石巻市立大街道小学校にて塩害対策(除塩)

今日、石巻市立大街道小学校にて、

塩害対策(除塩)作業を行っていました。

こちらは来月11月に植樹イベントを行う植樹予定場所の除塩となります。

 

9月に土壌の塩分(交換性ナトリウム)を測定した結果を見たところ、

塩害に弱いソメイヨシノのような樹種は枯れたり、弱ったりする程度の塩分濃度がまだ土壌中に堆積していました。

震災から3年半経っていますが、まだまだこんな状況は至る所で続いています。

 

今月さらにもう一度、塩害対策(除塩)作業を実施する予定です。

計算上はそれでなんとか植樹への許容値まで塩分濃度が下がるはずです。

あとは、台風でも構わないので、どんどん雨が降ってもらうことです。

 

今回、採用している塩害対策(除塩)手法は、

除塩用土壌改良材を散布し、雨での除塩が促進されるようにする手法です。

雨が多く降れば、それだけ効果が上がります。

 

プロジェクト締め切りまで、残り3時間ほどです。

なかなか支援が集まらず、苦戦しています。

やはり塩害というマイナーな復興支援だからでしょうか。。。

難しいところですね。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています