プロジェクト概要

滝子マルシェを復活させたい!
みんなでつくる“まちづくり”

 

はじめまして。峯田和代と申します。岐阜県出身ですが、結婚し愛知県名古屋市の滝子地区に来て11年がたちました。

 

いまは、主人の祖母が戦後始めた「みねたや」という化粧品屋で主人の母と一緒に働いています。第一子出産後に前から興味があったネイルの資格を取得し、今では同年代の主婦層を中心に同店舗内で毎日楽しくジェルネイル施術をしています。

 

 

結婚して滝子に来たとき主人の家族以外誰も知り合いがいませんでしたが、お店のお客さんを始め近所の方たちは、そんな私を温かく迎えてくれ、滝子という街が大好きになりました。


私のお店がある滝子商店街ですが、残念ながら活気があるとはいえません。住宅地の中にあるのに、私たちの世代 30代〜40代が楽しめるようなお店がなく、とてももったいない!

 

そこで、商店街を盛り上げるため、2016年に「滝子マルシェ ハロウィンパーティー」として開催しました。おかげさまでイベントは大盛況に終わり、続く2017年にも開催することができました。

 

しかし、昨年2018年は、資金の関係で開催することができなくなってしまいました...

 

たった2回の幻の滝子マルシェ。

地元育ちの元気な子供たちが踊るステージ。人気のお店が集結するマルシェ。

住み慣れた街と見慣れた風景がにぎやかに変わり、大人も子供もおじいちゃんおばあちゃんも、みんなが笑顔になる1日を作りたい。

 

この想いは、途切れることがなく、滝子マルシェ復活に向かって動き出しました!そこで!今回クラウドファンディングに挑戦し、皆さまのお力を借りたいと思っています!

 

また復活させてみんなに楽しんでもらいたい。

そしてこれからも、継続できる形を作っていきたい。

 

ご支援、応援のほどよろしくお願いいたします。

 

マルシェ実行委員会メンバー

 

滝子マルシェを始めるきっかけ
イベントで盛り上げたい

 

滝子マルシェを始めるきっかけは、4年ほど前に自身の店舗で知り合いのハンドメイドワークショップを開催したことが始まりです。

 

10名ほどの参加者の中に、滝子で生まれ育った実行委員会メンバーの一人である粕谷さんと「滝子っていいところだよね!」と話しているうちに、「こうやって自分たちが楽しいと思うことをこの地元でイベントとしてできたら、きっとみんな喜んでくれるよね」とふっと漏らしたことでした。

 

そこから粕谷さんと盛り上がる夢物語をどうしても実現させたくなり、滝子商店街に企画を持ち込み、地元の皆さまのご協力もあって、「2016年滝子マルシェ ハロウィンパーティー」として開催に至ることができました。

 

 

イベント告知のために近隣の幼稚園や保育園にチラシ配布をお願いしたり、SNSでこまめに発信も行いました。自分たちが思いつくことは、なんでもやりましたが、本当にみんな来てくれるのか、心配と不安で夜も眠れなかった事を覚えています。

 

そして迎えた当日。

次々と出店者様の車が到着し、活気を帯びていくブースや、仮装したカワイイお子様の手を引いた家族連れが続々と集まっていくのを見たとき、涙が溢れるぐらい嬉しかったです。

 

 

2017年に開催した時は、当日台風が迫っており、ヒヤヒヤしながらの開催でした。ご出店の皆さまが、あいにくの天気なのに笑顔でお店に立ってくださっている姿。ステージの方が、雨で濡れたステージに裸足になって踊ってくれてる姿。全てに、感動と感謝で胸がいっぱいででした。

 

参加いただいた皆さまのお言葉を一部紹介させてください!

 

 

2018年は、あえなく断念
滝子を盛り上げるために今年復活!


2018年にも開催を考えましたが、開催費用を捻出することができず、やむなく開催を断念しました。

 

しかし開催できなかったことで、今まで参加してくれた人から「今年はハロウィンやらないの?」「みんな楽しみにしてるよ!」というお声をいただき、待ってくれている人がいることを知ることができました。

 

そんな応援していただける皆さまのためにも、実行委員会は復活するために動き出しました!

