READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型

頑張っている沖縄の中小規模企業者がアピールできる場を守りたい

頑張っている沖縄の中小規模企業者がアピールできる場を守りたい

支援総額

5,000

目標金額 400,000円

支援者
1人
募集終了日
2015年3月26日
募集は終了しました
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

沖縄の中小規模企業者がお客様と交流できる挑戦の場

「ほっこり市」を充実した内容にするための運営費を創出し、

今後も継続していきたい!

 

初めまして。こんにちは。「たか」と申します。現在、ほっこり市実行委員会で代表として出店者募集や広報といった部分を担当させていただいております。今回「第9回ほっこり市」を2月21日・22日に沖縄県南風原町で「第10回ほっこり市」を3月28日・29日に沖縄県那覇市の那覇市緑化センターで開催することにしました。ほっこり市とは、沖縄の中小規模企業者がお客様と交流できる挑戦の場のことです。イベント当日はそれぞれが自慢の一品やサービスを提供し、お客様に自分のお店に来てもらうきっかけ作りをしています。

 

私は最近、お取引先のお店や企業が閉めてしまったり、通勤途中のお店や会社が無くなって埋まらずそのままになっていることが本当に増えてきたと感じています。その時「お客様と出会える場がなければ生き残れない」と実感したのです。そこで、誰もがちょっとした勇気でお客様と出会え、折れない情熱と継続的な根気で、自分のビジネスをブレイクさせるきっかけの場として立ち上げました。

 

しかし第9回・第10回の運営費補てんと、オリジナルグッズ制作費、宣伝費用、柱となってくれるスタッフの採用等のため、合わせて40万円が不足しています。ほっこり市で挑戦している事業者の方が飛躍できるよう、ご支援のほど宜しくお願い致します。

 

(第1回ほっこり市の風景)

 

沖縄にあるお店や会社の廃業が増加。

最近ますます貸店舗が増えていくという現状があります。

 

ほっこり市を始めたきっかけは、沖縄にあるお店や会社の廃業が増えているのを実感したからです。私は、2007年に沖縄に移住しました。沖縄には実店舗を開くために来ました。2007年当時、那覇市を中心に物件を探しましたが、ちょうどいい坪数の空き物件を見つけるのは大変で、現在の浦添市のお店に出合うまで非常にヤキモキしました。その後しばらく、空き店舗になっても、割とすぐ埋まってしまう状況が続きました。

 

しかし、2015年の現在までに、お取引先のお店や企業が閉めてしまったり、通勤途中のお店や会社が無くなって埋まらずそのままになっていることが本当に増えてきました。沖縄は2014年、観光客が700万人を突破し、将来的には1000万人を目指すと観光立県としての盛り上がりを見せるニュースが増えてきました。ですが、その盛り上がりのすぐ近くには、ニュースにもならない閉店が増えているのも現実です。

 

(県内の入域観光客数の推移)

 

ニュースにもならない閉店が相次ぐ状況。

その現実に直面し、誰もがちょっとした勇気でお客様と出会えて

ビジネスをブレイクさせるきっかけを作れる「ほっこり市」を作りました。

 

私は、その現実を見たときに、自分達のお店の危機感もありますが、お客様と出会える場がなければ生き残れないことを実感し、誰もがちょっとした勇気でお客様と出会え、折れない情熱と継続的な根気で、自分のビジネスをブレイクさせるきっかけの場として、「ほっこり市」を立ち上げました。

 

ほっこり市は、まだ自営業をされたことがない方が自分の力を試してみたいという気持ちを積極的に応援しています。

 

(第2回ほっこり市の風景)

 

多くの方がちょっとした勇気で出店できる

ほっこり市を実現したい!

 

ほっこり市を実現するために今回は第9回・第10回の運営費補てんと、オリジナルグッズ制作費、宣伝費用、柱となってくれるスタッフの採用費用として、合わせて40万円が必要です。

 

私自身、自営業もしている中で、イベントを懸命に運営しております。私の考えに賛同し、柱となっていただけるスタッフを採用し育てていきたいと考えております。また、ちょっとした勇気で出店していただきたいため、出店料を抑えております。そのため、なかなか出店料だけでは足りず、自店の利益で補てんしている状態です。どうかご支援をお願い致します。

 

(第9回の会場で、余熱利用ソーラーシステムを導入したり、余熱や雨水を利用しているエコな素敵な場所です。)

 

(第7回ほっこり市の風景)

 

誰もが最初は無名で小さい存在。

いつか「ほっこり市に出たことが成功のきっかけになったよね」

という参加者の方の声を聞けるよう、歩んで行きたい。

 

誰もが、最初は無名で小さい存在です。その中から、冷めない情熱と、めげない根気と、導かれる幸運を持ち合わせた者が多数の中から飛び出し、大きな存在となり、業界を引っ張っていくと思います。

 

今は名も無いが、将来成功している存在が最初の一歩を踏み出す場所として、
ほっこり市を利用してもらいたいと思っています。そんな方たちが「ほっこり市」に出たことが成功のきっかけになったよねと未来で言ってもらえるように、共に力をあわせて、歩んでいきたいと思っています。

 

みなさん、ほっこり市で挑戦している事業者の方が飛躍できるよう、ご支援のほど宜しくお願い致します。「第10回ほっこり市」は、3月28日・29日に沖縄県那覇市の那覇市緑化センターで開催することが決定しています。今後、年2回のペースで開催できることを目指しています。

 

(第10回の開催場所で、現在メインで使わせていただいてます)


 

(第9回のフライヤー)




(第10回のフライヤー)

 

◆ 引換券について 

 

▶ 5,000円
■サンクスメール

■HPにお名前表示(支援額により表示順が変わります)

▶ 10,000円
■サンクスメール

■HPトップにもお名前表示(支援額により表示順が変わります)
■ココベーグルのwebshopにて使用できる500円クーポンをプレゼント

▶ 50,000円
■サンクスメール
■HPトップにもお名前表示(支援額により表示順が変わります)
■ココベーグルのwebshopにて使用できる1500円クーポンをプレゼント

▶ 100,000円

■サンクスメール
■HPトップにもお名前表示(支援額により表示順が変わります)
■ココベーグルのwebshopより、お菓子ベーグル10個セットを冷凍便にて無料配送

 

(お菓子ベーグルセットの一例「きなこチョコ」です。)

 

もっとみる

プロフィール

ほっこり市代表です。2007年に沖縄移住し、ベーグル専門店 coco bagelの副代表をしています。

リターン

5,000

alt

引換券詳細

・サンクスメール
・HPにお名前表示(支援額により表示順が変わります)

支援者
1人
在庫数
制限なし

10,000

alt

引換券詳細

・サンクスメール
・HPトップにもお名前表示(支援額により表示順が変わります)
・ココベーグルのwebshopにて使用できる500円クーポンをプレゼント

支援者
0人
在庫数
制限なし

50,000

alt

引換券詳細

・サンクスメール
・HPトップにもお名前表示(支援額により表示順が変わります)
・ココベーグルのwebshopにて使用できる1500円クーポンをプレゼント

支援者
0人
在庫数
制限なし

100,000

alt

引換券詳細

・サンクスメール
・HPトップにもお名前表示(支援額により表示順が変わります)
・ココベーグルのwebshopより、お菓子ベーグル10個セットを冷凍便にて無料配送

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロフィール

ほっこり市代表です。2007年に沖縄移住し、ベーグル専門店 coco bagelの副代表をしています。

あなたにおすすめのプロジェクト

指宿発!本のある空間を届けるブックカフェ号の運行にご支援を!

NPO法人 本と人とをつなぐ「そらまめの会」NPO法人 本と人とをつなぐ「そらまめの会」

#地域文化

累計支援者数
68人
継続会員数
21人
NEXT GOAL挑戦中

解体を待つ奇跡の1台「トロバス」を保存して守りたい!

大町市長 牛越 徹大町市長 牛越 徹

#観光

236%
現在
4,250,000円
寄附者
327人
残り
28日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする