READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす

誰もが出版できる世界への一歩。出版業界に風穴を!

辻本貴一

辻本貴一

誰もが出版できる世界への一歩。出版業界に風穴を!

支援総額

252,000

目標金額 5,000,000円

5%
支援者
16人
残り
23日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
2お気に入り登録2人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は6月30日(火)午後11:00までです。

2お気に入り登録2人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

小説「イミテーション結婚」を出版したい!

 

ページをご覧いただきありがとうございます。辻本貴一と申します。私は大学卒業後、川崎製鉄に勤めた後、中国や韓国、スリランカなどで事務所や工場を経営していました。

 

そこで、多くの日本の中小企業が中国に進出して悲惨な目にあっているのを知り、少しでも参考になればと思い、私の20数年の中国経験を知ってもらうための、ブログを2006年10月から書き続けてきました。

 

スリランカでお世話になった僧侶との一枚
中国(威海)の工場
スリランカ独立50周年に招待される
パキスタン(最大の都市カラチ)から招待される
中国(大連)の工場
クマーラトゥンガ大統領謁見の写真

 

ブログのタイトルは「中韓を知りすぎた男」。内容は、世界で仕事をしてきたビジネスマンが読み解く時事問題についてが主です。外国人とのビジネスで知った彼らの本質、政治家や評論家には見えない視点で伝えています。
 

また、これまでに政治、経済に関する本を3冊出版してきました。

 

 

今回は新たな挑戦として「イミテーション結婚」という小説を出版します。


最近、本が売れないと嘆いている書店と出版社は、本当に面白い本が世の中に出ることを自ら阻止しています。従来の出版システムは面白い本が世の中に出にくいのではと思います。


そこで、今回はクラウドファンディングを通じて出版・宣伝費用を確保し、「出版業界に風穴を開けたい」と思っています。本当に面白い作品であれば、素人作家でも出版できるという道を切り開くための

第一歩になればと思います。どうかあたたかい応援をよろしくお願いします。

 

 

辻本貴一プロフィール
昭和17年大阪生まれ。甲南大学法学部。昭和40年卒業川崎製鉄を経て父の会社バンケル辻本入社1992年中国直貿易を開始、1994年中国山東省威海にて契約式合弁会社を立ち上げる。1995年スリランカ・コロンボに工場設置、1996年SeoulにMYOKO. KOREA株式会社設立、2009年ビジネスより引退、その後海外ビジネスにおけるさまざまな実体験をもとにしたブログ「中韓を知りすぎた男」を開設。


2009年メトロポリタンプレス社から「コラ!中国 いい加減にしろ!」を出版。
2010年フォーサイド・ドット・コム社から英語版「恫喝国家中国」を電子書籍にて国際配信される。
2014年7月「近現代史の旅 真実を求めて」を出版。
2015年2月「コラ!韓国、いい加減にしろ!」を出版。
2015年12月アパ日本再興財団主催の懸賞論文第8回「真の近現代史観」にて佳作受賞

 

 

素人作家が小説を出版できる道を作るために。

 

今回、小説を書くきっかけになったのは妻に「政治・経済の本は書けても小説は書けない」と揶揄されたことがきっかけです。さらに出版社は「貴方は政治・経済の本は実績はあるが、貴方の小説は堅すぎて面白くない。それに小説は無名の作家では売れない、リスクが大きすぎる」といって読みもしないで出版を拒否されました。


せっかく書き上げた本ですが出版拒否をされたため、どうやって出版するか考え、今回は私家出版し、宣伝費用も自己負担し、流通出版に近い形にできないか、と考えました。


出版する方法には ①私家版と②流通版があります。私家版の場合、出版費用などを個人で負担し、流通・宣伝も自分で行わなくてはいけません。流通版の場合は出版社が負担し、流通・宣伝も出版社が行います。


私家版が書店に並ぶことはまずありません。その上、私家出版は印刷会社に多額のお金を払わなくてはいけません。出版社は印刷と校正代としておよそ約200万円くらい請求してきます。さらに新聞広告代を出す場合は約350万円かかります。

 

出版社は素人作家に自費出版をさせるために「書店に並ぶ」ということをセールストークにして誘います。出版社は契約している数店の大手の書店に素人作家に見せるために少しだけ納品しますが、書店は決して前面の平台に置くことはありません。つまり出版社も書店も売れないことを前提にしているので返品は想定内です。出版社はすでに自費出版という形で利益を出しています。だから出版社は素人作家に自費出版を勧めるのです。

 

出版社は素人作家を自費出版させるために「出版相談会」と称して募ります。素人作家の要望を満たすために「文章の書き方を知りたい」「記念に本を出したい」「原稿を読んでもらいたい」「作品を書店に並べたい」などの項目で誘います。素人作家は自作の作品が書店に並ぶという甘い言葉につられて自費出版を承諾します。


無名の作家が流通版に取り上げてもらうために小説コンテストに応募して取り上げてもらう方法もありますがまず選ばれることはありません。出版社が行っている募集に毎回約1000部ぐらいの応募があり、その上ジャンルや期日、原稿分量などコンテスト毎に決まりがあり、募集要項に沿っていなければ読まれずにゴミ箱に捨てられるだけです。

 

このような状況では素人作家が出版社に利用されるばかりで、書店でまともに販売されることすらありません。となると、従来の出版の流れを変えるには私家版で作って流通版に変えるしかありません。そのためには最初に資金を用意して、流通システムを持っている出版社にお願いするしかありません。広告代と印刷代を作家側が出せば出版社はノーリスクです。


しかし、私家版として出発しても書店に並べていただければそれは流通版です。書店に置くか置かないかは出版社が握っているのではなく書店の判断です。書店は広告もしない無名の作家の本など置いても売れないことが分かっているのでまず売り場に並べることはありません。しかし新聞広告された本なら置かざるを得ません。なぜなら広告されている本が書店に並んでいなければその本屋の格に関わってくるからです。


そこで、今回は出版の後、新聞広告を出します。


面白い小説を書く素人作家はごまんといると思います。それ故クラウドファンディングを活用すれば素人作家でも出版できるという道を開きたい、というのが私の願いです。

 

 

愛についての葛藤で苦しみながら成長していく男の物語

 

<「イミテーション結婚」内容>

 

男と女の微妙な感覚のズレと、双方の打算と駆け引き、男と女の間には決して埋まらない、面白い愛が存在します。動物的愛と装飾だらけの人間愛、どちらの愛を選ぶかによって、人生の幸・不幸が決まるわけでもありません。

 

またどちらを選んでも不満だけが残ります。セックス愛(動物的愛)と見栄の愛(装飾の愛)は一致することはほとんどありません。だから女は常に夫に対して不満を持ち、力のある夫は必ず彼女を持ちます。しかし男女とも結局相手を支配するのは「思いやりと優しさ」だと気がつきます。

 

 

 

<スケジュール>
2020年7月予定:小説「イミテーション結婚」出版
2020年8月予定:新聞広告掲載予定

※すでに小説内容自体は完成しておりますので資金さえあれば出版できる状態です。


<出版社>

文芸社

 

誰もやらないからこそ私がやる。その道の開拓者に。

 

私はこれまで、政治経済に関する本の出版は行ってきましたが。小説の出版は今回が初めてになります。すなわち、このプロジェクトは私にとっては1つの挑戦です。小説家としては素人だから出版社が向き合ってくれないことはよくわかります。

 

ただ、有名作家でなくても魅力的な小説を書くことができる人はいるのではないかと考えています。その才能の芽を潰さないためにも、クラウドファンディングという方法を利用して、その道の開拓者となれればと思います。

 

 皆様どうか応援のほどよろしくお願いします。

 

 

最後に

 

私の真の目的はこの後、介護施設を作ることです。なぜなら工場の跡地を約200坪持っています。場所は鳥取県氣高町宝木で周辺は野原と田んぼです。

 

もし今回の素人出版であるクラウドファンディングが成功すれば、次回のクラウドファンディングとして周辺の野原や田んぼを買い足して約800坪くらいの土地に介護施設を作るつもりです。

 

現在、庶民の介護施設は一杯で入ることが出来ません。空いているのは高級な介護施設だけです。だから誰でも入ることのできる安い料金の介護施設を作ります。残り少ない人生を意味のある人生に変えたいのです。

 


※本プロジェクトのリターンのうち、【記名】に関する条件の詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

プロフィール

辻本貴一

辻本貴一

リターン

3,000

alt

お気軽ご支援コース

○お礼のメール

○小説「イミテーション結婚」一冊

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年8月
このリターンを購入する

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

コロナ時代の新挑戦!女性を笑顔にするインストラクターに支援を

一般社団法人 次のキレイへプロジェクト一般社団法人 次のキレイへプロジェクト

#スポーツ

95%
現在
478,000円
支援者
31人
残り
72日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

辻本貴一
プロジェクトの支援にすすむ

プロジェクトの相談をする