こどもたちが教えてくれる。

目標金額に到達いたしました!!

皆様、ご支援、ご協力、ご声援を、ほんとうにありがとうございます!

 

ミュージカル本番まであと2週間。

キャストもスタッフも、佳境に入り、

今まで以上にテンションアップして、体力と時間の限界に挑戦するかのように、

24時間、ミュージカルに向けて邁進しています。

 

 

ご支援の方も、まだまだ受け付けております。

目標金額の100万円は、実は

全体総予算の4分の1。

全体総予算は400万円です。

 

削れるところは削り、たくさんのママ達の協力、愛の支えによって、

お金をかけない方法をいろいろとご協力いただいたとしても、

やはり、舞台制作、南相馬と杉並の移動費、子ども達のレッスン費と、

400万円がかかります。

まだまだ、READY FOR受付終了9月14日まで、ご支援の方を受け付けておりますので、

どうぞどうぞ、本プロジェクトへのご支援、拡散のほど、

よろしくお願いいたします。

 

 

さて、このミュージカル。。。。

最初は「南相馬と杉並の子ども達がホントノトモダチになるために、、、」というテーマで進めてきました。

けれど、この2ヶ月。。。

なんだか、実は、私たち「大人」は

このキャスト達、子どもたちから、

逆にたくさんのことを学ばせてもらってる気がします。

 

 

ダンスの経験がある訳でも、どこかの合唱部でもない、

ごく普通の子ども達が「みんなのうた」という共通の歌を歌う、

というだけで集まったチームです。

なので、彼らは、その先に大きな舞台で、歌って踊って、更には

お芝居をするなんて、最初から考えていなかったのです。

ミュージカルって何?

という意識だった子ども達40名。

 

その子達が、毎週毎週「みんなのうた」「トモダチ盆唄」を踊る練習を重ね、

声の出し方、ステージでの立ち方、感情の解放の仕方、、、、などなど

ステージに立つ「基本」を教えられ、

夏の暑いさなかに、クーラーの効かない体育館で踊りまくり、

真夏の炎天下の商店街で踊り、

事務所で一緒に事務作業を手伝い、

そして、今日は、自分たち以外の学校に赴いて、2曲のダンスを教えに行きました。

 

この2ヶ月間で、子ども達の顔が、変わってきました。

全員の表情が。

全員の顔が。

全員の声の大きさが。

 

このミュージカルには、「先生」と呼ばれる人が4名います。

夢麻呂さん

容堂先生

なっぽ

かおり先生

 

けれど、どの先生も、学校の先生ではありません。

まともな教育方針など、知りません。

塾の先生でも、寺子屋の先生でもありません。

 

けれど、、、、その道のスペシャリストです。

人生をまっすぐ、明るく、楽しく、自分らしく生きて来た4人が、

子ども達の先生になり、3ヶ月間、しっかりと向き合ってきました。

 

「こたえは、きみの中にある」

これが、4人の先生の共通したポリシーでしょう。

 

こたえあわせは、しません。

そのこらしく、その子が思う事を、表現し得る事が、答えだと。

そう信じている4人の先生に囲まれ、育まれ、包まれ、

40人の、子ども達は、南相馬も杉並も同じように、

変わっていきました。

 

そして、4人の先生達も、この40人の子ども達に、変えられてきました。

 

昨日の自分をこえてゆく。

そんなことを、自然にやってくる子ども達に、

負けられないと、大人たちも頑張り始めます。

 

たくさんのエピソードがありました。

 

知らず知らずのうちに、涙を流しながら、

それを拭いもせずに、台詞を言う彼女がいました。

 

いままで、自分の気持ちをはっきり言えなかった子が、

「ママ、わたし、あの役やりたい」と言ってきたと、

ママが喜んでメールをくれました。

 

もっともっと、怖い役になりたい、と

自分の動きの研究を始めた男の子がいました

 

「わたし、実は演出の中で、思ってることがあるの」と、

演出家の夢さんに自分から話しに来た子がいました

 

ポケモンのダンサーに選ばれて、飛び上がって喜んで踊りだした子がいました

 

毎日毎日、鏡の前で踊ってる子がいます

 

 

それぞれが、それぞれの「昨日」を越えて「明日」に向かっています。

 

 

やっぱり「みんなのうた」に全てが隠されているんだなあ、と

今日、あらためて思いました。

 

 

子ども達がおしえてくれる、

明日への光の描き方。

それは、今日という日を越えていく事だと。。。。

 

 

「みんなのうた」

コトバにできないこと たくさんあるよね

だけど きみは昨日を 越えてここにいるんだ

 

 

あの日見てた夕日と おんなじ色だね

きっと きみは明日を 生きるためにいるんだ

 

 

さあみんな 夢のなかへ

おいでおいでおいで

ぼくたちの楽園

みんなのうた

 

http://37nouta.com/

みんなのうたHP

 

 

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています