READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

    津波で庭を流された被災者の新居に思い出の木を贈りたい!

    津波で庭を流された被災者の新居に思い出の木を贈りたい!

    支援総額

    35,000

    目標金額 212,750円

    支援者
    4人
    募集終了日
    2014年10月12日
    募集は終了しました
    0お気に入り登録0人がお気に入りしています
    このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

      0お気に入り登録0人がお気に入りしています
      2014年09月01日 21:34

      津波被災地にて植樹イベントサポート

      こんにちわ。

      プロジェクトを公開し、なんと!すぐに2名の方より、ご支援を頂き、温かいメッセージを頂きました。本当にありがとうございます。気持ちを引き締めゴールに向けて頑張りたいと思います。

       

      津波被災地で木を植えるために一番厄介な問題は、土壌の塩害です。

      3年半経った今でも、この問題は続いています。

       

      塩害とは?

      津波が襲った地面には、土壌に多量の塩分が蓄積されています。植物のほとんどは塩分に弱いので、土壌の塩分濃度が高まると、生長が阻害されたり、枯れたりしてしまいます。これを「塩害」と言います。

       

      残念ながらこの事実がなかなか認知されていないのです。

      そのため、本当なら回避できるはずのことが回避できずにいるのが、今の被災地での植樹活動ではないでしょうか?

      植樹する前に、塩害対策(除塩)をする必要があるのです。

      (詳しくは当NPOのサイトより http://jumoku-ikiiki.org/

       

      そんな中、

      日頃の私達の活動への理解を頂いているセブンイレブン記念財団より、

      11月に宮城県石巻市にて行われる植樹イベントへのサポートの依頼が正式にきました。植樹対象の小学校は、津波被害が大きかった地域に立つ学校です。

      今は、私達が被災地で取り組んでいる塩害対策(除塩)を植栽予定場所に実施する準備をしています。

      塩害対策(除塩)、木を植栽できるよう土壌改良を完了させて当日を迎えるのが、目下の目標です。

       

      こちらのプロジェクトと平行して、

      小学校での塩害対策(除塩)活動も進行中です!

       

      早く緑に囲まれた被災地が見たいですね!

      一覧に戻る

      リターン

      5,000

      alt

      植えられた木の写真ポストカードによるお礼状
      NPOのホームページ内の植栽場所マップ上の木の写真へ名前掲載

      支援者
      1人
      在庫数
      制限なし

      10,000

      alt

      植えられた木の写真ポストカードによるお礼状
      NPOのホームページ内の植栽場所マップ上の木の写真へ名前掲載
      木を植えるボランティアとして参加できる

      支援者
      3人
      在庫数
      制限なし

      30,000

      alt

      植えられた木の写真ポストカードによるお礼状
      NPOのホームページ内の植栽場所マップ上の木の写真へ名前掲載
      木を植えるボランティアとして参加できる
      ゲストハウスみらい(石巻市)に1泊無料ご招待

      支援者
      0人
      在庫数
      制限なし

      50,000

      alt

      植えられた木の写真ポストカードによるお礼状
      NPOのホームページ内の植栽場所マップ上の木の写真へ名前掲載
      木を植えるボランティアとして参加できる
      木を植える日程調整に参加できる
      ゲストハウスみらい(石巻市)に1泊無料ご招待
      宮城県石巻地域の特産品を受け取る

      支援者
      0人
      在庫数
      制限なし

      プロジェクトの相談をする