 

< 応援いただけている皆さま >

 

ITO製作所の皆さま
ハグスポーツクラブダンススクール 愛か先生
鍼灸マッサージハウス寿美家さん

 

滝子マルシェのコンセプト

 

滝子マルシェ ハロウィンパーティーは、地域交流の場として考えています。 滝子周辺は新築戸建てやマンションが増え、高齢者から子育て世代へと世代交代の時期に入っていますが、まだその世代が集える場所もお店も少ないです。

 

そのため滝子マルシェのイメージは、30、40代の女性目線のかわいらしいお店が立ち並んでいる風景をイメージしています。今の滝子になかった同世代が中心となって、子どもも高齢者も世代を超えて楽しめる場所を作ります。

 

出店してもらうお店は、見た目もかわいいスイーツや、つけたくなるハンドメイドアクセサリー。自分の子供が喜ぶだろうな、というワークショップ。

 

出店者の多くが主婦でお母さんなので、例えばお菓子を作っているお店の人は、子供が食べても安心、安全なものを厳選されています。

 

また、自分たちの子どもが練習している、ダンスや演奏などの習い事など普段頑張ってることを地域のみんなで共有することも目的です。地元の人たちに地元のキッズってこんなことやってるんだよ!って見てもらえるステージプログラムになっています。

 

そんないくつかの、あったらいいなを実現する地域交流イベント。 会場は、三菱UFJ銀行の駐車場と車がすれ違うのがやっとの細い商店街の道路70m。そこにキッズたちの楽しいステージと30を超える選りすぐりのお店が集まります。

 

< イベント概要 >

 

日時:2019年10月22日 10時~15時

場所:愛知県名古屋市昭和区滝子町(滝子交差点から北側)

 

【必読】お申し込みにあたって

 

※イベント当日が雨天の場合は決行、荒天の場合は中止となります。また、開催中止となってしまった場合、すでに開催準備に費用が発生しているため、ご支援金を返金することができません。ご支援金は開催準備にかかる費用の一部として充てさせていただき、同様のイベントを開催する際に資金を使用させていただきます。

 

 

滝子 × 楽しいこと
 ワクワクすることをみんなで作りたい

 

外から来た私が考える滝子のいいところは、やっぱり住む人たちの人柄の良さです。みなさん、気取らずさっぱりとしていて、いつも自然体でおしゃべりできる人ばかり。そんな滝子の人たちが大好きだし、滝子だから今までやってこれたと思っています。

 

滝子マルシェは、そこに住んでいる人間だからこそやれる、自分たちが楽しめるイベントは自分たちで作っていける、そんな温かさと活気にあふれた地域になっていくきっかけでありたいです。

 

そのためにも、ハロウィンパーティーを今後安定した定期開催にする必要があると考えています。助成金や公的な施策にだけに頼るのではなく、自分たちの頑張りで復活させたい。滝子にある企業や団体とコラボレーションしたり、子供が楽しむキャラクターを呼んだり。この場所でできる楽しいことはまだまだたくさんあります。

 

それを実現させるためにも、みなさまのご支援、応援のほどよろしくお願いいたします。

 

 

プロジェクトメンバーご紹介

 

峯田和代

滝子に来て本当によかった!とよく言ってます笑。そのくらい素敵な人たちに囲まれて毎日楽しく過ごしています。地域の人たちの輪がこれからも広がっていきますように。楽しいイベントになるよう精一杯がんばります!

 

粕谷まり

滝子生まれ、滝子育ち、滝子が大好きです!

昔はとっても賑わっていたと祖父母や、昔を知っている人たちから聞いていました。そんな賑わいをマルシェ、そしてハロウィンという形でいろんな世代が集まって、ワクワクできる場所にしたいと思います。私自身ハンドメイドをしていてマルシェに出店しています。その経験を生かし、ここ滝子でしかできない魅力的なイベントにしたいです!

 

前原あずさ

5歳の男の子の母です。祖父母が住んでいた昭和区に引っ越して約11年になります。出産する前は販売の仕事に携わり、人と接する喜び・楽しさを知りました。人のつながりを持ち、広め深める為にも滝子マルシェは役に立ち、笑顔が溢れるイベントにしたいと思っています。マルシェではノベルティ担当として、皆さんに喜んで頂けるよう奮闘中です。当日会場でも運営メンバーとして皆さんをお迎えします。

 

資金使途

 

会場費(道路使用料、販売許可費など):120,000円
設備装飾費(ステージ及び仮設トイレ等レンタル料、音響設備費など):350,000円
広告宣伝費(チラシ製作費、新聞折込料、広告費など):220,072円
雑費(損害保険加入料、資料製作郵送費、ノベルティ制作費など):110,000円
Readyfor手数料:179,928円

合計:980,000

 

 

※本プロジェクトのリターンに関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)