READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

『お米配達プロジェクト』お米農家さんのコダワリを届けたい!

『お米配達プロジェクト』お米農家さんのコダワリを届けたい!

支援総額

0

目標金額 20,000円

支援者
0人
募集終了日
2019年11月27日
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 ■はじめに

 

この度は、数あるプロジェクトの中から本ページをご覧頂きありがとうございます!
僕は、都内でサラリーマンをしている、柳原と申します。

 

社会人で商社・コンサルティング業を経験し、
現在の生産者の方々の顔が見えにくい物流の形に違和感を感じました。
生産者の方々をもっと身近に感じる事ができる、物流の新しい形を作りたいと思い、クラウドファンディングに挑戦しました。

 

 

そして今回のお題は・・・

 

お米!

 

普段、何気なく食べているお米。
皆様は、どんな方が、どこで育てたお米なのかご存知でしょうか?

 

 

最近、スーパーの野菜コーナーで多く見かけるようになった野菜農家さん達の

『私たちが作りました!』と言う POP。


野菜農家さん達の名前や写真、生産地は勿論、ユーモアのあるものだと、その方の趣味まで記載されている事もあります。

 

しかし、カラフルに彩られた野菜コーナーのPOPに対し、

お米コーナーでそれを見る事はほとんどない・・・

と言って良いほど少ないように感じます。

 

その理由の1つとして、スーパーで販売されているお米のほとんどが、

『ブレンド米』

と呼ばれる、ある地域のお米農家さん達が育てた同じブランドのお米を混ぜて販売されているものだからです。

 

 

また、大定番の『ササニシキ』『ヒトメボレ』

一時のブランド米ブームで有名になった『ゆめぴりか』『青天の霹靂』・・・

 

名前だけは何となく知っていても、その先にあるお米農家さんの事、

特にそのこだわりや情熱、人となりまでは私たちの元には

なかなか伝わって来ないかと思います。

 

 

このように生産者の方の顔が見えにくいお米。
今回の挑戦を通して、力溢れるお米の向こう側をお届けできればと思っております。

 

 

 

■What's?  お米配達プロジェクト?

 

私達が毎日のように食べているお米

言わずと知れた日本の主食であり、私達にとって最も身近な食べ物であると言えるかと思います。

 

ある会社の調査によると、

『海外旅行から帰ってくると食べたくなるものは何ですか?』

という質問に対し、

 

1位:白米(29.7%)

2位:寿司(16.9%)

3位:お茶漬け(11.1%)

4位:ラーメン(10.0%)

5位:お味噌汁(9.7%)

 

※引用:マイナビ

と、なんと上位3つにお米がランクインその半数以上がお米を食べたいと回答するという結果が出ている程、日本人に愛され、私達の生活に溶け込んでいる食べ物です。

 

ですが、これはあくまで海外旅行という非日常を味わった後の話です。

 

毎日の食卓にご飯(お米)が並んでいる事が当たり前になりすぎて、その存在に関心を持った事はないのではないでしょうか?

 

毎日当たり前に食事をする中で、『ご飯(お米)が美味しい!』よりも、

『おかずが美味しい』が勝ってしまい、その存在は薄れてしまっているのではないでしょうか?

 

 

実は今、このお米大国日本で深刻なお米離れが進んでいるのです。

 

 

 

その理由は、食の多様化など多岐に渡りますが、

その1つとして挙げられているのが『朝食』です。

 



朝食の定番『ごはん・お味噌汁・漬物・焼き魚・納豆』。
ゆっくりと食べてから家を出たいものですが、そんな時間がないのも本音です。

ご飯を炊くとなると、一般的な炊飯ジャーで準備してから炊き上がりまで平均で30分。食事をしてから炊飯釜・お茶碗・しゃもじ・お箸などの洗い物をして・・・と、確かに手間と時間が掛かってしまいます。
その結果、すぐに食べる事が出来て洗い物も少ないパン食派が急激に増えているのです。
 

僕も朝はバタバタしてしまい、そもそも朝ご飯を食べない日すらあるくらいなので正直心が痛むところがあります・・・

 

 

そしてもう1つが糖質制限ダイエットブームです。

 

これは問答無用で糖質・・・つまりお米を始めとした主食を完全に絶ってしまうと言う、言わずと知れたお米農家さん絶句のダイエット方法です。

主食を始めとする糖分を摂取しないという事で効果は出やすいと話題になりましたが、これによって『お米を食べると太る』と言う間違った認識を持ってしまった人たちが増えてしまった様に思います。

 

 

ですが、本来『日本食』は世界に誇る健康食!

そしてその主食はいつの時代も美味しいご飯(お米)なのです。

 

今、世界的に注目を集めている『日本食』に対して、一番意識が低いのが日本人だと言われているのです。

 

 

そこで今回のこの企画では、一度お米から離れてしまった方も、普段から何気なくお米を食べている方にも、お米の魅力と美味しさを再認識して頂けるギフトとして、

お米へのコダワリが100%詰まった『お米BOX』

をお届け致します。

 

 

■『コダワリ100%』とは?

 

この『お米BOX配達プロジェクト』企画では、お米に対する3つのコダワリをぎゅっと詰め込んで、新しいお米との出会いと美味しさを皆様の元へお届け致します。

 

【1】お米の美味しさへのコダワリ

【2】お米農家さんへのコダワリ

【3】お米情報のコダワリ

 

 

【1】お米の美味しさへのコダワリ

 

今回は、熊本県の3人のお米農家さん達にご協力頂く事が出来ました。

同じ熊本県でも、育て方や環境の違いで、全く違った味わいのお米をご堪能頂けます。

 

 

また、熊本県などの日本の南部では、8〜9月に稲刈りを行うので、今が丁度新米の時期です!

採れたての新米は水分量が多くみずみずしい為、通常よりも少し少なめのお水で炊いて頂きますと、お米の粒が立ち、ツヤツヤと炊き上がります。

お米本来の香りも強く、それだけでも十分食欲をそそります!

 

勿論そのままお召し上がり頂いても最高に美味しいのですが、

今回は、お米の美味しさを更に引き立てるオススメのおかずと合わせてご紹介させて頂きます。

 


・Entry No1:みずみずしくクリアな後味が特徴

白身魚のムニエルに合うお米

野々川の綺麗な水をたくさん吸収して育ったお米は、非常にクリアでさっぱりとした後味が特徴です。

淡白な白身魚の味を活かしつつもお米自体の爽やかな味わいを感じる事が出来るので、ムニエルなどの洋風なおかずとの相性もバッチリ。

助演男優賞級と言えるお米です。

 

 

・Entry No2:しっかりと濃い甘みが特徴

鳥のトマト煮込みに合うお米

山からの栄養をたっぷりと吸い込んだお米で、噛み締めた時に一粒一粒からしっかりとした甘みが舌に伝わってきます。

お米自体の味がしっかりとしている為、脂身があるお肉料理にも、味が負けてしまう事がありません。トマトの酸味とお肉の脂身、お米の甘みのハーモニーをお楽しみ下さい。

 

 

・Entry No3:極上のツヤとしっかりとした粒が特徴

お刺身に合うお米

太平地区の開けた大地で、正にストレスフリーでのびのびと育ったお米はその食感に大きな特徴があります。

土鍋で炊かずともお米が持つ力で粒が立ち、ツヤツヤと発光するビジュアルとしっかりとした食感は感服ものです。

ねっとり、またはコリコリとしたお刺身との食感のコントラストをお楽しみ頂ければと思います。

 

 

 

 

各お米農家さんが日々田んぼと向き合い、愛情を込めて育て上げたお米はどのお米も甲乙付け難い美味しさでです!

今回は、この3つのお米の食べ比べセットをお届けします。

混じりっけなし純度100%の美味しさを、是非味わってみて下さい!

 

 

 

【2】お米農家さんへのコダワリ

 

今回は、なかなか知る機会が少ないお米農家さんにもフォーカスを当てたいと考えております。

 

私達が考えている以上にシビアなお米作りの世界。

その年の気候などによって、お米の出来が大きく左右されます。

その中で安定したお米を育てていくには、毎年同じ事をするのではなく、『今のお米・田んぼの状態には何が必要か』を見極める経験値がものを言います。

 

 

正に職人肌。

 

そんな頑固一徹に見えるお米農家さんも、お話をお伺いしてみるとちょっとお茶目な所があったり、最近気になっている事があったり・・・

 

『お米BOX』では、お米同様に個性あふれるお米農家さんの情報を、トレーディングカードにして皆様のお手元にお届け致します!

 

自然豊かな熊本県の景色をバックにした、それぞれのお米農家さんたちのプチ情報満載のカードは、どれを取ってもぐっとくる僕の自信作です!

どの農家さんのカードが届くかはBOXをあけてからのお楽しみ。

 

是非実際にお手に取ってご覧になって下さい!

 

 

【3】お米情報のコダワリ

 

言わずと知れた日本の主食『お米』。

そのお米について皆様はどれくらい知っていますか?

 

今回はお米の歴史や豆知識をレポートにして皆様の元へお届けします!

 

 

古代人にとってお米はどの様なものだったのか?

お祝い事の際に食べる『アレ』の原点は?

皆様が絶対に持っている『お米模様』とは?

 

知ると『なるほど!』となる、お米のあれこれをレポートにしました。

(と言っても、大学生の宿題のような細かくて難しいものではありませんのでご安心下さい。笑)

これを読めばお米がもっと身近に感じるはず。

知っているようで意外と知らないお米の世界を、これを読んで少しだけ覗いて見て下さい!

 

 

 

■リターンについて

 

 

【2980 円】お試し版
・3 種類のお米 × 各 2 合
・農家さんカード ×1枚

・お米レポート

 

 

 

今回の企画では、皆様が普段食べているお米の新しい発見と、生産者様のこだわりとの出会いをお届けできればと思っています。

 

 

<資金の使い道>

今回集まった資金で、色々な農家さんのもとへ行き、農家の皆様から生の声をお聞きし、次回以降も発信できるようにしたいと思います。

 

・以前購入して美味しかったお米を生産している、お米農家さん3人のもとへの訪問費用
 ・次回クラウドファンディング開催時のリターン初期費用

 

是非とも、皆様に美味しい「お米」をお届けする為、皆様に『お米』の魅力をお届けする為、ご協力頂ければと思います。

 

 

※プロジェクトの終了要綱

2019/12/31までに、お米ボックスをリターンとして支援者へ送付が完了したことをもって、プロジェクトを終了とします。

もっとみる

プロフィール

個人で医療経営コンサルタントを行っている柳原です。 今まで経験したマーケティングやコンサルティングでの知識活かし新しい流通の形を作りたいと思っております。 目標は、「会社でできない利益にとらわれないプロジェクト」 少しでもご興味ありましたらご支援・ご協力の程よろしくお願いいたします。

リターン

2,500

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【超早割 / 20組限定】『お米ボックス』お試し版

お米農家さんの3つのこだわり100%が詰まった『お米ボックス』をお届けいたします。
・お米を込めた『米袋』2合×3種類
・農家さんの情報を込めた『農家さんカード』1枚
・お米の情報を込めた『お米レポート』(紙媒体)

支援者
0人
在庫数
20
発送予定
2019年12月

2,980

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

『お米ボックス』お試し版vol.0

お米農家さんの3つのこだわり100%が詰まった『お米ボックス』をお届けいたします。
・お米を込めた『米袋』2合×3種類
・農家さんの情報を込めた『農家さんカード』1枚
・お米の情報を込めた『お米レポート』(紙媒体)

支援者
0人
在庫数
30
発送予定
2019年12月

プロフィール

個人で医療経営コンサルタントを行っている柳原です。 今まで経験したマーケティングやコンサルティングでの知識活かし新しい流通の形を作りたいと思っております。 目標は、「会社でできない利益にとらわれないプロジェクト」 少しでもご興味ありましたらご支援・ご協力の程よろしくお願いいたします。

あなたにおすすめのプロジェクト

85歳の挑戦。奈良仏教の礎を築いた一人である道鏡禅師像を造立へ

幾島 一恵幾島 一恵

#地域文化

44%
現在
449,000円
支援者
12人
残り
25日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする