READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

500食のお弁当を届けたい!【スマイルランチプロジェクト】

500食のお弁当を届けたい!【スマイルランチプロジェクト】

支援総額

246,000

目標金額 180,000円

支援者
29人
募集終了日
2020年6月10日
29人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
4お気に入り登録4人がお気に入りしています

終了報告を読む


4お気に入り登録4人がお気に入りしています

プロジェクト本文

▼第一目標達成のお礼と、ネクストゴールについて

 

【あたたかいご支援をありがとうございます! ネクストゴールに向けて】

 

5月21日(木)10時からスタートした本プロジェクトは、多くの方々からあたたかいご支援をいただき、早くも第一目標としていた18万円(500食分)を達成することができました!

ご支援いただきましたみなさまには、心より感謝いたします。

 

次の目標として18万円をネクストゴールに掲げ、「合計36万円=1,000食分」のお弁当の無料提供を目指してまいります。ひとつでも多い笑顔を増やすためにご支援・ご協力のほど、よろしくお願いします。



 

▼ご支援の使い道について 

 

【クラウドファンディング ネクストゴール(第二目標):18万円

 

内訳)

■材料費:100,000円(@200円×500食)

■容器代:15,000円(@30円×500食)

■人件費:15,000円(製造・盛り付け)

■配送費:15,000円(配送人件費・燃料費)

■水道光熱費:11,240円

■手数料・消費税:23,760円

※第一目標も同様のご支援をいただきました。

合計1,000食のお届けを目指してまいります。

 

 

 

 

 

▼自己紹介

やさしく・おいしく・愛に満ちたお弁当をお届けしたい。

 

 

このビジョンの元、福岡市内・外の幼稚園にお弁当・給食を作り、お届けするのが私たち「株式会社ママミール」です。

お弁当・学校給食事業を展開する株式会社はたなか(福岡市、代表取締役:畑中敬史、以下はたなか)のグループ会社である当社は「お母さんや家族の方が作るような心を込めたお弁当」の提供を目指してまいりました。しかし……。

 

5,000食が、0食に。

 

これが、当社の現状です。1日あたり約5,000食を製造・提供していましたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)発生に伴い、お届け先のほとんどの幼稚園が安全最優先のため休園、現在は製造数もピーク時の5%程に激減している状況です。

 

そんな中、お弁当の数以上に気になるのが「子どもたちの笑顔」でした。

園を通じて食をお届けしてきたご家庭・子どもたちはどのように過ごしているだろう....。

メディアで日々報道されるひとり親世帯等の現状を見るたび、心配でなりませんでした。

 

私たちに何ができるか。

行き着いた答えは「お弁当を作ること」でした。

 

製造余力のある工場で「おいしく・栄養価の計算されたお弁当」を無料で提供することにより笑顔になって欲しいという想いのもと、本企画を始動します。

 

皆さまのご支援をもって、1日でも早く、1人でも多くの方へお弁当を届けたいと考えています。

思えば「お弁当のはたなか」創業の昭和53年は福岡大渇水の年。県内では計287日間にも及ぶ給水制限を強いられました。

 

初年度から有事への対応が会社継続の源だった私たちだからこそ、やれることがある。

 

ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

お弁当の配達先にあったのは、いつも「笑顔」

 

 

配達に行けば、園児たちの笑顔がいつでも見られる。

(トップ画像は、配達先の幼稚園におけるランチタイムの1コマです。)

 

 

そんな日常が、新型コロナウイルス感染症の発生により一転しました。

 

緊急事態宣言の発出に伴う外出自粛は私たちの生活を大きく変えました。

働き方や暮らし方などさまざまな場面で変化が必要とされる中において、自社事業の存在意義を考えるシーンが何度あったことでしょう。

 

当社は業界で唯一自主的な休業を決断しました。現状の深刻さを真摯に受け止め、最優先すべきと考える行動は、お客様・関係する方々ならびに弊社社員の感染および感染拡大防止であると考えたからです(5月7日より一部エリアを除いて営業再開)。

繰り返し報道される「ひとり親世帯等の現状・子どもをを取り巻く食環境」を目にするたび、「何かしたい」という気持ちが募りました。

 

 

「我々にはお弁当を作ることしかできない」

 

 

焦る日が続く中、その答えに行き着いたのです。

 

 

 

 

 

▼プロジェクトの内容

 

【プロジェクトを支える”想い”】

製造余力のある工場で「おいしく・栄養価の計算されたお弁当」を無料で提供する。
これが本プロジェクトの内容です。それは、下記3つの想いから成り立っています。

 

 

1.ランチタイムを”笑顔”で過ごして欲しい

おいしい食事を食べると、自然と笑顔がこぼれます。当社のお弁当を提供することにより、体だけでなく、心にとっても栄養となる笑顔をひとつでも増やしたいと考えます。

 

2.ひとり親世帯・在宅勤務の方々の負担を少しでも減らしたい

仕事や子育てで大変な中、負担の多い食事の準備だけでもお手伝いすることでランチタイムにほんの少しでも、時間と心のゆとりが生まれたらと思っています。

 

3.当社が長年受け継いできた想いを今こそ形にしたい

一貫してきた当社の使命である「子どもたちの健康を願い、安全でおいしい給食を届ける」を形にすべき時だと感じています。管理栄養士が考える、ボリューム・栄養バランス・見た目と三拍子揃った通常450円で販売するお弁当を、食材・配達など実費の一部を支援金で運用することにより必要な方々にお届けします。

 

 

【プロジェクトを支える”人”】

しかし、当社の力だけでは「作る」ことしかできません。本当に必要な人に「届ける」ため、お二人にご協力を仰ぎました。

 

NPO法人ママワーク研究所 理事長 田中彩

 

特定非営利活動法人チャイルドケアセンター 代表理事 大谷清美

 

 

”ママ”ミール」とタッグを組むことになった「"ママ"ワーク」「”チャイルド”ケアセンター」。

地域の子どもからお年寄りまで、食を通じてつながる居場所(多世代交流拠点)の役割を担う「こども食堂」のネットワークを利用し、必要な家庭にお届けできる仕組みづくりをすぐにスタートいたしました。

 

 

【実績:ニーズの高まりを受け、100食を先行してお届け!】

 

本プロジェクトを企画してすぐに感じたのは、報道を見る以上にひとり親世帯の方々が大変な状況に置かれているということです。

 

チャイルドケアセンターを通じて協力団体を仰いだところ、数カ所が手を挙げてくれました。

4月末に立ち上げたプロジェクトでしたがすぐに3拠点、合計100食での配布が決まります。そんな中「納品希望日を5月の連休中でお願いしたい」というお声が届きました。驚きと嬉しさの中、出来るだけご希望に添えたいという想いから「5月6日」を実施日に決定。子どもに人気の「チキンカツ」、栄養満点「さばの漬け焼き」をメインとしたお弁当”100食”を製造・お届けするに至りました。

 

当日配達したお弁当
お弁当に添えたお品書き

 

 

〈協力団体〉

・おおのじょうこども食堂みずほまち(大野城市)

・奴国の里 ふれあいこども食堂(春日市)

・こども食堂 パープル(筑紫野市)

 

 

 

 

 

 

 

協力団体の方がご用意してくださったあたたかいメッセージカードとお品書きを添えたお弁当100個は、拠点を通じ必要な方の元へ届いていきました。

 

自ら出向いた配達先には、たくさんの笑顔...!!!!

私たちが見たかった光景が、そこにはあったのです。

 

 

子ども食堂スタッフによるメッセージ
配達の様子

 

 

 

 

 

<実施翌日には、励みになるメッセージも届きました!>

 

◍ありがたい取り組みですね(≧∪≦)

このような運営支援は、なかなか簡単に行えるものではないと思います!!

あたたかい想いと美味しいお弁当は、子どもたちが大人になってからも記憶に残り、他者に対しても優しくできるチカラになると信じています。

本当にありがとうございましたっ

 

◍今日は素敵な企画に参加させていただきありがとうございます!

子どもたちも喜んでお弁当を食べていました!正直、毎日ご飯を作るのもマンネリで大変です。

今日は良い息抜きをさせていただきました!

今回のことを企画していただいたたくさんの方に感謝してお弁当を食べました。こういう取り組みをたくさんの方に知ってもらえたらなって思います。

 

◍〇〇小学校のひとり親家庭です。

とても美味しく栄養たっぷりのお弁当をありがとうございました。

ちょうど母親の私が体調を崩し、コロナに感染したのではないかと不安な気持ちで過ごしていた中でのありがたいお話でした。

このお弁当にどれだけの費用とどれだけの人とどれだけの手間がかかったのだろうと考えながら食べていたら、久しぶりにスマホも見ず、おしゃべりもせずに無言で食べ終えていました。

お弁当をつくってくださったママミールの方々、私の体調を気遣って代わりにお弁当の受け渡しをしてくれた知人、私が家にいてもわがままを言わずお手伝いをしてくれる子どもたち。私が子どもたちと笑って日々を過ごせているのは、決して1人で頑張っているからではない事を改めて感じました。

とても温かいお弁当を、ありがとうございました。ご馳走様でした。

 

 

メッセージを読み返すたび、みなさんの笑顔が思い出されます。経営理念「料理のおいしさは、人びとの喜び、心の絆。」を改めて胸に刻み、プロジェクト遂行に気を引き締めた瞬間でした。

 

 

 

 

【今後の展開スケジュール】

もっと多くの笑顔が見られるよう、お弁当の数を500食、そして1,000食に増やすことを計画しています。

 

すでに第一弾が終了しましたが、クラウドファンディングがスタートする5月中旬から本格的に福岡県筑後地区(大野城市・春日市・太宰府市・筑紫野市・那珂川市)を皮切りにプロジェクトを始動、その後、福岡都市圏でも展開していきます。

 

 

 

<必要な人に確実に届ける仕組み>

・チャイルドケアセンターが事務局を担当する「ふくおか筑紫こども食堂ネットワーク」には、福岡県筑紫地区(大野城市・春日市・太宰府市・筑紫野市・那珂川市)でこども食堂を運営する代表者が

集まっています。食品の取り扱いや衛生管理の勉強会・運営の相談会などを行っており、継続運営のできる仕組みを持っています。

・そのためきめ細やかな対応が可能。配布対象者はこども食堂関係者にご判断いただいています。

 

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

 

【ステップ1】

・2020年5月下旬に、合計500食

【ステップ2】

・2020年6月下旬までに、合計500食

 

※今後については、新着情報や当社・ママワーク研究所・チャイルドケアセンターのHPやSNSでもご案内します。

※コロナウイルスの感染拡大状況などに照らし、延期・遅延が発生する場合がございます。

 

これまでも、私たちはたなかグループは「お弁当の製造・配達」を通じて、有事に対応してまいりました。

・2005年:福岡西方沖地震

玄海島島民が避難された九電記念体育館へ 300食×1日3食×約1か月

・2017年:九州北部豪雨

朝倉市周辺の避難所へ1,000食×約1週間

 

そのほか、継続的なバックアップを目指して2019年8月に「企業主導型保育園」を開園、働くお母さんをサポートしています。(はたなかグループ全スタッフ320名の内、70%が女性スタッフ)

 

これからも、お弁当を通じて地域の人々に貢献し続けていきたい。

当社・当グループのこれまでも、これからも変わらぬ想いです。

 

 

 

▼ご支援の使い道について 

 

【クラウドファンディング第一目標:18万円】

内訳)

材料費:100,000円(@200円×500食)

容器代:15,000円(@30円×500食)

人件費:15,000円(製造・盛り付け)

配送費:15,000円(配送人件費・燃料費)

水道光熱費等:11,240円

手数料・消費税:23,760円  

 

第二目標も同様のご支援をいただき、合計1,000食のお届けを目指してまいります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・プロジェクトの終了要項

寄贈するもの 
お弁当

寄贈個数   
500個

寄贈完了予定日
2020年6月30日

寄贈先     
名称:特定非営利活動法人 チャイルドケアセンター
URL:http://npo-ccc.net/

その他     
着手予定日:2020年5月26日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

▼応援メッセージ

中山淳子さん

・NPO法人ママワーク研究所理事

・ママの輝く明日を応援するドマーニ 代表

・TNC「ももち浜ストア」RKBラジオ「櫻井浩二インサイト」レギュラー出演

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつ何時、どんな状況でも変わらないもの。

それは親の子どもに対する愛情です。

 

汲めども尽きることのない愛情を我が子に伝えようにも、親が疲弊してしまうと、子どもにあたってしまったり、ガミガミ言ってしまったり。私自身の経験からもよく理解できますし、そのようなお声を子育て中の親御さんたちからお聞きします。

 

子どもとの笑顔の時間を少しでも増やしていきたい。しかし、他の人に頼りづらく、仕事をして、三食準備をして.....。どうすればその時間を増やせるのだろう....。

 

そんなひとり親世帯等の方々にとって、我が子のお昼ごはん、お弁当の心配をしなくていい。しかも「愛情たっぷり安心・安全なお弁当」となれば、どんなに力になることか!

 

子どもの笑顔が見えると親も幸せなように、親の笑顔が増えると子どもも幸せです。

ぜひ、みなさまのお力をお貸しください。

 

ひとり親世帯等の負担を軽くし、笑顔を増やす「スマイルランチプロジェクト」。

心からエールを贈ります!!

 

 

 

 

▼概要紹介

 

■株式会社ママミール(http://mama-meal.com/)
代表者:代表取締役 畑中章宏 
所在地:福岡市南区横手2丁目9-13
事業内容:幼稚園弁当の製造。産業給食弁当の提携製造元である「株式会社はたなか」から幼稚園給食部門を独立・分社化。「みんなの喜ぶ顔が見たいから」「みんなに元気に成長して欲しい」という一人ひとりの親御さんのような気持ちでお弁当の製造・配送を展開。

 


■NPO法人ママワーク研究所(https://mamawork.net/)
理事長:田中彩
所在地:福岡市中央区西公園1-9             
活動内容:福岡市を拠点に「ママボランチ講座®」「ママドラフト会議®」

などママ人財の復職支援に特化した学び直しのサービスを提供。

 

 

■特定非営利活動法人チャイルドケアセンター(http://npo-ccc.net/)特定非営利活動法人チャイルドケアセンター
代表理事:大谷清美
所在地:福岡県大野城市白木原1丁目14-22
活動内容:福岡県筑紫地区を中心に、子育て支援事業を積極的に展開。育児に関する支援活動と、子育てに関わる支援団体とネットワークを結び、「子どもを真ん中に、地域で育て、育ち合う」を目指す。

 

 

 

 

 

 

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

株式会社ママミール 代表取締役 畑中章宏

リターン

3,000

alt

ギフト

①ありがとうメール
②活動報告(報告レポートをメールにて7月中に送付)
③株式会社ママミール工場見学
※「プロの手洗い教えます!」「畑中社長のお話」などコンテンツを企画中。
・開催時期:未定(決定予定日:8月31日)
・開催候補日:2020年9~10月の平日以外(午前中)
・開催場所:株式会社ママミール(福岡市南区横手2丁目9-13)
※コロナウイルスの感染拡大状況などに照らし、上記を変更する場合がございます。その場合には当社よりメールにてご連絡いたします。

④支援金領収書
・支援金領収書の発行日付は2020年6月下旬頃となります。(株式会社ママミールよりメールにてお送りする予定です。)
・ご支援確定後の返金やキャンセルは、ご対応致しかねますので、何卒ご了承ください。
・支援金領収書の名義・発送先は、原則としてご支援時に入力されたお宛名とアドレスになります。

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

5,000

alt

ギフト

①ありがとうメール
②活動報告(報告レポートをメールにて7月中に送付)
③株式会社ママミール工場見学
※「プロの手洗い教えます!」「畑中社長のお話」などコンテンツを企画中。
・開催時期:未定(決定予定日:8月31日)
・開催候補日:2020年9~10月の平日以外(午前中)
・開催場所:株式会社ママミール(福岡市南区横手2丁目9-13)
※コロナウイルスの感染拡大状況などに照らし、上記を変更する場合がございます。その場合には当社よりメールにてご連絡いたします。

④支援金領収書
・支援金領収書の発行日付は2020年6月下旬頃となります。(株式会社ママミールよりメールにてお送りする予定です。)
・ご支援確定後の返金やキャンセルは、ご対応致しかねますので、何卒ご了承ください。
・支援金領収書の名義・発送先は、原則としてご支援時に入力されたお宛名とアドレスになります。

支援者
6人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

10,000

alt

ギフト

①ありがとうメール
②活動報告(報告レポートをメールにて7月中に送付)
③株式会社ママミール工場見学
※「プロの手洗い教えます!」「畑中社長のお話」などコンテンツを企画中。
・開催時期:未定(決定予定日:8月31日)
・開催候補日:2020年9~10月の平日以外(午前中)
・開催場所:株式会社ママミール(福岡市南区横手2丁目9-13)
※コロナウイルスの感染拡大状況などに照らし、上記を変更する場合がございます。その場合には当社よりメールにてご連絡いたします。

④支援金領収書
・支援金領収書の発行日付は2020年6月下旬頃となります。(株式会社ママミールよりメールにてお送りする予定です。)
・ご支援確定後の返金やキャンセルは、ご対応致しかねますので、何卒ご了承ください。
・支援金領収書の名義・発送先は、原則としてご支援時に入力されたお宛名とアドレスになります。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

30,000

alt

ギフト

①ありがとうメール
②活動報告(報告レポートをメールにて7月中に送付)
③株式会社ママミール工場見学
※「プロの手洗い教えます!」「畑中社長のお話」などコンテンツを企画中。
・開催時期:未定(決定予定日:8月31日)
・開催候補日:2020年9~10月の平日以外(午前中)
・開催場所:株式会社ママミール(福岡市南区横手2丁目9-13)
※コロナウイルスの感染拡大状況などに照らし、上記を変更する場合がございます。その場合には当社よりメールにてご連絡いたします。

④支援金領収書
・支援金領収書の発行日付は2020年6月下旬頃となります。(株式会社ママミールよりメールにてお送りする予定です。)
・ご支援確定後の返金やキャンセルは、ご対応致しかねますので、何卒ご了承ください。
・支援金領収書の名義・発送先は、原則としてご支援時に入力されたお宛名とアドレスになります。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

50,000

alt

ギフト

①ありがとうメール
②活動報告(報告レポートをメールにて7月中に送付)
③株式会社ママミール工場見学
※「プロの手洗い教えます!」「畑中社長のお話」などコンテンツを企画中。
・開催時期:未定(決定予定日:8月31日)
・開催候補日:2020年9~10月の平日以外(午前中)
・開催場所:株式会社ママミール(福岡市南区横手2丁目9-13)
※コロナウイルスの感染拡大状況などに照らし、上記を変更する場合がございます。その場合には当社よりメールにてご連絡いたします。

④支援金領収書
・支援金領収書の発行日付は2020年6月下旬頃となります。(株式会社ママミールよりメールにてお送りする予定です。)
・ご支援確定後の返金やキャンセルは、ご対応致しかねますので、何卒ご了承ください。
・支援金領収書の名義・発送先は、原則としてご支援時に入力されたお宛名とアドレスになります。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

100,000

alt

ギフト

①ありがとうメール
②活動報告(報告レポートをメールにて7月中に送付)
③株式会社ママミール工場見学
※「プロの手洗い教えます!」「畑中社長のお話」などコンテンツを企画中。
・開催時期:未定(決定予定日:8月31日)
・開催候補日:2020年9~10月の平日以外(午前中)
・開催場所:株式会社ママミール(福岡市南区横手2丁目9-13)
※コロナウイルスの感染拡大状況などに照らし、上記を変更する場合がございます。その場合には当社よりメールにてご連絡いたします。

④支援金領収書
・支援金領収書の発行日付は2020年6月下旬頃となります。(株式会社ママミールよりメールにてお送りする予定です。)
・ご支援確定後の返金やキャンセルは、ご対応致しかねますので、何卒ご了承ください。
・支援金領収書の名義・発送先は、原則としてご支援時に入力されたお宛名とアドレスになります。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

500,000

alt

ギフト

①ありがとうメール
②活動報告(報告レポートをメールにて7月中に送付)
③株式会社ママミール工場見学
※「プロの手洗い教えます!」「畑中社長のお話」などコンテンツを企画中。
・開催時期:未定(決定予定日:8月31日)
・開催候補日:2020年9~10月の平日以外(午前中)
・開催場所:株式会社ママミール(福岡市南区横手2丁目9-13)
※コロナウイルスの感染拡大状況などに照らし、上記を変更する場合がございます。その場合には当社よりメールにてご連絡いたします。

④支援金領収書
・支援金領収書の発行日付は2020年6月下旬頃となります。(株式会社ママミールよりメールにてお送りする予定です。)
・ご支援確定後の返金やキャンセルは、ご対応致しかねますので、何卒ご了承ください。
・支援金領収書の名義・発送先は、原則としてご支援時に入力されたお宛名とアドレスになります。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

プロフィール

株式会社ママミール 代表取締役 畑中章宏

あなたにおすすめのプロジェクト

愛犬との絆!無添加、健康を守るドックフードをお届けします!

濱口武幸濱口武幸

#動物

0%
現在
8,360円
支援者
2人
残り
33日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする

プロジェクトの相談をする