READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

起業家達が安心する場所を作りたい、起業へのイメージを変えたい

起業家達が安心する場所を作りたい、起業へのイメージを変えたい

支援総額

0

目標金額 1,100,000円

0%
支援者
0人
残り
9日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
2お気に入り登録2人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は2月27日(木)午後11:00までです。

2お気に入り登録2人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

 私はごく普通の学生です!

 はじめまして。板東琉太です。私は某大学に通っている学生です。

 大学生になり、今まで何の成果も残してこなかったため、「このままでは無駄な大学生活をおくることになってしまう」と考えようになりました。

 私の将来の夢は、有名一流企業などに入る事などではありません。たくさんの仲間を作って、自分の会社を立ち上げる事です。そのため、今回このサイトを利用させていただき、プロジェクトを紹介させていただきました。

 どうか最後までお目を通していただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 始めは新アプリを開発しようと考えていました!

 私は始め、位置情報機能を使ったアプリを開発したいと考えました。そのアプリは、既存のポケモンGOなどのものとは異なります。位置情報を使って、お金を生ませるアプリを作ろうと考えていました。これから5Gが浸透していく社会のニーズにあったものであると確信しています。しかし、いざ開発チームを立ち上げようとしたところ、現実は問題点ばかりでした。

 問題点

1・開発に必要な資金が集まらない

2・開発に必要な人材が集まらない

3・自分独自の視点でしか考えられないため、社会的に必要なものであるかどうかなどの判断ができない

 

 まずは親戚、家族に相談しました!

 問題点ばかりを出していても、行動を起こさない限り進むことはないと思い、まずは身近にいる親戚、家族に相談してみることにしました。これから夢に向かって頑張ろうと計画を立てて、最後の後押しとしてアドバイスをもらおうという気持ちで相談してみたつもりでした。しかし、返事は思いもよらぬものでした。

 「そんな夢のような話はないから、どこか就職しなさい」とのことでした。私は必死に反抗しました。自分が考えているプロジェクト、計画を隅々まで説明し、最後まで説得させるつもりでした。それでも、返事はNOの一点張りでした。反対する理由の中には、リスクが大きいだとか、苦労するだとか、そのようなネガティヴな言葉ばかりでした。起業の話を持ちかけて、ポジティブな言葉など一言も貰うことができませんでした。

 

 

 

 親戚、家族からの反対が機動力に。

 親戚、家族から反対を受けましたが、不思議と怒りショックなどの感情が湧きませんでした。感じたのは「どうして自分のしたいことをするのがいけないことなのか」ということでした。

 同時に私は、「もしかすると、私と同じ思いをした人がいるかもしれない」「起業したい夢があるのに、周りからの反対の影響で勇気を無くしてしまった」などの経験をした人がいるかもしれないと思いました。

 同時にインターネットでこんなことを調べてみました。日本の起業者、起業希望者のデータについてです。すると、近年日本の起業家は減っている一方でした。これは、就職希望者が増えたことを同時に表しており、かつ安全志向者が増えていることでもあります。下記の画像がそのデータです。

 

↑引用:「起業する若者が日本に増えない理由」を検証してみた|就活サイト「ONE  CAREER」https://www.onecareer.jp/articles/651 2020/01/10 インターネットより

 

 

 

 

 世界的に見ても、日本は起業家が少ない!

 起業希望者減少は、世界的にみてもデータが出ています。それも、ポジティブなものではありません。日本は世界的に見ても、起業希望者が少ない国になっているのです。バブルの時代まではそのようなことはありませんでした。むしろバブル期は起業希望者が大勢いたほどです。その後、バブル崩壊とともに、起業希望者も減少しました。そこから景気は回復しましたが、起業希望者は減少していく一方です。

 

 

 失敗から学ばなければいけない、失敗を失敗のままにしてはいけないと思いました!

 景気は回復しているにも関わらず、起業希望者が減り続ける理由はなぜか。私は、「バブルが崩壊した時のような危険な経験をしたくない」と世の中に対しての恐れが残っているからではないかと推測しました。景気はすでに回復しているのに、考え方は回復しなかったのです。これは、失敗を失敗のまま放置して、そこから学ぼうとしなかったためかと思います。もし、私の親や親戚の人がこのような考え方をしているのであれば、反抗されてもおかしくなかったのかなと納得できます。しかし、私はこの考え方に賛成ではありません。当然、起業の道は失敗が付き物だと理解しています。この失敗こそが成功へのステップでもあり、学ぶべきものもあると信じています。だから、私は起業したいという気持ちがブレなかったのかなと思います。

 

 

 

 これが「起業家のための会社」です!

 自分が起業する前に、周りに私のような思いをしている人が多いのならば、その人たちが勇気を持ったり、再び勝機を持ってもらうためのプラットホームを作りたいと考えました。それが以下の「起業家のための会社」です。

 プロジェクトの名前通り、この会社は起業家のための会社です。「何が目的なのか? 業務は何か?」などと疑問に思う方が多いかもしれません。詳しく説明していきます。

 結論から言います。会社の目的は、いかに起業家をスムーズに起業させるかをサポートすることです。個人起業家が社員という形で会社に属すことが形態であり、業務に関しては自分のプロジェクトを進めていくということになります。想像しにくいと思いますので、似ているビジネスモデルと比較して説明していきます。

 

 

 

 似ているビジネスモデル

 UUUM株式会社様

 今回は似ている会社として、UUUM株式会社様を使用させていただきます。(以下UUUMと略させていただきます)UUUMにはユーチューバーが所属していることはご存知だと思います。彼らはUUUMに所属していることは確かですが、業務に関しましては決して縛られたものではありません。投稿している動画に関しては、自分たちが思い思いに考えた内容となっています。これは、UUUMに所属していようが、個人でしていようが変わりません。以下の画像はUUUMのビジネスモデル図になります。

 ご覧の通り、所属のユーチューバーはUUUMに収益の一部を納めなければなりません。では彼らはなぜUUUMに所属しているのでしょうか。広告収入を増やすことは彼らの一番の目的です。所属することで、逆に収入が減ってしまうと錯覚しがちですが、彼らはそれ以上に大きなメリットを受け取っているのです。

 

 

 メリットはつまり「人脈」、仲間です!

 そのメリットとは、「人脈」つまり仲間です。確かにユーチューバーは一人でも活動することは十分可能ですし、収益を独り占めすることもできますから、個人で行った方がいいと考える人も多いでしょう。しかし、一人で事業を行うことは何事も難しいことです。ユーチューバーは動画投稿がほぼ毎日ですし、その分のネタを毎日考えなければなりません。撮った動画をそのまま投稿するのではなく、少しでも視聴者のニーズに応えるために、編集等工夫しなければなりません。一からユーチューバーを始める人などからしたら、この段階が一番の課題になるでしょう。

 ユーチューバー達は、このような一人では突破することが困難な問題を解決するためにUUUMに所属していることが考えられます。彼らは自らの収益の一部を対価として会社に納め、仲間をつくっています。仲間を作ることで、動画のクオリティを上げたり、コラボ動画を作って、新たな視聴者層を掴んだりなど様々なメリットを受け取っています。

 

 

 

 仲間が身近にいることが、大きな力になる!

 私が立ち上げようと考えている会社も同じようなものです。個人起業家同士が集まった組織を作ることで、身近に仲間を持つことができ、自分たちのプロジェクトのサポートなどを受けることができます。時には自分から仲間達のサポートをすることもいいでしょう。このように、自分がやりたいプロジェクトを行うことができ、かつバックには大きな仲間たちが存在する。このような環境は、起業家にとっては大きなメリットとなるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 資金はどのように集めるのか?

 ここまでで、会社の目的、業務内容に関してはある程度理解していただけたと思います。しかし、起業家にとって、まだ大きな問題が残っています。それは資金です。起業家にとって一番大きな問題と考えてもおかしくないのではないでしょうか。

 私が立ち上げる会社では、十分に資金サポートを行うシステムを考えております。その仕組みについてこれから説明していきます。

 

 

 

 

 

 プロジェクトの利益が資金へ!

 所属していただいた起業家の方たちは、上記の説明通り、自分たちのプロジェクトを個人で進めていただきます。そのプロジェクトの進め方等に関しましては一切の規制は致しません。これまでと同様、自分の思うがままにプロジェクト成功に向けて努めていただきたいと思います。そしてプロジェクトが成功し、収益が出たところで、その一部を会社に納めていただきます。この納めていただいたお金が、次の起業家達への資金サポートに割り当てられるのです。つまり、所属していただける起業家の方々が多いほど、資金調達がスムーズに行うことが可能になります。

 

 

 

 

 

 先行者だけは、独自で集めなければならない・・・

 ただ、これは先行者がすでに結果を出していることが前提の話であると感じた方がいるかもしれません。そうです。つまり立ち上げた一番始めのうちは、資金調達のシステムを組むことができません。

 そこでこの度、当サイトを利用させていただき、皆様からの支援金と、個人起業家を集めるために掲載させていただきます。

 金額に関しましては、

1 会社設立費10万円

2 先行者が使うための起業資金100万円

110万円

 そして初期メンバーとして個人起業家を9人集めたいと考えています。なお、メンバーの条件は問いません。起業に興味がある人や、その手のベテランの方でも大歓迎です。つきましては、私のメールアドレスの方へご連絡頂ければと思います。ご面倒をお掛け致しますが、よろしくお願い申し上げます。

 また、2の企業資金はプロジェクトの内容によって変化する可能性があります。そのため、まずは会社設立費用として10万円を目標に、そして仲間を集めることに努めていきたいと考えております。

 質問等あれば、何なりとご連絡頂ければ幸いです。

 

 

 目標は会社設立費10万円、仲間9人!!皆様のご協力、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

プロジェクト終了要項

運営期間    
2020年3月1日〜2020年9月1日

運営場所    
埼玉県和光市新倉2ー9ー38

運営主体    
板東琉太

運営内容詳細    
起業家のための会社の設立、初期運営費に使用させていただきます。

その他    
初期起業資金に関して
・初期起業会社の決定:未定(決定予定日:2020年3月1日)
・初期起業会社名称(候補):起業家のための会社
・初期起業会社住所(候補):埼玉県和光市新倉2ー9ー38

 

 

 

もっとみる

プロフィール

リターン

1,000

alt

御礼の手紙

プロジェクトが成立したのち、御礼の手紙を郵送させていただきます。

支援者
0人
在庫数
100
発送予定
2020年3月
このリターンを購入する

10,000

alt

リターン1+当会社で行うプロジェクトの内容の報告、または実行してほしいプロジェクトを承ります

支援してくださった方々へ、当会社が成立しプロジェクトを進めていく過程で、どんなことをしているのか報告をさせていただきます。また、「こんなものがあったらいい、実行してほしい」と思うような要望にも応えていきたいと考えています。
発送予定日に関しましては、プロジェクト内容により異なりますので、随時ご連絡させていただきます。
報告の方法に関しましては、紙媒体での郵送となります。

支援者
0人
在庫数
1000
発送予定
2020年3月
このリターンを購入する

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

メトロ東京ホッケークラブの挑戦!日本リーグ参戦を目指す!

NPO法人メトロ東京ホッケー&アスリートクラブNPO法人メトロ東京ホッケー&アスリートクラブ

#スポーツ

78%
現在
1,177,000円
支援者
116人
残り
10日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする