プロジェクトが公開されました。

みなさまありがとうございます。ようやくプロジェクトが公開されました。さっそくの引換券のご購入、たいへんありがとうございます。

 

ここですこし、この井戸掘り事業を手伝ってくれる現地事業者さんをご紹介させてください。DANIEL MUSYOKA FOUNDATION 今回のプロジェクト現地キツイの村から数十キロ圏内で、井戸掘り事業をはじめ、農業支援や孤児院経営などを行っている団体です。

http://www.danielfoundationk.org/

 

 

 

当初、井戸の掘削にかかる費用を調べていて、なかなか適正な情報を得られず、あきらめかけていたところに、ごく身近なつてを通して同様のプロジェクトをやっている人がいるという話を小耳にしました。さっそくお伺いしてその事例や実績のことを聞いてみましたら、なんと僕らが手がけているバスケットウィバーズの村のお隣の県、マチャコスで同様の井戸掘り事業をすでに何カ所かでこなしたとのことでした。彼らは自前の非政府組織を立ち上げていて、運営資金は自国やヨーロッパなどからの寄付金によるとのことでした。とはいえ一カ所の井戸掘りにかかる費用は、キツイで調べたものと同様かなりの金額になるになるので、そんなに頻繁には実施は出来ていないとのことです。

 

しかし一度井戸を掘り当ててしまうと、その後の運営は比較的簡単だと言っておられました。なぜなら24時間給水可能な井戸水は大変貴重なので、水が出ればいくらかでもそれを売っていけばメンテナンス費用になるし、公共の事業と言うことでやると、村が一丸になって管理してくれるかららしいです。

 

われわれの懸案の場所も、村の中心地で、村全体の収益を作っているバスケット生産者グループの管理下にあるところですので、給水施設が出来ればきっと上手に運営していってくれることと思います。

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています