READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす

緊急支援:皆様の母校を含めた地域に手作りのマスクを届けます

奥村 佳子

奥村 佳子

緊急支援:皆様の母校を含めた地域に手作りのマスクを届けます

支援総額

158,000

目標金額 500,000円

31%
支援者
18人
残り
16日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
0お気に入り登録0人がお気に入りしています
目標金額を達成した場合のみ、実行者は集まった支援金を受け取ることができます(All-or-Nothing方式)。支援募集は6月23日(火)午後11:00までです。

0お気に入り登録0人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

▼自己紹介

「安心して子どもを育てられる環境を作りたい」

 

はじめまして、奥村佳子です。これまで、開業助産師として多くの悩める母子を助けたいと岐阜県笠松町で約5年間活動をしてきました。また同年にNPOつなぐプロジェクトを発足。「地域を大きな家族」をテーマに安心して子どもを産み、育てられる環境、世代を超えて、未来を担う子どもを見守る仕組みをつくる事を目指して現在活動中です。現在は、会場を借り 絵本の読み聞かせや、親子フィットネスなどを行う母子の居場所事業と、病産院退院直後の心身が一番不安定で かつ育児不安が強い時期に地域助産師が病産院と連携し必要な支援・アドバイスをする事業を主に行っております。

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

地域連携でウィルスに勝つ「子供たちにマスクを届けたい」

 

 

2月下旬、マスクが市中に出回らない状況をずっと何とかできないかと思っていました。

現在もマスクの品薄は続き、入荷されても開店前に並んだ人だけが買える状況です。

緊急事態宣言が明け 学校が再開された時、子ども達に等しくマスクが手元にあるようにしてあげたい。

楽しい学校生活のスタートを応援したいと願い「マスクを子ども達に届ける事業」を企画し始めました。

職業柄取引のあったガーゼ製造工場に掛け合い、何とかガーゼとゴム紐を調達することができました。

しかし縫製に至っては依頼を受けていただける地域の工場が激減している中で、大量のマスクの縫製を引き受けてくださる工場が見つからず、一度は諦めようと思いました。それでも諦めきれず、つてを頼り何とか縫製して下さる会社に出会い現在計画が進んでいます。

 

 

 

 

 

マスクの袋詰めは町内にある心身障害者小規模授産所が引き受けてくださいました。

現在進行中のプロジェクトですが、子ども達にはコロナに負けずに、学校で楽しい時間を過ごしてほしいと進めています。また町内を超えて支援の輪を広げていけたらと考えております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの内容

 

 笠松町内 保育園3か所 幼稚園2か所 小学校3か所 中学校1か所 計2500枚寄贈

 岐阜市市橋小学校 850枚寄贈

 等を始めております。

 随時配送対応致します。

 配布準備は継続して行っております。配布終了は 感染予防のためにマスクの必要性は引き続き

 必要と考えております。12月末まで対応致します。

 

 マスク配送について

 

 質問欄にご記入いただいた学校へ随時配送致します。あらかじめ学校へご連絡を差し上げたのち

 配送致します。

 

 ガーゼマスクってどんなもの?

 

 笠松町内で製造された 国産ガーゼです。ガーゼの目が細かな高級ガーゼを使っております。

 

 縫製は?

 

 主に縫製をしているのは 縫製のプロです。普段は洋服などの縫製を手掛けている方々が担当

 してくれています。

 

 ゴムは?

 優しい伸縮性のあるゴムを選びました。顔の大きさに合わせて結びなおして調節できます。

 

 洗って何度も使えます。

 優しく洗ってください。

 

この取り組みは2020年3月28日(土)読売新聞掲載

       2020年3月30日(月)岐阜新聞掲載

       2020年4月 3日(金)中日新聞に掲載されました。

       NHK岐阜のTV放映されました。

 

 

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

 学びの場にある子供たちの笑顔を守るために より広く支援をおこないたいと考えております。

 皆様の ご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

市橋小学校校長先生と

 

 

 

 

 

 

プロジェクト終了要項

寄贈するもの    
手作りガーゼマスク

寄贈個数    
2500枚

寄贈完了予定日    
2020年12月31日

寄贈先    
岐阜市教育委員会に一括寄贈
住所:岐阜県岐阜市今沢町18番地
URL:https://www.city.gifu.lg.jp/3040.htm
教育委員会より各岐阜市立小学校に寄贈予定

その他    
・材料の仕入れについて
仕入先:決定済み(仕入先名称:((株)藤万)
仕入れの状況:仕入れ済み
仕入れ先との取引実績の有無:有り
・縫製について
委託先:決定済み(仕入先名称:((株)藤万)

 

 

 

プロフィール

奥村 佳子

奥村 佳子

赤ちゃんを大切に想い、お母さんとして精一杯頑張っているママ達を応援したい、女性の心と身体に負担が大きい大切なときを支えたい、そんな思いで2015年にママ・ベビーサポートおくむらを設立。助産師として25年の経験を活かし、母親と赤ちゃんが安心できるサポートを提供している。そして、地域における子育てを見守る環境づくりの必要性に気づき、2017年にNPO法人つなぐプロジェクトを設立。誰もが安心して子どもを育てられる環境づくりを目指した啓発活動などに取り組んでいる。 1985年 名古屋赤十字看護専門学校卒業、看護師免許取得、名古屋第一赤十字病院ICU勤務 1987年 大垣市民病院 ICU・CCU勤務 1989年 助産師免許取得 大垣市民病院 産科病棟で勤務を再開 2015年 7月 ママ・ベビーサポートおくむら設立 2017年 5月 NPO法人 NPO法人つなぐプロジェクト設立 代表理事に就任

リターン

3,000

alt

岐阜市のお子様にマスクをお届けできます

■お礼メール

※複数口でのご支援も可能です。

※注意※
今回のプロジェクトはご支援いただいた方の手元にマスクが届くものではありません。 

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年12月
このリターンを購入する

プロフィール

赤ちゃんを大切に想い、お母さんとして精一杯頑張っているママ達を応援したい、女性の心と身体に負担が大きい大切なときを支えたい、そんな思いで2015年にママ・ベビーサポートおくむらを設立。助産師として25年の経験を活かし、母親と赤ちゃんが安心できるサポートを提供している。そして、地域における子育てを見守る環境づくりの必要性に気づき、2017年にNPO法人つなぐプロジェクトを設立。誰もが安心して子どもを育てられる環境づくりを目指した啓発活動などに取り組んでいる。 1985年 名古屋赤十字看護専門学校卒業、看護師免許取得、名古屋第一赤十字病院ICU勤務 1987年 大垣市民病院 ICU・CCU勤務 1989年 助産師免許取得 大垣市民病院 産科病棟で勤務を再開 2015年 7月 ママ・ベビーサポートおくむら設立 2017年 5月 NPO法人 NPO法人つなぐプロジェクト設立 代表理事に就任

あなたにおすすめのプロジェクト

農産加工品:元気実感食「玄米君」で沢山の人に健康を届けたい!

玄米君のお父さん(須埼 秀則)玄米君のお父さん(須埼 秀則)

#医療・福祉

5%
現在
55,000円
支援者
5人
残り
23日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

奥村 佳子
プロジェクトの支援にすすむ

プロジェクトの相談をする