨーガとの出合い

伝統的な古典書に基づくヨーガを私に15年間にわたり教えて下さっているのは、インド中央政府の厚生省に属するAYUSH省(近代西洋医学以外の医療政策を統括している部門)のヨーガ部門の中心メンバーであるカイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所の所長シュリO. P.ティワリ先生です。

(写真:Kdhamaの所長で現存する数少ないハタヨーガのマスターの一人、シュリ O. P. ティワリ先生)

 

ティワリ先生とは2007年に出合いました。その後は年に数回、タイやインドでティワリ先生から直接ヨーガを学んでいます。ヨーガの中でも特に「呼吸法(プラーナーヤーマ)」とヨーガ哲学を、実践的に学び続けています。

 

2011年3月、私はそのタイのヨーガ・リトリート施設でティワリ先生の呼吸法コースに参加していました。そのコース直前に、東日本大震災が起きました。インターネットのニュースで、信じられない光景を目にした私は、自分の中にある日本人としてのアイデンティティが激しく揺さぶられる感覚にショックを受けたと同時に、無力感と言葉にならない虚脱感に襲われました。

そのときに、心に浮かんできたことがありました。

「震災で心に大きな傷を負った人々に、ティワリジから直接ヨーガを伝えていただきたい。心の科学と言われるヨーガで、今まさに必要としている多くの方々に、勇気と希望を届ける橋渡しがしたい。」

その言葉に導かれ、ティワリジに直談判。その頃、私は英語が上手く話せなかったので、お手紙を書いてティワリ先生に渡しました。

次のクラスの時、ティワリ先生から手招きされ、そばに行くと、小さく畳んだ紙切れを頂きました。

「あなたの言葉に心を動かされたので、日本に行きます。」

(2011年3月にシュリ O. P. ティワリ先生から手渡していただいたお手紙)

 

それから2年後の2013年6月に、シュリO. P. ティワリ先生の初来日が実現しました。

 

(写真:Kdhamaで定期的に開催されるシュリ O. P. ティワリ先生による呼吸法コースの様子)

 

●カイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所について

カイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所(以下Kdhama)は1924年に設立されたインド政府公認の施設で、以下の4つの部門が存在します。

(写真:Kdhama正面の入り口。セキュリティーがしっかりしており、施設内はとても安全。)

 

①リサーチ部門:ヨーガの効果を科学的に検証すること。

②哲学古典書部門:ヨーガに関係する古典書を原本のまま後世に残していくこと。

③教育部門:ヨーガを教育に活かし、将来を担う若者の健全な心身、そして幸せな社会を実現すること。

④ヘルスケア部門:ヨーガとインドの伝統医学:アーユルヴェーダ、そして自然療法を用いて心身のケアを行い、病気の治療、予防、健康増進をサポートすること。 

(写真:Kdhamaの正門を入ったところにある、ヨーガの神パタンジャリの像)

 

Kdhamaのモットーは、「Yoga for the World(ヨーガを世界中の全ての人に)」

個人の心身の健康と社会の健全さとは密接に関係しています。

Kdhamaが何一つ変えることなく後世に伝えようとしている伝統的なヨーガの大きな可能性を、私はヨーガと医療を通じて学び実感しています。 

 

(写真:Kdhama内にある科学的研究部門)

 

Kdhamaの敷地は、180エーカー(東京ドーム15.5個分!)。その広大な敷地内には、滞在施設、科学的研究センター、図書館(哲学研究センター)、病院、カレッジ、小学校、食堂、セラピー棟、牛舎、野菜農園、アーユルヴェーダのハーブガーデン、寺院、瞑想の洞窟などがあり、一つの村のような機能を持っています。

 

(写真は:Kdhamaの敷地内の丘にある、歴代のスワミ(出家者)が自ら掘った瞑想の洞窟)

 

●Kdhamaとチャンドラの関係について

私がインドのKdhamaに定期的に通うようになったのは、2012年。

今では施設の職員や先生方から、家族の一員のように接していただき、私の第2の故郷となっています。

また、私が主宰するチャンドラは、2014年からKdhamaとの間に覚書(MOU)を取り交わし、正式な協力認定施設として活動を続けています。

 

●なぜ医療現場で伝統的ヨーガなのか?

「ヨーガ」と聞くと、綺麗にポーズをとるもの、というイメージがありませんか?そのため、身体が柔らかく健康でないと出来ないもの、と思っている方が少なくありません。

しかし、本来の伝統的なヨーガはそうではありません。

身体を動かすことで、体感覚や呼吸がどう変化するのかに気づいていくことがポーズの練習の目的です。

つまり、誰にでも適した練習・実践することが出来るヨーガがあるということです。

 

(写真:福井赤十字病院内での、患者さん対象ヨーガクラス)

 

呼吸を整えることで心の状態が変化する経験を通して、病気を抱えている方でも、心の不調を訴えておられる方でも、どなたでも無理なく自分自身の在り方に気づいていくことが出来る「日常に活かせる道具」がヨーガなのです。

不安や悩みの原因に自ら気づき、解決に向かう糸口を見つけることに繋がります。

現代科学的な見地からも非常に納得出来る心理学的な実践体系、それが伝統的なヨーガと言えます。

そうです、「ヨーガとは生き方そのもの」なのです。 

 

●現代医学を補完するヨーガの可能性

現代医療の特徴は、症状に対する治療である対症療法です。確かに症状緩和には効果が絶大ですが、その多くは、不調の原因に対するアプローチにはなっていません。

 

ヨーガは、身体を動かし整えながら、今この瞬間に生じている身体感覚・感情の動き・思考に気づいていく実践で、自分の反応に気づいたら定めた対象(ポーズの練習であれば体の感覚、呼吸法であれば呼吸そのもの)に意識を戻すことを繰返し行っていきます。

これによって、今までは無意識に行ってきた自分の思考のパターンに気づけるようになります。気づけるようになることの一つは、「今、自分は心地良いと感じているのか、そうでないのか」ということです。気づけるようになると、心地よくないことを引き起こす生活習慣や考え方などの原因を、自然と選ばなくなっていきます。そうなると、食べるものや量が変化し、就寝時間や普段何気なく取り入れている情報が変化し、思考のパターンが変化するということです。

現代科学的にも、ヨーガ的呼吸法は、自律神経の調整に密接に関係していることが分かっています。自律神経を整えることは、免疫能を正常化することや臓器の働きを整えることに繋がります。

コロナ禍で最初に問題になったことは、それが未知のウイルス感染症であり、対処法が分からないことでした。

2020年は、現代医学の限界を多くの人が実感したと同時に、免疫能を正常に働かせることの重要性に気づかされた一年でした。実は、この現代医学の弱点を補完するための実践法が伝統的なヨーガの中には沢山あります。そのことを、医師として一人でも多くの方に知っていただきたいと、強く思っています。

 

●ヨーガの実践を軸にしたリトリート施設を作りたい!

私自身がヨーガの実践を続け、学びを深めていくうちに、10年ほど前から考え始めていた「ヨーガとインドの伝統医学・アーユルヴェーダに現代医学の経験と知識を活かし、健康的なライフスタイルを体験的に学ぶ滞在出来る場を作りたい!」という想いが強くなってきました。

縁もゆかりもない場所でそれをやることを持ちかけられ、失敗したこともありました。

苦い経験をしたため、そのアイデアを半ば封印していた2020年、コロナ禍で福井に留まって活動するしかない状況になった私は、ようやく地元のあわら温泉の魅力に目を向けることになったのです。

 

●あわら温泉の魅力について~温泉保養士の観点から~

私は、福井県あわら市で育ちました。

福井県あわら市は福井県の最北に位置し、北陸有数の温泉名所で「関西の奥座敷」とも呼ばれ、名湯百選の一つです。

あわら温泉の特徴は、沢山の旅館がそれぞれに源泉を持っており、その数なんと74カ所。源泉によって、泉温・泉質が異なることが大きな特徴です。つまり、あわら温泉内で内湯巡りをすることは、複数の温泉地を巡るようなもの・・・。

 

(写真:あわら温泉美松、露天風呂付き特別室)

 

地元あわら温泉の魅力を理解し有効活用するために私は、2020年に温泉保養士の資格(一般社団法人・日本温泉保養士協会認定)を取得しました。そして、どの源泉も優しくまろやかな泉質で湯あたりしにくく、長期滞在に最適であることが分かりました。

各旅館は、一歩足を踏み入れればそこに別世界が広がります。大きな旅館内には美しい日本庭園と400畳規模の和室大広間など、素晴らしい館内設備が備わっています。

(写真:2020年12月にあわら温泉美松・大広間で密を避けて開催した呼吸法クラスの様子)

 

そして、近くには日本海。海の幸と山の幸が堪能出来るあわら温泉には、美味しいお食事を目当てに多くの客が訪れます。日常と非日常が絶妙に交差する特別な空間・・・。それが、あわら温泉の魅力なのです。

 

 

●アーユルヴェーダ&ヨーガ&温泉

ヨーガを養生法として用いるときに、その理論背景として不可欠なのが、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダ。「アーユス(生命)」と「ヴェーダ(科学)」の2つのサンスクリット語が合わさった「アーユルヴェーダ」は、生命の科学を意味し、5000年以上の歴史を持つインドの伝統医学です。

 

ヨーガの中でも身体を動かす「ハタヨーガ」は、アーユルヴェーダで心身の状態をとらえ、そのバランスを整える方法としてヨーガを実践していきます。

 

また、アーユルヴェーダでは、身体を温める発汗法がとても重要とされます。温泉を活用することで、「日本ならではのアーユルヴェーダ」を体感することが出来ます。

(写真:あわら温泉グランディア芳泉、露天風呂付き特別室)

 

ヨーガは、身体を無理なく動かし血流を改善する効果が期待できます。ヨーガの実践後に温泉に入ることで、老廃物の排出効果促進だけでなく、ヨーガによる心身のリラックス効果がより高まることが期待できます。 

 

●あわら温泉で本場インドのヨーガとアーユルヴェーダを!

あわら温泉には極上の温泉旅館が沢山あり、新しく施設を作らなくても、沢山の人を迎え入れることが出来る環境は完璧に整っています。

一番の強みは、温泉宿ならではの日本情緒あふれるおもてなし(ホスピタリティ)。これは、インドはもとより世界に誇れる日本文化で、世界中から注目を集める保養地として認知される可能性にあふれています。

すでにあわら温泉にある物的・人的資源を最大活用し、唯一無二の「感幸のまち・あわら」に沢山の方々をお迎えしたい。

近い将来、北陸新幹線芦原温泉駅が開業します。そのときには、是非あわら温泉にいらしてください。

(写真:あわら温泉清風荘 大浴場)

 

●国際ヨーガデーについて

2014年9月に、インドのモディ首相は国連総会において「ヨーガは平和な世界をつくるための最適な手段」と呼びかけました。日本政府を含む共同提案国177カ国から全会一致で賛同を受け、国連は毎年6月21日を「国際ヨーガデー」と制定しました。

 

2015年6月21日に第1回の国際ヨーガデーのイベントは、ニューヨークのタイムズスクエアをはじめとして、パリ、ロンドン、北京、ニューデリーなど世界の主要都市だけでなく、世界190カ国で開催され、大きく注目を集めました。

日本でも、インド総領事館が呼びかけ、健康と平和、ヨーガの普及と浸透を目指し、世界との繋がりを体感出来るイベントとして、2016年大阪城公園で「国際ヨガDAY関西」が開催されました。以後毎年、京都、神戸、奈良など、1000人規模のヨーガイベントを毎年行っています。(2020年はコロナ禍で中止)

 

●国際ヨーガデー in あわら、その目的・想い

世界中で、そして日本各地で行われている、国際ヨーガデーのイベント。

このような、国際的ヨーガイベントをあわらで開催したい! 

その目的は大きく分けて2つです。

① あわら市民に対して:伝統的なヨーガ、生き方としてのヨーガとは何なのか。このイベントを通して知っていただき、ヨーガに興味を持って頂いて、町おこしに関わっていただきたい。

②全国・世界に対して:あわら市での「温泉とヨーガとアーユルヴェーダ」プロジェクトを知っていただき、応援していただきたい。そして、北陸新幹線開通と同時に、あわら温泉に来ていただきたい。

そのような想いで開催いたします。

 

●本場インドでクラスを受けているような体験をあなたに

昨年から続いているコロナ禍による自粛体制。いつになったら完全に自由に行き来出来るのか・・・、残念ながら、まだ分からない状況が続いています。

三密を回避するには最適な、400畳という特大の和室大広間を有するあわら温泉・美松さんで、参加人数を限定してイベントを開催します。

インドから先生をお招きして、ヨーガの指導をしていただくことが叶わない今、インドとあわら温泉をオンラインで結んでイベントを開催します。

(写真:Kdhamaヨーガ講師・ニーラジ先生によるオンラインワークショップの様子)

 

本場インドでクラスを受けているような体験を、日本語の逐次通訳と共にお届けします。

あわらに来たくても来ることが出来ない人は、ご自宅でインドのヨーガクラスに参加しているような疑似体験が出来るでしょう。

(写真:Kdhamaで定期開催しているチャンドラによる日本人対象呼吸法コースでの一コマ)

 

奇しくもコロナ禍によって、インドのヨーガ施設(アシュラム)に滞在しているかのような体験が、日本で出来る時代になりました。

あわら温泉から、インドの素晴らしいヨーガ講師を皆様にご紹介出来る機会がいただけることは、喜びです。

このイベントに、オンラインも含め「1000人でヨーガ」を実現したいと思っています!

伝統的なヨーガを、真摯に学び続け自ら実践し続けているインドの先生方から直接学んでいただきたい。その橋渡しをさせていただけることに、心から感謝いたします。

 

注)万が一、コロナの感染拡大など状況が悪化した場合は、オンライン参加のみとなりますが、予定通り開催いたします。

 

●ご支援の気持ちはヨーガの実践としての『恩送り』に

ご支援は、クラウドファンディングで募ることにしました。

このご支援は、あわら温泉でのプロジェクトに共感し応援して下さる方の意思表明として、有り難くお受けしたいと思っています。

支援して下さる皆様のお気持ちは、マットの外での「ヨーガ実践」として、「恩送り」させていただきます。

人から人へ、見知らぬ人へ、感謝、思いやりの気持ちを送り届ける・・・。これは、ヨーガの本質的な要素です。これをヨーガの実践として行動に移すために、東日本大震災から10年を迎えた今だからこそ支援を必要としている方々に「恩送り」したいと思います。

 

私が2011年にタイの施設でシュリO. P. ティワリ先生に来日をお願いしたときの意図が、皆さまのご支援によって形になろうとしています。

 

支援金からイベント経費を引いた全額を、以下の2団体に寄付します。

NPO法人3・11甲状腺がん子ども基金

小さき花市民の放射能測定室

*下にスクロールしていただき、両施設の方のインタビュー動画をご覧ください。

 

●プロジェクトの展望・ビジョン

このイベントを契機に、私の2つの故郷:あわら市とインドをヨーガで繋ぎ、思いやりのある優しい社会の実現を目指します。

インドの素晴らしいヨーガ実践者である先生方を日本の皆様に知っていただき、その学びの恩恵を受けて頂けるよう、これからも力を注いで参ります。

医師としての経験と知識を活かし、全ての人に、それぞれが必要とするヨーガを安全かつ効果的にお届けすること。そして、どんな状況であっても自分の中に穏やかさと平和を見いだし、心身の健やかさを持ち続けていただきたいと思っています。 

 

このイベントを通して「他者の幸せが自分の本質的な部分を最も喜ばせる」というヨーガ哲学の本質的な部分を広く皆様に知っていただき、「感幸のまち・あわら」が、より身近な場所に感じていただければ幸いです。 

 

この事業に一人でも多くの方にご賛同いただき、ヨーガの体験を通して繋がり、幸せを願う心を送る活動に是非、ご協力をお願いいたします。

 

●開催日

2021年6月20日(日)9時30分~12時30分

 

●会場

来場参加:あわら温泉 美松 大広間

【来場参加お申込み】あわら温泉・美松 0776-77-2600(お電話でお申込みください)先着80名

*あわら温泉美松の大広間とインドのKdhamaを結んでクラスを行います。

*カレーランチをご希望の方は、別途下記のチケット販売サイトから予約をお願いします。 

 →https://yoga-curry-awara0620.peatix.com/

 

オンライン参加

*全世界に向けて:Facebook & YouTubeを使って無料ライブ配信。

*支援者様には、Zoomで参加枠をご提供いたします。 

 

●参加費

ヨーガイベント参加費:無料(来場参加、オンライン参加どちらも)

 

●スケジュール

9:20~ ライブ配信・Zoom参加入室開始

・あわら市PRビデオ配信

9:35~ 主催者開会・メッセージ

・あわら市長 / 佐々木康男氏

・あわら市観光協会長 / 前田健二氏

・カイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所CEO / スボー・ティワリ氏 

10:00~ 講話

「回復力を高めるヨーガの効用 ~困難な時代にこそヨーガを~ "Yoga for Resilience"」

 シュリ O. P. ティワリ氏(カイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所長) 

10:30~ ご賛同自治体&団体・メッセージ

・泉大津市長 / 南出賢一氏

・いわき湯本温泉「古滝屋」社長 / 里見喜生氏

・他

10:50~ 伝統的ハタヨーガの実践

・カイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所 ヨーガ講師:ニーラジ・シン氏

12:00~ レポート

・NPO法人 3・11甲状腺がん子ども基金「手のひらサポート」(福島県)

・小さき花市民の放射能測定室(宮城県)

12:15~ 瞑想のテクニックの実践

・カイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所 講師

 

注)インド講師のお話・実践にはすべて日本語の逐次通訳が入ります

注)ヨーガの経験の有無にかかわらず、どなたでもご参加頂けます。

注)床に座るのが辛い方は、椅子に座ってご参加ください。

 

○カレーランチ・・・12:45~

注)別途ランチ代がかかります(150食用意)

事前予約が必要です。→https://yoga-curry-awara0620.peatix.com/

 

●後援

*あわら市

 「感幸のまち・あわら」

 

*カイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所(ロナワラ、インド)

 古典に基づく伝統的ヨーガを、科学的に検証するためにインド政府公認で設立された施設。

 

*泉大津市

 「健幸まちづくり泉大津」

 

*JR西日本

 

*檜枝岐村(ひえのまたむら:福島県南会津郡)

 

●協賛

*株式会社シャルマン(福井県鯖江市):シャルマンシールド来場参加100名分ご提供

 

*小杉織物株式会社(福井県坂井市丸岡町)

 

●企画協力

あわら市観光協会

芦原温泉旅館協同組合

あわら温泉女将の会

NPO法人 アントレセンター

京都文化社

 

●主催

2021年国際ヨーガデーinあわら温泉・実行委員会

Yoga & Wellness Chandra 

 

●寄付先

①3・11甲状腺がん子ども基金「手のひらサポート」

 

②小さき花 市民の放射能測定室

 


▼プロジェクト終了要項

 

 


開催日時    2021年6月20日9時45分~12時半

開催場所    あわら温泉 美松

主催者    2021年国際ヨーガデー in あわら 実行委員長 齊藤素子

イベント内容    
①本場インドの伝統的ヨーガをあわら温泉旅館さんの大広間で体験。全世界に発信。(現地ヨーガ研究所とオンラインで繋がり、インド人ヨーガ講師のクラスに日本語通訳付きで参加していただくイベント)
②本場インドのカレーをあわら市で堪能するカレーランチ会。(本場インドで修行し、インド人相手にカレーを振る舞って現地の新聞にも載ったマサラワーラーのお二人を招いてのランチ会)
③全国の健康を目指す市町村、温泉旅館さんをオンラインで結んで、あわら市発信の健康イベントとして国際ヨーガデーを盛り上げる。
④イベントの収益金は、賛同者の善意を必要な方々に届けるため、寄付させていただく。
寄付先:NPO法人3・11甲状腺がん子ども基金「手のひらサポート」、小さき花市民の放射能測定室。

プロフィール

リターン

3,500

Zoom参加券1枠+伝統的ヨーガのポイント《PDFファイル》

Zoom参加券1枠+伝統的ヨーガのポイント《PDFファイル》

●イベントにZoom1枠(オンライン)もしくは来場でご参加いただけます。(来場の場合は、主催者にご連絡ください)
会場:あわら温泉美松_大広間
開催時間:9時半~12時半頃
※有効期間1年
●伝統的ヨーガのポイント《PDFファイル》をメールでお送りいたします。

支援者
49人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

5,000

Zoom参加券1枠+医師が伝える伝統的ヨーガの基礎「アーサナ&プラーナーヤーマ(ヨーガ的呼吸法)」(動画配信)

Zoom参加券1枠+医師が伝える伝統的ヨーガの基礎「アーサナ&プラーナーヤーマ(ヨーガ的呼吸法)」(動画配信)

●イベントにZoom1枠(オンライン)もしくは会場参加でご参加いただけます。(来場の場合は、主催者にご連絡ください)
会場:あわら温泉美松_大広間
開催時間:9時半~12時半頃
※有効期間1年

●医師が伝える伝統的ヨーガの基礎「アーサナ&プラーナーヤーマ(ヨーガ的呼吸法)」(動画配信)の視聴URLをメールでお送りします。

支援者
34人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年6月

6,000

Zoom参加券1枠+伝統的ヨーガのポイント《PDFファイル》+あわら温泉グッズ

Zoom参加券1枠+伝統的ヨーガのポイント《PDFファイル》+あわら温泉グッズ

●イベントにZoom1枠(オンライン)もしくは来場してご参加いただけます。(来場の場合は、主催者にご連絡ください)
会場:あわら温泉美松_大広間
開催時間:9時半~12時半頃
※有効期間1年
●伝統的ヨーガのポイント《PDFファイル》をメールでお送りします。
●あわら温泉ゆるキャラ「湯巡権三君」グッズ3点をお送りします。


支援者
2人
在庫数
8
発送完了予定月
2021年6月

7,000

Zoom参加券1枠+あわら温泉女将の会から感謝のお手紙+あわら温泉グッズ

Zoom参加券1枠+あわら温泉女将の会から感謝のお手紙+あわら温泉グッズ

●イベントにZoom1枠(オンライン)もしくは来場してご参加いただけます。(来場の場合は、主催者にご連絡ください)
会場:あわら温泉美松_大広間
開催時間:9時半~12時半頃
※有効期間1年
●あわら温泉女将の会から、感謝のお手紙をお届けします。
●あわら温泉ゆるキャラ「湯巡権三君」グッズをセットでお送りします。

支援者
0人
在庫数
3
発送完了予定月
2021年6月

8,000

Zoom参加券1枠+伝統的ヨーガの基礎(動画配信)+小杉織:超立体型絹マスク「いろひかり」1枚

Zoom参加券1枠+伝統的ヨーガの基礎(動画配信)+小杉織:超立体型絹マスク「いろひかり」1枚

●イベントにZoom1枠(オンライン)もしくは会場参加でご参加いただけます。(来場の場合は、主催者にご連絡ください)
会場:あわら温泉美松_大広間
開催時間:9時半~12時半頃
※有効期間1年

●医師が伝える伝統的ヨーガの基礎「アーサナ&プラーナーヤーマ(ヨーガ的呼吸法)」(動画配信)の視聴URLをメールでお送りします。

●小杉織:超立体型絹マスク「いろひかり」1枚 サイズをお選びください。マスクの色はお届けまで楽しみにお待ち下さい。

支援者
10人
在庫数
40
発送完了予定月
2021年6月

12,000

Zoom参加券1枠+伝統的ヨーガのポイント《動画配信》+あわら市特産品3000円相当

Zoom参加券1枠+伝統的ヨーガのポイント《動画配信》+あわら市特産品3000円相当

●イベントにZoom1枠(オンライン)もしくは来場でご参加いただけます。(来場の場合は、主催者にご連絡ください)
会場:あわら温泉美松_大広間
開催時間:9時半~12時半頃
※有効期間1年
●医師が伝える伝統的ヨーガの基礎「アーサナ&プラーナーヤーマ(ヨーガ的呼吸法)」(動画配信)

●あわら市特産品3000円相当を進呈。赤い宝石「越のルビー(皇室献上品トマト)」などあわら市の旬の新鮮野菜。(写真は越のルビー。イメージです。)

支援者
10人
在庫数
完売
発送完了予定月
2021年6月

15,000

チャンドラ主催:ヨーガ・アドバイザー認定講座受講券

チャンドラ主催:ヨーガ・アドバイザー認定講座受講券

●伝統的ヨーガに関する基礎知識を学び、その人に合ったヨーガ的なアドバイスが出来るようになるための3回シリーズの講座です。ヨーガの経験の有無は問いません。生き方としてのヨーガに興味がある方、健康づくりとしてのヨーガをご家族やご友人に勧めたい方、是非、ご支援ください。

【開催場所】未定(あわら温泉の旅館さんで開催。4月30日までにご支援いただいた方々と直接連絡のうえ決定します)

【開催日時】3回すべての受講が必要です。
・第1回:5月20日_11時~14時半(45分のお昼休憩をはさむ)
・第2回:7月(未定)
・第3回:9月(未定)
1支援につき1人まで参加可能です。

支援者
7人
在庫数
2
発送完了予定月
2021年5月

25,000

Zoom参加券1枠+伝統的ヨーガのポイント《動画配信》+あわら市特産品6000円相当

Zoom参加券1枠+伝統的ヨーガのポイント《動画配信》+あわら市特産品6000円相当

●イベントにZoom1枠(オンライン)もしくは来場でご参加いただけます。(来場の場合は、主催者にご連絡ください)
会場:あわら温泉美松_大広間
開催時間:9時半~12時半頃
※有効期間1年

●医師が伝える伝統的ヨーガの基礎「アーサナ&プラーナーヤーマ(ヨーガ的呼吸法)」(動画配信)URLをメールで配信

●あわら市特産品メロンなど6000円相当を進呈。
※写真は「花咲紅姫」(イメージです)
※あわら市では10種類以上のメロンが生産されています。赤肉・青肉と色も形も味も様々。食べ比べも楽しいです。とろりと熟した果肉、強いメロンの香り、優しくとろける甘さです。発送時に一番美味しく旬のメロンを選んでお届けします。

支援者
6人
在庫数
4
発送完了予定月
2021年6月

100,000

Zoom参加券1枠+伝統的ヨーガの基礎(動画配信)+齊藤によるオンラインプライベート(小グループ)クラス1時間(3回分)

Zoom参加券1枠+伝統的ヨーガの基礎(動画配信)+齊藤によるオンラインプライベート(小グループ)クラス1時間(3回分)

●Zoom1枠もしくは会場VIP席(2名様)でご参加いただけます。(来場の場合は、主催者にご連絡ください)
会場:あわら温泉美松_大広間
開催時間:9時半~12時半頃
※有効期間1年

●医師が伝える伝統的ヨーガの基礎「アーサナ&プラーナーヤーマ(ヨーガ的呼吸法)」(動画配信)

●齊藤によるオンラインプライベートクラス1時間(3回分)
※有効期限:2021年12月
※1支援につき、お一人、1家族、もしくは5名までのグループでのご参加が可能です。
※医師としての経験と知識でセラピーとしてのヨーガをお伝えすることも可能ですが、治療行為ではありません。ご了承ください。

支援者
1人
在庫数
2
発送完了予定月
2021年6月

150,000

来場参加VIP券(もしくはZoom参加券)+あわら温泉「美松」特別室ペア宿泊券二食事付き

来場参加VIP券(もしくはZoom参加券)+あわら温泉「美松」特別室ペア宿泊券二食事付き

●イベント会場VIP席2名様分、もしくはZoom1枠(オンライン)でご参加いただけます。
会場:あわら温泉美松_大広間
開催時間:9時半~12時半頃
※有効期間1年
●あわら温泉「美松」特別室二食事付き宿泊券2名様分進呈
※このリターンについては、お部屋を提供してくださる あわら温泉 美松様の許諾を得て掲載しております。
※有効期限:2021年10月31日まで。
※平日限定、休前日、特日は除外とさせていただきます。

支援者
1人
在庫数
完売
発送完了予定月
2021年5月

150,000

来場参加VIP券(もしくはZoom参加券)+あわら温泉「グランディア芳泉」露天風呂付きスイート別邸ペア宿泊券二食事付き

来場参加VIP券(もしくはZoom参加券)+あわら温泉「グランディア芳泉」露天風呂付きスイート別邸ペア宿泊券二食事付き

●イベント会場VIP席2名様分、もしくはZoom1枠(オンライン)でご参加いただけます。
会場:あわら温泉美松_大広間
開催時間:9時半~12時半頃
※有効期間1年

●あわら温泉「グランディア芳泉」露天風呂付きスイート別邸 個止吹気亭(ことぶきてい)二食事付き宿泊券2名様分進呈
※このリターンについては、お部屋を提供してくださる あわら温泉 グランディア芳泉様の許諾を得て掲載しております。
※有効期限:2021年10月31日まで。
※平日限定、休前日、特日は除外とさせていただきます。

支援者
1人
在庫数
完売
発送完了予定月
2021年5月

220,000

【団体・企業・医療機関・施設様向け】ヨーガプログラム4回シリーズ受講券(参加人数1クラス80名まで)

【団体・企業・医療機関・施設様向け】ヨーガプログラム4回シリーズ受講券(参加人数1クラス80名まで)

●グループ対象のヨーガクラスを、合計4回ご提供させていただきます。
●1クラスの参加人数は、オンライン・対面どちらも80名までとさせていただきます。
●ヨーガの実践による効果を調べるため、クラスに参加してくださる皆様に開始前と終了後のアンケートにご協力いただきます。
●企業様の福利厚生として、スタッフ・職員の心身の健康増進・維持に是非ご活用ください。
●医師としての経験と知識を活かし、伝統的なヨーガを安全にお伝えさせていただきます。

※対面でのご指導をご希望の場合は、交通費や宿泊費を実費でいただきます。オンラインでのクラス提供の場合は追加料金はいただきません。
※2021年7月から2022年3月までの間で提供させていただきます。詳細な日程については、ご相談上、決定させていただきます。

支援者
1人
在庫数
2
発送完了予定月
2021年5月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

達成

コロナで失業し、生活を守るために必死で職を探してる方を救いたい。

株式会社ビビッドグループ株式会社ビビッドグループ

#環境保護

101%
現在
1,012,000円
支援者
52人
残り
30日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする
プロジェクトの相談をする